【新車情報】新型 全電動コンパクトSUV Q4 e-tron / Q4 Sportback e-tron

82

Audi Q4 e-tron / Q4 Sportback e-tronの全情報

オール電動化されたコンパクトSUV、アウディQ4 e-tronには、Q7と同等のスペースが備わっている。Q4 e-tronは、フォルクスワーゲングループのMEBプラットフォームをベースにした、アウディ初のモデルだ。新型電動コンパクトSUVの全情報。

「アウディQ4 e-tron」がワールドプレミアされた。
インゴルシュタットに本拠を置くアウディは、このコンパクトSUVで、電気自動車のラインナップを拡大するだけでなく、フォルクスワーゲングループの新しいMEBプラットフォームを初めて採用した。
このモジュール式「e-drive」システムは、アウディの持つ電気自動車の新しい基本的な枠組みを形成している。
我々は、このアウディを詳細にチェックしてみた。

ビジュアル的には、アウディはグループの兄弟モデルたちよりもはるかにまとまっているように見える。

最初に目につくのは、「Q4 e-tron」のアウターシェルだ。
このアウディのエクステリア(外観)は、確かに目を見張るものがある。
ここには、「VW ID.4」や同じグループの他のモデルとの直接的な関係を示すものは何もない。
インゴルシュタット製エレクトリックモデルの典型だ。
「Q4」にも採用されているクローズドラジエターグリルとフロントハウスに、車両のセンサー技術が初めて搭載されているため、2次元的なデザインとなっている。

Q4 e-tron / Q4 Sportback e-tron

アウディQ4 e-tronの発売を記念した2つの特別モデル
デイタイムランニングライトは、あらかじめ設定された4つのグラフィックにより、オプションで自由にカスタマイズすることができるようになっている。
ホイールアーチはアウディスタイルのフレア形状となっており、特にリアアクスルが際立っている。
リアには、お馴染みの連続したストリップ状のライトが装着されている。
クーペバージョンのスポーツバックでは、Bピラーから傾斜したルーフと、スポイラーで区切られた2つの部分からなるリアウィンドウが特徴となっている。
2021年6月の市場投入時には、2つの特別モデルが用意されており、標準的な装備の拡大と、銅色のリムなどの特別なアドオンパーツによって、電気自動車ではない「Q4」との差別化が図られている。

「アウディQ4 e-tron」のインテリアは、いつも通りのテクニカルなデザインだ。
インテリアでも、アウディはボディのテクニカルデザインを継承していて、表面はシャープに描かれ、コックピットは高品質な仕上げとなっている。
ベースモデルではすでに、新しいフラットなスポーツステアリングホイールがリクエストに応じて用意されているが、これは我々の最初のテストで、絶対的な説得力を持っていることを証明した。
センターコンソールは文字通り浮いているかのようで、「e-tron GT」のギアブロックも含めて、目を惹く存在だ。
デジタルインストルメントクラスターは、「Q4 e-tron」の全モデルに標準装備されていて、ベースモデルでは10.1インチ、オプションで11.6インチのディスプレイが用意されている。
これは、アウディの中で最大のタッチスクリーンだ。
インゴルシュタットのメーカーは、「Q4 e-tron」で未来と現在を融合させている。
アウディでは、多くの操作がステアリングホイールのようなタッチサーフェスで行われているが、クライメートコントロールのような機能には、従来のボタンが残されている。
これらのボタン類はインテリアの上質な印象にうまくマッチしている。

センタースクリーンをドライバー側に向けることで、操作性を高めている。

アウディQ4 e-tronの多くの収納スペースとボトルコンパートメント
素材だけでなく、アウディは実は乗用車では珍しい話題にも今回力を入れている。
それは収納の多様性だ。
「Q4 e-tron」のインテリアには、24.8リットルもの収納スペースが用意されている。
センターコンソールやグローブボックスの余裕あるスペースに加えて、日常生活で特に役立つのはドアのボトルホルダーで、1リットルのボトルでもここに収まるようになっていて、飲みかけのボトルは、ドアハンドルの上のドアに挟み込むだけなので、簡単に手が届くようになっている。
アイデアはシンプルだが、実装はかなり工夫されている。

フロントドアには、1リットルまでの飲料用ボトルを手の届く位置に収納できるようになっている。

アウディQ7に匹敵するリアの広さ
「Q4 e-tron」は、2.76メートルのホイールベースを持つことで、リアに非常に大きなスペースを確保していて、そこには、「アウディQ7」と同等のスペースが確保されている。
頭部にも十分な余裕があり、膝も前席に比べて十分なスペースがある。
スポーツバックでは、頭のスペースが若干縮小するものの、思ったほどではない。
ここでも、コンパクトクラスのクルマとしては優れた座り心地を実現している。

スポーツバックでも、後部座席には余裕がある。身長1.80mの編集者が座っても、ヘッドスペースは十分にある。

唯一の難点: バッテリーを床に設置するため、従来の動力車に比べてシート下のスペースが狭くなることだ。
そのため、膝の角度が鋭くなり、長時間のドライブ時には不快な思いをすることになる。
アウディはこのために後席ベンチを高くしているが、このトリックでは事実を完全には隠せない。
しかしこの点に関してはアウディが悪いというわけではないだろう。
MEBのバッテリーパックの凹みがなくなったことが原因だからだ。
それ以外のインテリアについては、アウディは特に不満を感じない。

結論:
「アウディQ4 e-tron」は、VWグループの技術の確実に異なる解釈が可能であることを明確に示している。

Text: Andreas Huber
Photo: Audi AG