F1 2021第2戦 レッドブルホンダとフェルスタッペン イモラでシーズン初勝利!

96

フォーミュラ1@イモラサーキット。ハミルトンのミスでフェルスタッペンが優勝。

イモラで開催されたエミリア ロマーニャ州のグランプリで、マックス フェルスタッペンが優勝した。雨、アクシデント、オーバーテイク操作、そしてルイス ハミルトンの大きなミスがレースを決定づけた。

それは、2021年のF1世界選手権における巨人同士の一騎打ちの第2ラウンドだった。
マックス フェルスタッペンは、イタリアのイモラサーキットで開催されたエミリア ロマーニャGPで、11回目のF1レースを制した。
一方で、ルイス ハミルトンは、勝利こそ逃したものの、ファステストラップによる追加ポイントを獲得したため、ランキング首位は維持している。

フェルスタッペンは、スタート前に降った雨で濡れた路面を見て、「特に最初は大変だった。スタート前に雨が降っていたため、路面が濡れていて、とても滑りやすかったのですが、うまく対処できました」とレース後にコメントしている。

一方、レース後、ハミルトンは次のように自己批判した。「僕はマックスのファンタスティックなジョブを祝福します。久しぶりにミスをしてしまった。僕は人間だからね。しかし、それでもあのように完走できたことにとても感謝しています」。

ベストスタートを決めたのはマックス フェルスタッペンだった。

レースはスタートで決まる。マックス フェルスタッペンは、濡れた路面でセルジオ ペレスと、トップのルイス ハミルトンを捕らえ、完璧に逃げ切った。
ハミルトンは最初のシケインまで反撃を試み、フェルスタッペンの隣でアクセルを踏み続けた。
しかし、オランダ人のF1レーサー(フェルスタッペン)はそれに屈せず、世界チャンピオンをコースアウトさせた。
その際、ハミルトンはフロントウィングをわずかに破損してしまった。

グラベルに突っ込んだハミルトン

ニコラス ラティフィとニキータ マゼピンの衝突により、必要となったセーフティカー導入後の再スタートも重要な意味を持った。
ハミルトンが果敢にアタックするが、フェルスタッペンが巧みにかわしていく。
強い。
再スタート後の1周目、フェルスタッペンはハミルトンよりも3秒以上も速かった。

28周目、フェルスタッペンはトップドライバーとして初めてピットインし、スリックタイヤに装着し直す。
ハミルトンが近くにまで追いついた段階でのことだ。
その1周後にはメルセデスのスター選手がピットサービスを受けるが、フェルスタッペンを追い越すことはできなかった。
怒りが収まらない中、7度の優勝を誇るハミルトンは、その後、珍しいミスを犯す。
ジョージ ラッセルをオーバーテイクする際に、濡れた場所で滑ってグラベルに滑り込んでしまったのだ。
ハミルトンはなんとかリバースでフリーになったが、9位にまで後退してしまった。
バルテリ ボッタスとジョージ ラッセルのアクシデントでレースが中断したことで、メルセデスのスターは幸運に恵まれた。
追いつくためのレースでは、最近ではマクラーレンのランド ノリスも巻き込んだ強力なオーバーテイク作戦の末、2位で終了。
ハミルトン:「それでも2位になれるとは思ってもみませんでした。ミスに腹を立て、気を取り直そうとしたらオーバーテイクされてしまった」。

セーフティカーの後ろでシューマッハがクラッシュ。

試練の続くミック シューマッハ

世界最高レース初参加のシューマッハJr.にとって、F1レースは、学習の年の続きだ。
最初のセーフティカー導入時に、タイヤのウォームアップ中にピットウォールに衝突し、新しいフロントウィングが必要になった。
「経験豊富なドライバーにもそういうことはあります。そうあるべきではありません」。スカイのエキスパートであり、叔父でもあるラルフ シューマッハは、そう述べて、甥にアドバイスを送る。
結局、チームメイトのニキータ マゼピンを上回る16位でフィニッシュした(バーレーンGP同様)。

エミリア ロマーニャGP結果
優勝: マックス フェルスタッペン(レッドブル ホンダ)
2位: ルイス ハミルトン(メルセデス)
3位: ランド ノリス(マクラーレン メルセデス)
4位: シャルル ルクレール(フェラーリ)
5位: カルロス サインツ(フェラーリ)
6.位: ダニエル リカルド(マクラーレン メルセデス)
7位: ランス ストロール(アストンマーティン メルセデス)
8位: ピエール ガスリー(アルファタウリ ホンダ)
9位: キミ ライコネン(アルファロメオ フェラーリ)
10位: エステバン オコン(アルピーヌ ルノー)
11位: フェルナンド アロンソ(アルピーヌ ルノー)
12位: セルジオ ペレス(レッドブル ホンダ)
13位: 角田雄貴(アルファタウリ ホンダ)
14位: アントニオ ジョビナッツィ(アルファロメオ フェラーリ)
15位: ミック シューマッハ(ハース フェラーリ)
16位 ニキータ マゼピン(ハース フェラーリ)
リタイア:
セバスチャン ベッテル(アストンマーティン メルセデス) ギアボックス
バルテリ ボッタス(メルセデス) クラッシュ
ジョージ ラッセル(ウィリアムズ メルセデス) クラッシュ
ニコラス ラティフィ(ウィリアムズ メルセデス) クラッシュ

ドライバーズチャンピオンシップ
1位: ルイス ハミルトン 44ポイント
2位: マックス フェルスタッペン 43ポイント
3位: ランド ノリス 27ポイント
4位: シャルル ルクレール 20ポイント
5位: バルテリ ボッタス 16ポイント
6位: カルロス サインツ 14ポイント
7位: ダニエル リカルド 14ポイント
8位: セルジオ ペレス 10ポイント
9位: ランス ストロール 7ポイント
10位: ピエール ガスリー 4ポイント
11位: キミ ライコネン 2ポイント
12位: 角田雄貴 2ポイント
13位: エステバン オコン 1ポイント

コンストラクターズチャンピオンシップ
1位: メルセデス 60ポイント
2位: レッドブル ホンダ 53ポイント
3位: マクラーレン メルセデス41ポイント
4位: フェラーリ 34ポイント
5位: アストンマーティン メルセデス7ポイント
6位: アルファタウリ ホンダ 6ポイント
7位: アルファロメオ フェラーリ 2ポイント
8位: アルピーヌ ルノー 1ポイント

Text: Michael Zeitler
Photo: autobild.de