2万5千ユーロ(約300万円)以下で買えるクラシックドリームカー×47台

126

中古車ランキング(ドイツ市場)

一番安いクラシックカーは6,000ユーロ(約75万円)から!

もちろん、25,000ユーロ(約300万円)のコンディションの良いクラシックもたくさんある。セレクションは膨大で、アウディ60のAから始まり、ボルボ340のVで終わる。しかし、もしあなたが今、普通ではない珍しい車をという気分だったらどうだろうか? ホットでスペシャルなモデル、またはヘビーでラグジュアリーなセダン? 特別なスタイルのアイコンカー、ワイルドな四輪駆動車、それとも珍しいマッスルカー? 我々は 25,000ユーロ未満の価格の車を探しに行って見つけた中から47台をピックアップした。1台1台が非常にスペシャルなものだ。

各車両の写真の下には、現在の値、魅力(キャラクター)を短くまとめたもの、購入する前に従うべき最も重要なワンポイントアドバイスが添えられている。メンテナンス費用は含まれていない。購入後の維持費や修理代はケースバイケースだからだ。

夢のオールドカーを探していて、最大25,000ユーロまで投資できるようであれば、選択肢は広く、可能性は豊かで、ラグジュアリーなセダンからフレンチスタイルのアイコンカーまでバラエティに富んでいる。

これから以下に紹介するのが、47台のドリームカー(?)だ。お見逃しなく。
注:価格は1ユーロ=125円で換算。

トヨタ ランドクルーザーJ4

24,900ユーロ(約311万円)
魅力: ライフタイムフレンド(生涯の友)。ランクルJ4はタフで、正直で、どんな場所へ行くのにもあなたのお伴となる。
生産年: 1970~1985
購入時のワンポイントアドバイス: J4愛好家から一言。スペアパーツが揃っていて、日本製なので痛みも苦しみも少ない。

ポルシェ968

24,500ユーロ(約306万円)
魅力: 素晴らしいプロポーションに思い立った時に威力を発揮するエンジンが備わっている。
生産年: 1991~1995
購入時のワンポイントアドバイス: 今すぐ行動にうつるようお勧めする。エクセレントな投資の好例だ。

ポルシェ914 1.8

24,200ユーロ(約302万円)
魅力: 非常にバランスが取れたクルマ。過小評価されているハンドリングの王者。
生産年: 1973~1976
購入時のワンポイントアドバイス: 6気筒である必要はない。4気筒であっても素晴らしいドライビングの喜びは得られる。

ジャガーXJ-S 5.3

24,200ユーロ(約302万円)
魅力: 12気筒を備えたXJ-Sは、高級クーペとコンバーチブルの中でも究極のモデルだ。
生産年: 1988~1991
購入時のワンポイントアドバイス: 高額で購入したクルマほど手放すときには安価になっていることは多々ある。メンテナンスのやり残し、または板金の除去には、法外な費用がかかるのでご注意。

ボルボP1800S

24,100ユーロ(約301万円)
魅力: そうこれはボルボだ。そう本には書いてある。頑丈で、信頼性が高く、比較的安価で楽しませてくれる。そしてなによりとってもエレガントだ。
生産年: 1969
購入時のワンポイントアドバイス: 燃料噴射システムが不安定な傾向にある。必要に応じて、キャブレターへの交換をお勧めする。

シトロエンDS21

23,600ユーロ(約295万円)
魅力: 今日でさえ、ファンや競争相手はこの「女神」の前にひざまずかずにはいられない。試乗した人々のサスペンションの快適性に対する認識は彼女の乗り心地によって永遠に変えられた。
生産年:1967&1968
購入時のワンポイントアドバイス: 60年代後半のIDとDSは 初心者でも扱いやすい。

ベントレーT1

23,000ユーロ(約287万円)
魅力: T1は双子の兄弟であるロールス・ロイスのシルバーシャドウとは、エンブレムによってのみ一線を画している。
生産年: 1970~1977
購入時のワンポイントアドバイス: キャンセルしないように! これほどのアイコンカーを楽しむチャンスにはそうそう巡り会えないだろう。

ポンティアック・ファイアバード・トランザム

22,900ユーロ(約286万円)
魅力: 高性能なスポーツカーのように見えるが、コーナリングで米国車特有の難しさを抱えている。
生産年: 1977&1978
購入時のワンポイントアドバイス: 非常にコンディションのいいトランザムをゲットするのはほぼ不可能だ。かわりにファイアバード・フォーミュラを選択するのも悪くはない。

ビュイック・リビエラ

22,400ユーロ(約280万円)
魅力: 自動車の歴史の中で最も美しいフォルムを持つ車の1台。
生産年: 1971~1973
購入時のワンポイントアドバイス: ボンネットの下にはいつも喉がかわいてガソリンを欲しがっている7.5リッターエンジンがおさまっている。

