写真でチェック! 2021年にデビューするすべてのモデル 43台 一挙紹介! 前編 

81

アルピナからメルセデス 三菱まで

2021年に登場が予想されるニューモデル。そこには多くの電気自動車やハイブリッド車を含め、2021年にはこんな新車が登場する。VWポロのフェイスリフト、メルセデスEQBやEQS、トヨタGR 86、シトロエンC5 X、その他。我々は2021年に登場するすべての新型車を紹介する。

2021年は何よりも電気自動車の年だ

メルセデスは「EQA」、「EQB」、「EQE」、「EQS」の4つの新型車を発表し、BMWは「iX」という新しいSUVを発表した。
また、BMW初の電気自動車セダン「i4」も発表される。
また、スポーツモデルも登場する予定で、発表されればBMW Mモデル初の電気駆動車となる。
アウディは、「ポルシェ タイカン」に代わる長距離モデルとして、グラントゥーリズモ「e-tron GT」を発売する。
新しいアウディのSUV、「Q4 e-tron」は、より多くの人が興味を持つであろうし、VWも同じカテゴリーのSUVクーペ、「ID.5」を準備している。

お馴染みのモデルも再ローンチされる

また、ハイブリッドセグメントは、特にSUV世界で成長を遂げている。
この分野のパイオニアであるトヨタは、この駆動方式を採用した2つの新型車、「ヤリス クロス」と「カローラ クロス」をすでに発売している。
日産は、「キャシュカイ」の駆動コンセプトを見直している。
内燃機関はバッテリーを充電するためだけに使われる。

以下に、2021年にデビューするニューモデルをアルファベット順に、随時更新されるフォトギャラリーとともに紹介する。

Photo: ALPINA Burkard Bovensiepen GmbH + Co. KG

アルピナB8グランクーペから始めよう。4.4リッターV8ツインターボのおかげで、612馬力アルピナは、BMW M8コンペティションより速い。そして快適なハンドリングも提供することだろう。日本でもすでに発売中。
価格: 161,200ユーロ(約2,160万円)。

Photo: Aston Martin

アストンマーティン ヴァルキリー: アストンのハイパーカーは6.5リッターV12から、1013馬力と740Nmのトルクをゲットすることになっている。しかし、この超限定モデルはすでに完売している。1台当たり4億円弱と言うベース価格にもかかわらず・・・。この秋公開予定の「007 No time to die」にも出演予定。

Photo: アウディ AG

アウディe-tron GT: RSとして、「e-tron GT」はオーバーブースト646馬力を発揮する一方、ベースモデルは530馬力と488kmの航続距離を有する。EVでも限りなく高性能を追求するアウディのRSモデルである。
価格: 99,800ユーロ(約1,340万円)より

Photo: アウディ AG

アウディ Q4 e-tron: 電動SUVはスポーツバッククーペのヴァリアントとしても提供される。82kWhバッテリーは最大520kmの航続距離を備え持つ。価格によってはなかなか人気を博すのではないだろうか。
価格: 41,900ユーロ(約560万円)より

Photo: アウディ AG

アウディ Q5スポーツバック: クーペバージョンのQ5はスロープ状のルーフとオリジナルグリルで、ビジュアル的に際立っている。もちろんハイブリッドモデルも登場予定。
価格: 49,300ユーロ(約660万円)より

Photo: Bentley Motors

ベントレー コンチネンタルGTスピード: 今までで最もスポーティなベントレーは659馬力と多彩なサスペンション調整を備え、ドリフトすらできる! その名も昔なつかしい「スピード」という響き通りの高性能車。
価格: 約230,000ユーロ(約3,100万円)

Photo: BMW Group

BMW M4コンペティション カブリオ: クーペバージョンと異なり、コンバーチブルバージョンは全輪駆動方式の510馬力コンペティションバージョンのみとなる。いよいよ今度のM4はツーリング(ワゴン)もカブリオレも勢ぞろい。
価格: 約100,000ユーロ(約1,340万円)より

Photo: BMW Group

BMW iX: BMWの電動フラッグシップには新しいコントロールシステムが備わっている。トップバージョンは航続距離600kmをカバーする。X7よりも高性能とおもわれるほどのパワーを持つ。
価格: 77,300ユーロ(約1,040万円)より

