最強のSUVクーペ登場 パフォームマスター 2.4トンのメルセデスAMG GLE 63 Sクーペ 最高時速300km!

119

チューナー、パフォームマスター(Performmaster)による、メルセデスAMG GLE 63 S クーペに更なるチューニング。最高速度は300km/h。AMG GLEクーペは、それ自体、決してアンダーパワーではない。しかし、パフォームマスターは、2.4トンの車に、さらに100馬力を与え、立派なパフォーマンスを絞り出す。新着短信。

メルセデスAMGでは、そのエンジンを「M177」と呼ぶ。
アファルターバッハに本拠地を置くメルセデスAMGが、大型の63モデルに全面的に採用している4リッターV8エンジンのことだ。
「GLE 63 Sクーペ」にも搭載されているこのツインターボエンジンは、最高出力612馬力を発揮する。
さらに、内蔵されたスタータージェネレーターにより、22馬力が追加されている。
したがって、戦闘力のあるSUVクーペは、2.4トンの車重でも、十分なパフォーマンスを発揮する。
しかし、チューナーのパフォームマスターは、さらに上を目指すことが可能であることを示している。

0~100km/hを0.2秒短縮
パフォームマスターは、追加のコントロールユニットを介して、712馬力を引き出す。
同時に、トルクは850Nmではなく、965Nmにアップした。
標準の「GLE 63 S」では、0-100km/h加速タイムは3.8秒だ。
パフォームマスターのチューニングにより、全輪駆動車のスプリントタイムは3.6秒に短縮された。
Vmaxブーストにより、最高速度はスムーズに300km/hに達するが、これはオプションのワークスによるチューニングで可能な速度を20km/h上回っている。
視覚的には、すべてが同じだが、「GLE 63」自体も、見た目は決して目立たないモデルではない。
パフォーマンスアップグレードには、包括的な保証が付いている。
チューニングにかかる費用については、パフォームマスターに問い合わせる必要がある。
ちなみに、新しい「メルセデスAMG GLE 63 S」の価格は、142,585ユーロ(約1,882万円)だ。

712馬力と965Nmのトルクは、2,420kgの車重でもかなりのプッシュ力となる。

AMGでも普通のメルセデスベンツの高性能版なのに、それをさらに増し増しして、より高性能にすることがどういうことなのかはわからないが、世の中というのはそういうものだし、常にそういう需要はあるものなのだろう。
こういうSUVをどこで使うの、とか、どういう風に使うのか、と考えるのは野暮な話で、とにかく価格はいくらになろうとも、頂点をとってやろう、という野望を持つような自動車は必ずいつの時代も登場する。それにしても712馬力と965Nmという数字は少なくとも数年前までは絵空事の世界であり、軽飛行機などよりもはるかにパワフルだ。それでも空は飛べないのだから、自動車というのは不思議な乗り物である。

Text: Moritz Doka
加筆: 大林晃平
Photo: performmaster