フォード・カプリ2.8ターボ

22,300ユーロ(約278万円)
魅力: ファンにとっては希少なモデルだ。それに加えて、ワイルドなルックスと実用性を兼ね備えたホットなパフォーマンスカーだ。
生産年: 1981~1982
購入時のワンポイントアドバイス: シンプルな2.8iヴァージョンでもパフォーマンスは優れていて、エキゾチックなターボよりもかなり安い。

ポルシェ944 S2

22,100ユーロ(約276万円)
魅力: このクルマはドライビングすることが何よりの喜びだ。スポーティーで、速く、ハンドリングも軽い。
生産年:1988~1991年
購入時のワンポイントアドバイス: 選んだ車両はオリジナルな上にグッドコンディションであるべきだ。それ以外であればすべてが高くつく。

シボレー・コルベット

21,800ユーロ(約272万円)
魅力: 本物の男だけのものではない、頑丈なスポーツカー。
生産年: 1982
購入時のワンポイントアドバイス: スモールブロック・ヴァージョンは燃費の面でより安定しており、軽量で安価だ。

ランチア・テーマ8.32

21,800ユーロ(約272万円)
魅力: この一見、控えめなセダンの魅力はボンネットの下に眠っているフェラーリのV8エンジンだ。テーマ8.32は状況に応じて豹変する。
生産年: 1989~1991
購入時のワンポイントアドバイス: 購入する前にプロのメカニックにチェックしてもらうことは必須だ! 当然、複雑なメカニズムのメンテナンス費用は莫大だからだ。

シトロエンHY(アッシュトラック)

21.700ユーロ(約271万円)
魅力: 緊急時用住宅の印象にだまされないように。シトロエンアッシュトラックは非常に実用性の高いクルマだ。
生産年:1958~1981年
購入時のワンポイントアドバイス: 個体が適切なものであれば、購入価格より価値のあるものとなる。

フォード・エスコートRSコスワース

21,500ユーロ(約268万円)
魅力: 真のレーサー。チャレンジングな走りをすると、四輪駆動車にもかかわらず後輪駆動車のように挙動する。
生産年: 1992~1995
購入時のワンポイントアドバイス: このクルマは、エスコートのドレスを身にまとったショートバージョンのシエラであるが、知識のあるドライバーによって保有されるのがベストだ。

ロータス・エリーゼS2

20,900ユーロ(約261万円)
魅力: 芸術的レベルのハンドリング。
生産年: 2000~2003
購入時のワンポイントアドバイス: トラック走行日のあるレーストラックを見つけておこう。一般道だけの走行ではもったいなさすぎる。

ロータス・エラン+2

20,300ユーロ(約253万円)
魅力: エラン+2にはロータスのテストドライバー、エンジニアやメカニックでさえ知らない、さまざまな魅力が秘められている。
生産年: 1967~1969
購入時のワンポイントアドバイス: 活力さえ維持できれば、ドライブする喜びを常に与えてくれる。

BMW 635 CSi

19,800ユーロ(約247万円)
魅力: 精巧な6気筒と軽いハンドリングに魅了され、浸ってしまう。
生産年: 1978~1981
購入時のワンポイントアドバイス: チューニングや派手な装飾などゆめゆめ考えないように。結果として生じるコストに脅かされるのが落ちだ。

オペルGT1900

19,600ユーロ(約245万円)
魅力: 素敵で速いが、けっして意地悪ではない。そのスタイリングはオペルGTに備わった永遠の若さだ。
生産年: 1968~1973
購入時のワンポイントアドバイス: ちゃんとしたレストアの施されたオペルGTであれば価値はある。

アルファ・ロメオ・スパイダー1600

18,000ユーロ(約225万円)
魅力: よく走り、エンジンサウンドもナイスで、ルックスもグレート。そしてなにより手に届く価格だ。
生産年: 1974~1982
購入時のワンポイントアドバイス: アルファ・スパイダーは間違いない。寒い格好で運転しない限り!

