TOYOTA GAZOO Racing 「ハイパーカー」新世代 GR010 HYBRID で開幕戦に挑む

63

TOYOTA GAZOO Racingはこのスパ6時間レースに、ルマン3連勝を飾ったTS050 HYBRIDに代わり新型ハイパーカー GR010 HYBRIDで臨む。

来る5月1日(土)にベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットで行われるスパ6時間レースは、2021年シーズンのFIA世界耐久選手権(WEC)の開幕戦であると共に、ル・マン24時間レースへとつながる耐久レースがハイパーカーで争われる、新たな時代の幕開けとなる。

1980年代から90年代にかけて活躍した、伝説的なグループCカーの直系の後継者とも言えるLMP1カーの時代が終わり、耐久レースのトップカテゴリーはル・マン・ハイパーカーの新時代を迎える。

WECの世界チャンピオンを勝ち取り、ル・マン24時間レースを3度制覇したTOYOTA GAZOO Racingは、2021年最初のマニュファクチャラーとして、スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスと共にハイパーカーのグリッドに並ぶ。そして今後はアウディ、フェラーリ、プジョー、ポルシェといったライバルもこの戦いに加わる予定である。

チームは世界チャンピオンの防衛と、ル・マン24時間レース4連覇を目指し、昨年と同じドライバーラインナップでシーズンに臨む。昨年ワールドチャンピオンに輝いた、チーム4年目のシーズンとなる小林可夢偉、マイク・コンウェイとホセ・マリア・ロペスの3名がGR010 HYBRID 7号車を、そして昨年のル・マン24時間勝者である中嶋一貴、セバスチャン・ブエミとブレンドン・ハートレーの3名がGR010 HYBRID 8号車をドライブする。

昨年10月の初走行以来、チームは3つのサーキットで合計数千kmに及ぶテスト走行をこなしているが、来る開幕戦スパ6時間に向けた総仕上げとして、4月26日(月)と27日(火)の2日間、このベルギーの伝統的なサーキット、スパ・フランコルシャンで行われるプロローグテストに臨む。

このプロローグテストにおいて、GR010 HYBRIDは初めてライバル車両と同時にサーキットを走ることになる。旧来のLMP1カーとして参戦する直接のライバルであるアルピーヌと初めて相まみえることで新型車「ハイパーカー」を評価する重要な機会となる。

GR010 HYBRIDは、120km/hを超えると前輪に装着された最大272馬力のモータージェネレーターユニットと3.5リッターV6ツインターボエンジンを合わせて680馬力を発揮する4輪駆動として走行できる。燃料消費の制限はなく、昨年までの、合計1000馬力を発揮していたTS050 HYBRIDはGR010 HYBRIDよりも162kg軽量だが、周回ごとの燃料使用量が厳しく制限されていたため、最高速度に影響があった。

この様に、圧倒的な強さを誇ったTS050 HYBRIDとは大きく異なるGR010 HYBRIDを操るドライバーには、これまでとは異なるドライブが要求され、エンジニアにとっても新しいハイパーカーにおいては、特にLMP2カーやGTカーを追い越す際などに、最大限のパフォーマンスを引き出すための調整が必要になるなど新たな課題への対応を必要とされている。

4月26日(月)と27日(火)のトータル12時間にわたるプロローグテストに続き、29日(木)に1回予定されている練習走行でレースイベントが始まる。30日(金)には2度の練習走行と予選が行われ、今季より、予選は1台の車両につき1人が1周のみアタックする新たなフォーマットで実施され、決勝レースのスターティンググリッドが決定されることになる。

TOYOTA GAZOO Racingは、このスパで2013年に初めてWECのレースを戦って以来、通算5勝をあげており、開幕戦優勝への期待が高まっている。