ティザー画像公開 VWはポロGTIのフェイスリフトモデルをティザースケッチとともに公表 第1報

59
Sharper, dynamic, power-packed: First flash of the new Polo GTI.

VWポロGTIがフェイスリフトする

VWはマイナーチェンジされたポロGTIを最初のティザー画像とともに、発表した。GTIはポロのトップモデルであることに変わりはないが、ビジュアル的に先代とは異なるものになる。第1報をお届け。

現行「VWポロ」のフェイスリフトモデルの初公開の直後に、フォルクスワーゲンは、トップモデルである「GTI」のマイナーチェンジ版も近い将来におけるデビューも予告した。
VWはこの「ポロGTI」を2021年6月末に公開する予定だ。
以下に、これまでにわかっている情報をまとめてみた。

フォルクスワーゲンは、「ポロGTI」のフェイスリフトまでの待ち時間を短縮するために、ティザーイラスト画像を公開した。
兄貴分の「ゴルフ」同様、「ポロ」も将来的には、デイタイムランニングライトの一部をエプロンに搭載するようだ。
エアインテークは大きくなり、GTIモデルによく見られるハニカム形状をしている。
ラジエターグリル内の新しいデイタイムランニングライトストリップの下には、「ポロ」は赤いGTIのロゴ(文字)が備わっていて、これはモデルアップデートの新しいヘッドライトにも引き継がれている。

典型的なGTI: 赤いトリムストリップとハニカムグリルが新しいポロのトップモデルを飾っている。

インテリアには、我々は、通常通り、GTIモデルお馴染みのチェックパターンとステアリングホイール上のGTIクラスプ(GTIオリジナルの留め金)を予想している。
また専用のスポーツシートも用意されている。
「GTI」のボンネットの中には207馬力の2.0リッターTSIエンジンが残っている。
残念ながら、マニュアルトランスミッションはなく、トップモデルの「ポロ」にはおそらく7速デュアルクラッチトランスミッションが標準装備されるだろう。
価格は従来までのモデルとおそらくあまり変わらないはずだ。
ということは先代「ポロGTI」同様、フェイスリフト版は27,000ユーロ(約360万円)台からのスタートとなりそうだ。

Text: Andreas Huber
Photo: Volkswagen AG