メルセデス・ベンツ250 CE

17,700ユーロ(約221万円)
魅力: 車はカラーラ大理石のブロックのように見えるが、敏捷性は非常に高い。
生産年: 1968~1973
購入時のワンポイントアドバイス: 優美な初期モデルは、60年代の完璧なタイムカプセルだ。

シボレー・カマロ Z28

17,600ユーロ(約220万円)
魅力: V8サウンドを奏でるアメリカンシネマのカルトカーがリーズナブルな値段で手に入る。
生産年: 1979
購入時のワンポイントアドバイス: ドイツからスウェーデンやスイスに渡って手の加えられたものも多いのでご用心あれ。

VW T3ウエストファリア

17,300ユーロ(約216万円)
魅力: T3 ウエストファリアは完全にレトロでありながら、今でもクールで、フルに使用可能なキャンピングカーだ。
生産年: 1979~1982
購入時のワンポイントアドバイス: T3ウエストファリアは2人で旅するにはもっともリラックスできるクルマだ。

メルセデス・ベンツ450SE

17,000ユーロ(約212万円)
魅力: あなたがヘビーで古いけど魅力的な車の運転経験を愛しているなら、SクラスのW116は完璧なチョイスだ。
生産年: 1972~1980
購入時のワンポイントアドバイス: 必ずより良い状態のオリジナルを選ぶこと。そうでない限り高くつく。

メルセデス・ベンツ560SEL

17,000ユーロ(約212万円)
魅力: W126のSクラスはシュトゥットガルト・スタイルのアイコンだ。
生産年: 1986~1989 購入時のワンポイントアドバイス: 絶対に予算を追加して、メンテナンス上の問題の最大要因を治すようにすること!

ボルボ262ベルトーネ

16,600ユーロ(約207万円)
魅力: このクルマにはクールな巡洋艦の資質が備わっている。
生産年: 1977~1981
購入時のワンポイントアドバイス: 初期型よりもボディ品質が優れている後期モデルがお薦めだ。

サーブ900カブリオレ

16,500ユーロ(約206万円)
魅力: 目を惹く。サーブが1987年に900のルーフをカットしたとき、ブランドは一夜にして再び粋なものになった。
生産年: 1986~1994
購入時のワンポイントアドバイス: ギアボックスとエンジンがマッチングしていないのでATモデルを買わないように!

リンカーン・コンチネンタル・クーペMK IV

14,800ユーロ(約185万円)
魅力: これこそが自動車界におけるアメリカ式バロック建築を象徴するモデルだ。
生産年: 1975&1976
購入時のワンポイントアドバイス: 乗って落ち着いてからスタートしよう。このコンチネンタルは巨大なうえに、欧州車風の乗り味はまったくといっていいほど備えてはいない。

アルファ・ロメオ・ジュリア1300

14,300ユーロ(約178万円)
魅力: 70年代の魅力をたっぷりと備えたスポーティセダンのランドマーク的存在。
生産年: 1974~1977
購入時のワンポイントアドバイス: むやみに大排気量エンジンモデルを追い求めないように。1300ccであっても存分に楽しめる。

ランチア・デルタHF

14,100ユーロ(約176万円)
魅力: デルタは女神だ。しかし、その特性に合わせてチューニングすれば、パン屋へ行くにもラリーカーに変身する。たとえインテグラーレでないただのHFでも。
生産年: 1986~1988
購入時のワンポイントアドバイス: 偽物のスペシャルモデルにご注意あれ!

メルセデス・ベンツ280CE

13,700ユーロ(約171万円)
魅力: 123シリーズのクーペは頑丈で控えめだが、とてもエレガントだ。なんてカッコいいのだろう!
生産年: 1978~1985
購入時のワンポイントアドバイス: もっともエモーショナルな選択は、185馬力の280 CEであろう。そのパフォーマンスは現時点でもでもまだトップレベルにある。

ボルボ780ベルトーネ

13,600ユーロ(約170万円)
魅力: ボルボ700シリーズは、クーペを含むすべてのモデルが、乗客に快適さと十分なスペースを提供する。
生産年: 1986~1990
購入時のワンポイントアドバイス: 購入する前に錆の確認が必要となる。完成度やクオリティはセダンかステーションワゴンかによって異なる。

サーブ92

15,600ユーロ(約195万円)
魅力: 素晴らしくしなやかなサスペンション!エリック・カールソンは、1955年にサーブ92Bで800kmのスウェーデンラリーを制した。
生産年: 1953~1955
購入時のワンポイントアドバイス: ヴィンテージカーミーティングの人気者だ。

メルセデス・ベンツ600SEL

13,500ユーロ(約168万円)
魅力: W 140はゆるぎない堅牢性を備えているが、必要に応じてさまざまに活躍する。
生産年: 1991~1993
購入時のワンポイントアドバイス: 特別なクラスのカーライフを楽しむには、メンテナンス費用が恐ろしくかかる。購入する前に考慮する必要がある!

