ボルボ・カーズが全ラインナップでIIHSトップセーフティピックプラスを達成した唯一の自動車メーカーに

30

電気自動車(BEV)のボルボXC40リチャージが、米国道路安全保険協会(IIHS)の「トップセーフティピックプラス(TSP+)」を獲得しました。この車がTSP+に加わったことで、ボルボ・カーズは全製品でTSP+を達成した唯一のブランドとなりました。

ボルボXC40リチャージは、電気自動車である小型SUVとしてはTSP+初の受賞となり、2013年にTSP+の表彰が始まって以来、自動車メーカーとして単年度で最も多くのTSP+賞を獲得したという先月の記録にさらに1台追加されたことになりました。
IIHSは、最高レベルの安全性を提供する車両にTSP+を授与しています。ボルボ・カーズは、本年2月に9つ、3月に5つ、そして4月に1つのTSP+賞を加えると、2021年には合計15のTSP+を獲得したことになります。
ボルボ・カーズは、前方衝突警告や緊急自動ブレーキなどの安全システムを標準装備し、歩行者やサイクリストに対する先進的な衝突防止機能と組み合わせることで、他社との差別化を図っています。
ボルボ・カーUSAの社長兼CEOであるアンダース・グスタフソンは、「ボディスタイル、エンジン、グレードにかかわらず、すべてのボルボは衝突時における革新的な保護機能を備えています。このことがIIHSに認められ、現在生産しているすべての車両にTSP+を授与されたことを誇りに思っています。全てのラインナップでこの栄誉を獲得した企業は他にありません。」と述べています。

Text&Photo:ボルボ・カー・ジャパン