LEXUS、新型「ES」を世界初公開

41

-1989年ブランド創設以来の基幹モデルのたゆまぬ進化-

・ブランドの原点である静粛性、乗り心地の向上を実現
・LEXUS独自の乗り味であるドライバーの意図に忠実でリニアな応答を追求
・ESの特徴であるエレガントなデザインをさらにモダンに進化
・最新の「Lexus Safety System +」など、優れた先進予防安全技術を採用

新型ESは、LEXUSの原点である優れた静粛性と乗り心地の更なる向上を実現し、上質な快適性を磨き上げました。また、あらゆる走行シーンで減速、操舵、加速がシームレスに繋がる気持ち良さなど、ドライバーの意図に忠実でリニアな応答を追求しました。LEXUS独自の手法により、リヤサスペンションメンバーブレースの剛性を高め、高速のレーンチェンジといったシーンにおける操縦安定性を向上しました。加えてF SPORTに新型のアクチュエータを用いた最新鋭のAVS*1を採用することにより、減衰力の低減や可変幅を拡大することで上質な乗り心地と操舵応答性の向上を両立しました。さらに、進化したLexus Safety System +などの先進安全技術を積極的に採用し、より安全に運転を楽しんでいただくことを目指しました。また、ヘッドランプやフロントグリルの意匠変更や、新開発のインテリアカラーの採用などにより、より洗練されたデザインとしました。