ゴールデンステアリングホイール賞2020 小型車部門 勝者は?

65

「オペル コルサ」と「VW up!」のEVモデルが決勝に進出した。

日本への導入が期待されるオペル コルサが納得の勝利

1位はオペル コルサ-eだ!
そのパワーで、オペルの小型車は小型車部門の他の候補にチャンスを与えない。
そしてオペルのエバーグリーンモデルは、堂々と表彰台の最上段にまで上り詰めた。
品質や快適性だけでなく、何よりも走りの面で審査員を納得させた。
審査員は、活気があり、驚くほど静かで、パワー発揮の面で明らかにナンバーワンであると評価した。
2位のガソリンエンジンとより古典的な長所を備えた新しいヒュンダイi20は、大きなトランク、素晴らしいシート、モダンなデザイン、そして非常に充実した保証で高く評価された。
徹底的に手を加えられたが、すでに10年近く経っている「VW up!」がいまだに、これほどまでに健在であるという事実は、栄誉に値するものであり、同時にそれは現代的な電気駆動のおかげでもある。

第1位: オペル コルサ-e
オペルに金メダル: パワフル、静か、優れた乗り心地 – 3,218ポイントでオペルコルサ-eが圧倒的な勝利をおさめた。日本に上陸するのが楽しみなオペルだ。

第2位: ヒュンダイ i20 1.0 T-GDI
銀メダル: ヒュンダイ i20 1.0 T-GDI(3,077ポイント)はコスト面ではナンバー1だ。

第3位: VW e-Up
銅メダル: バッテリーとともに新たな強み。

オペル コルサはチェック項目のほとんどで高得点を獲得。ヒュンダイ i20の健闘ぶりも見逃せない。

Photo: C. Börries