Photo: BMW Group

BMW i4: BMWからの次期純電動モデルはミッドサイズのセダンだ。そして、i4 Mは最初の電動Mモデルとなる。ごく普通の、つまり普及を狙ったBMWのEVモデル。

Photo: BMW Group

BMW M5 CS: BMW M5 CSはブランドにおけるもっともパワフルなプロダクションモデルとなる。635馬力4.4リッターV8エンジンはM5コンペティションよりもちょうど10馬力多い。CSとはクラブスポーツ。コンペティションをも上回る超高性能。
価格: 180,400ユーロ(約2,420万円)より

Photo: CITROËN

シトロエンC5 X: 大型のクロスオーバーはブランドの新しいフラッグシップだ。C5 Xは新型アクティブサスペンションを備えた最初のシトロエンモデルとなる。なかなか挑戦的なエクステリアを持つC5。残念ながらディーゼルエンジンは設定なし。
価格: 約40,000ユーロ(約540万円)より

Photo: DS Automobiles

DS 4: DS4のニューエディションはやや大きくなり、エッジの効いたデザインと地となインテリアを備え持つ。プラグインハイブリッドモデルも提供される。地味なモデルから一転、攻めのボディデザインと内装を備え持つ。

Photo: Honda Motor Company

ホンダ シビック: 第11世代のシビックは先代よりも落ち着いたデザインを身にまとっている。インテリアには最新式のデジタルコックピットが備わっている。残念ながら日本では発売されるかは微妙なところだ。

Photo: Honda Motor Europe Ltd.

ホンダHR-V: 大幅な変更が施されたホンダ製SUV。クーペルックのルーフライン、ロングボンネット、ナローなヘッドライトとテールライトの新型HR-Vは、ハイブリッドとしてのみ用意される。日本ではすでに発売されバックオーダーの嵐。

Photo: S. Baldauf/SB Media

メルセデスAMG GT 73 e: 電動式GTの4ドアはシステム合計出力800馬力を発揮する。AMGの作るハイブリッドモデル。もはや大排気量は過去のもの。
価格: 約200,000ユーロ(約2,680万円)より

Photo: Daimler AG

メルセデスCクラス: 新しいデザインと最新式MBUXインフォテインメントシステムと電動サポート付き4気筒を兼ね備えた新型Cクラス。日本でも年内に発売予定。
価格: 約40,000ユーロ(約540万円)より

Photo: Daimler AG

メルセデスCLSフェイスリフト: CLSとそのAMGのヴァリアント、CLS 53(写真)は若干のビジュアル的変更とともに、モデル後期に突入する。あまりデザイン的には変更ポイントはないが、エンジンバリエーションは変わる予定。
価格: 約60,000ユーロ(約800万円)より

Photo: Daimler AG

メルセデスEQA: GLAの電動バージョンは、ベーシックバージョンでも、66.5kWhのバッテリーで、426kmの航続距離をカバーする。アウディ、BMWと三つ巴となるクラスの一台
価格: 47,540ユーロ(約640万円)より

Photo: Daimler AG

メルセデスEQB: EQBはほぼGLBの電動バージョンと言える。もっともパワフルなバージョンは272馬力以上を発揮するとされている。
価格: 約50,000ユーロ(約670万円)より

Photo: Daimler AG

メルセデスEQS: 新型のラグジュアリーサルーンは基本的にSクラスの純電動バージョンだ。333馬力と524馬力の2バージョンとなる。Sクラスのセグメントでも圧倒的なEVとなるべく、現在最終調整中。
価格: 100,000ユーロ(約1,340万円)弱

Photo: Daimler AG

メルセデス-マイバッハS-Class: ノイズ吸収タイヤ、ノイズキャンセリング機能付きタイヤ、ふくらはぎのマッサージなど、新型メルセデス・マイバッハSクラスには、備わっていないものはほとんどない。普通のSクラスにはない、12気筒エンジンを採用予定。

Photo: Mitsubishi Motors

三菱アウトランダー: 新世代アウトランダーは、100%新しいフロントエンドとインテリアを備え持つ。なかなか挑戦的なルックスのSUVである。欧州市場に戻って来るかどうかはまだ明らかではない。

Text: Katharina Berndt, Moritz Doka
加筆: 大林晃平

後編に続く