VWシロッコGTI

13,300ユーロ(約166万円)
魅力: エキサイティングであると同時にとても強固、シロッコは他のどのモデルにも似ていない。
生産年: 1976~1977
購入時のワンポイントアドバイス: 誰もがGTIを欲しがるが、それらは無用にいじくりまわされていたり、天文学的に高価であったりするのでご用心。

VWゴルフGTIピレリ

12,600ユーロ(約157万円)
魅力:わずか800と数十キロのライトウェイトボディに、素晴らしくフレキシブルなエンジンとの組み合わせ。頑固一徹なゴルフの批評家たちの口の端に笑顔を呼び起こす。
生産年: 1982&1983
購入時のワンポイントアドバイス: ご辛抱あれ! もし程度のよい初代GTIを所有しているのであれば、無理に好きにならずともよい。

キャデラック・エルドラド

12,500ユーロ(約156万円)
魅力: 80年代の伝説的TV番組「ダラス」や「特攻野郎Aチーム」への旅は、このクルマのキーを回せば始まる。
生産年: 1978~1985
購入時のワンポイントアドバイス: エルドラドのV8は、自動車史上初の気筒休止エンジンが搭載されていた。すぐに廃れてしまったが、1981年型エルドラドには、シリンダーが非アクティブ化されたV8が搭載された。けっしてスイッチに手を触れないように! トラブルが多いことで悪名高いエンジンだ。

ミニ・クーパー1.3i

11,800ユーロ(約147万円)
魅力: 典型的なミニのドライビングセンセーションは63馬力に達するとアラームが鳴る。
生産年: 1996~2000
購入時のワンポイントアドバイス: ミニの最大の敵は錆だ!

キャデラック・フリートウッド・ブロアム

11,200ユーロ(約140万円)
魅力: 近代化する前のキャデラック。かつてアメ車を魅力づけたスーパーソフトなドライビング特性とクラブのようなインテリア。
生産年: 1981~1986
購入時のワンポイントアドバイス: くれぐれもヨーロッパレベルの加工品質を期待しないように!

トヨタ・スープラ3.0ターボ

11,100ユーロ(約138万円)
魅力: スピード狂にとってのドリームカー。数少ないエンジンにのみ、このレベルのチューニングが可能だ。
生産年: 1990~1993
購入時のワンポイントアドバイス: スープラはいじくりまわすためにあるようなクルマだ。疑わしい場合は、購入する前にエキスパートに相談することをお勧めする。

ゴッゴモビルTS250

10,700ユーロ(約133万円)
魅力: 珍種その1。タイムカプセル、ゴッゴモビルに乗れば、渋滞とか運転手のストレス要因のないルートで幸せになれる。
生産年: 1957~1963
購入時のワンポイントアドバイス: 基本的な技術知識を要するクルマだ。折に触れてそれらが必要になるからだ。

BMW 750 IL

10,600ユーロ(約132万円)
魅力: BMW特有のドライビングプレジャーを感じさせるスタートダッシュ能力を備えた上品で豪華なモデルだ。
生産年: 1994~2001
購入時のワンポイントアドバイス: 手入れの行き届いた中古車も楽しいが、細かなメンテナンスも楽しい。

ヴァルトブルグ311キャンピング

8,700ユーロ(約108万円)
魅力: 珍種その2。ドイツ民主共和国(東ドイツ)の生んだもっとも美しいクルマの1台だ。社会主義体制下で生まれたユニークなキャンピングカーでもある。
生産年: 1957~1961
購入時のワンポイントアドバイス: 実物を実際に見て内外のコンディションをチェックしてから購入することをお勧めする。例えば、ボディパーツは事実上存在しない。

アウディ・クーペ

8,000ユーロ(約100万円)
魅力: 初代クワトロのようなホットでワイルドなラリーマシンではなく、そのベースとなったモデルだ。そして5気筒エンジンを搭載している。
生産年: 1984~1986
購入時のワンポイントアドバイス: Ur-クワトロは価格が高騰しているが、クーペは手に届く値段で売られている。

ヴォルガM21

7,800ユーロ(約97万円)
魅力: 珍種その3。このロシア製エグゼクティブカーは、エレガントでありながら、同時にタフでもある。オフロードの坂道でさえも駆け上る。
生産年: 1962~1971
購入時のワンポイントアドバイス: 逃してはならない! ヴォルガは制御可能なテクノロジーを有したクルマだ。

マツダMX-5 1.9

6,700ユーロ(約83万円)
魅力: 初代MX-5は日本製ベスト・ブリティッシュ・ロードスターだ。
生産年: 1994~1998
購入時のワンポイントアドバイス: もし価格と整備歴が良ければ買いだ! 初代MX-5はレジェンドであり、将来的には稀代のクラシックカーとなろう。

ジャガーXJ40

6,000ユーロ(約75万円)
魅力: XJ 40は、伝統と現代性のクロスオーバーモデルであり、ビジュアル的にも優れている。
生産年: 1987~1989
購入時のワンポイントアドバイス: 4.0リッターエンジンは排ガス規制Euro 2に適合する。

Text: Auto Build Klassik
Photos: Werk