アド・ペルソナム、自分だけのランボルギーニをつくる。

21

#Focu5on:Lamborghini Ad Personamの驚くべき5つの事実

さまざまなカラーや素材、焼き印加工ではない手刺繍のシートロゴ、キャビン内のイニシャル刺繍、さらにはカラーサンプルに基づいた色のリクエストへの対応など、選択肢の組み合わせは無限にあり、常に高いクオリティーを提供しながら、あらゆるご希望を形にする他にはないカスタマイズプログラムです。カスタマイズの全ステージをスペシャリストのチームがご案内するアド・ペルソナム・プログラムには、あまり知られていない事実があります。今回は多くの方にとって初情報となる5つの事実をご紹介します。

1.348色:自動車業界トップの個性豊かなカラーの開発

ランボルギーニのアド・ペルソナム・プログラムは自動車市場最大規模のシェードカラーとカラーパレットを誇ります。アド・ペルソナムの色の総数は、348色。同じ色はつとしてありません。アド・ペルソナムの人気が最も高いのは米国で、20%のお客様がカスタムカラーを希望しており、その後にアジア太平洋、EMEA(ヨーロッパ・中東・アフリカ)地域が続きます。

2.カラー最後のフロンティア:ダイヤモンドダスト塗装

ボディカラーに関する最新の技術革新は、ダイヤモンドダストのように微小な結晶を含む新しい透明塗装。芸術的なクラフツマンシップとテクノロジーを組み合わせた独自の加工技術により、光の反射によって色の表情が変化するボディワークを実現し、ランボルギーニを真の宝石にします。

3.最高にラグジュアリーなインテリア:芸術的な刺繍

これを可能にするのは、インテリア部門の高い技術力です。アド・ペルソナム部門と共に、焼き印加工ではなく手刺繍のシートロゴからキャビン内のイニシャル刺繍まで、装飾と刺繍に関するリクエストに応えます。ランボルギーニの刺繍職人たちが極める熟練の技術により、桃の花や枝から、オーナーや大切なペットの肖像、ストリートアートスタイルの猛牛とスプラッシュ効果(スカイラー・グレイが手掛けたのような)、お気に入りの都市の摩天楼の情景の刺繍まで実現します。

4.米国、アジア太平洋、で最も人気のあるアド・ペルソナム・カラー

カラーチョイスは、ランボルギーニのオーナーの国籍や、社会的、文化的な要素にも関連します。アジア太平洋で最も人気の高いアド・ペルソナム・カラーは(レッド)です。では(グリーン)、米国では(ブルー)が人気です。

5.色彩心理学の研究から生まれたつのカラー・ファミリー

アド・ペルソナム・プログラムにおける最新の先端的な取り組みは、カラー・ファミリーの設定です。ニューロマーケティングと色彩心理学の専門家による研究を活用した科学的アプローチを通して、アド・ペルソナムのチームがランボルギーニ・チェントロ・スティーレと共にプロジェクトを手掛けました。

この共同プロジェクトでは、ランボルギーニのオーナーの特性を踏まえてつのグループに分類しました。各グループはファミリーとして、それぞれに文化的背景、嗜好、性格や姿勢と結び付けて分類されていてます。

SPORTIVA
SPORTIVAファミリーは、大胆な個性と若々しい精神を持ち、時代を超えた伝統の推進者でありたいと願う人たちに適しています。このファミリーには(イエロー)、(オレンジ)、(グリーン)、(パープル)など、最新のモデルのローンチカラーが含まれています。

CONTEMPORANEA
CONTEMPORANEAファミリーはインフォーマル、ミニマリストかつラグジュアリーという、モダンなトレンドを反映しています。このファミリーでは、(レッド)、(ブルー)、(ホワイト)を含む色選ばれ、エレガントで洗練されたスタイルとスポーツテクノロジーの魅力が融合されています。

ECLETTICA
ECLETTICAファミリーは新鮮さ、イノベーション、華やかさを表しています。カラーパレットは(ブルー)、(ゴールド)から(パープル)まで、その多才さを表す大胆な色で構成されています。

CLASSICA
CLASSICAファミリーは、スーパースポーツカーの世界に革命をもたらしたイタリアンエクセレンスの源流への経緯を表しています。このファミリーには、(グリーン)、(アマラント)、(オレンジ)、(ブルー)など、過去の名車の代表的なカラーが揃っています。

TECNICA
TECNICAファミリーは、ハイパフォーマンスを追求し、最先端のテクノロジーとこれまでにない素材やカラーを求める方に向けたもので、(ブルー)、(ブラック)、(イエロー)が含まれます。

Text&Photo:ランボルギーニ ジャパン