フェラーリ最新のスペシャルモデルの名は812 Competizioneと812 Competizione Aだった!

132

812 Superfastをベースとする新V12スペシャルシリーズ

このスペシャルモデルの812 Competizioneと812 Competizione Aはフェラーリ最後のV12搭載モデルになる可能性があり、電動化されたLa Ferrariと対極にあるモンスターだ。
そしてこの2台は“フェラーリの至高の伝統を愛する極めて限られたコレクターやエンスージアストに捧げられるモデル”と位置付けられている。

ベースモデルの812 Superfastと大きく異なるのがフロントとリアのスタイリングだ。ボンネットを横切るカーボン製“ブレード”と、プロダクションモデル初となるクローズドリアスクリーンだ。1枚の総アルミパネルにはボルテックス・ジェネレーターが取り付けられ、視覚効果だけでなく空力効果も高めている。
リアエンドのスポイラーのあたりはレーシングレジェンド330 P3/P4を想起させる。
最高のV12になるであろう6.5リッターNAエンジンにはさらに手が加えられ、パワーはもちろん、排出ガス基準に適合させながらエグゾーストサウンドと吸気ダクトのチューニングによる吸気システムが“フェラーリサウンド”を再現する。
最高回転数9500rpmを誇るスーパーカーでも現代のクルマらしくアイドリングストップが備わる。
7速デュアルクラッチ・ギアボックスの変速スピードはさらに5%速くなりパフォーマンスを押し上げる。
総カーボン製ホイールに組まれるタイヤは専用のミシュラン・カップ 2Rとなる。
812 Competizione Aはオープントップ且つボルテックス・ジェネレーターを持たないが、812 Competizione同等のダウンフォースを得ている。

正式名称と共に披露されたスペシャルモデル812 Competizioneは999台、価格が約6545万円。 812 Competizione Aは549台、価格が約7580万円、果たして日本には何台入ってくるのだろうか。
そして更なるバリエーションは生まれるのか。楽しみは尽きない。

【812 Competizione 主要諸元】

内燃エンジン
タイプ V12 – 65°
総排気量 6496 cc
ボア・ストローク 94 mm x 78 mm
最高出力** 610 kW 830 cv / 9,250 rpm
最大トルク** 692 Nm / 7,000 rpm
最高許容回転数 9,500 rpm
圧縮比 13.5:1

サイズ&重量
全長 4,696 mm
全幅 1,971 mm
全高 1,276 mm
ホイールベース 2,720 mm
フロント・トレッド 1,672 mm
リア・トレッド 1,645 mm
乾燥重量*** 1,487 kg
乾燥パワーウェイトレシオ 1.79 kg
重量配分 F49%/R51%
燃料タンク容量 92 L

タイヤ
フロント 275/35 ZR20 10J 20インチ
リア 315/35 ZR20 11.5J 20インチ

ブレーキ
フロント 398 mm x 223 x 38 mm
リア 360 mm x 233 x 32 mm
340 km/h

トランスミッション&ギアボックス
7速 F1DCT

パフォーマンス
最高速度 340km/h
0-100 km/h 2.85秒
0-200 km/h 7.5秒
フィオラーノ・ラップタイム 1分20秒

** エンジン出力は、国際単位系(SI)に従ってkwを用い、統一性からCVを並記。オクタン価98のガソリンを使用、動的ラム効果5cv
***オプション装着車

Text:AUTO BILD JAPAN
Photo:Ferrari Japan