フォルクスワーゲン、「Golf Touran」 を仕様変更し、利便性を強化

43

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、コンパクトミニバン「Golf Touran(ゴルフ トゥーラン)」においてパワートレイン、インフォテイメント、安全性の強化、仕様変更を行い販売する。

今回の仕様変更は、パワートレイン・インフォテイメント・安全性の全てにおいて更なる強化を図られた。

Golf Touran TSI R-Line

パワートレインは従来の 1.4TSI エンジンに代わり、新たに 1.5TSI エンジンを採用。またディーゼルエンジンには従来の 6 速 DSG に代わり、新たに 7 速 DSG を採用し、今まで以上にスムーズなシフトチェンジによるドライビングを実現する。

Golf Touran TSI 1.5ℓ TSI® Evoエンジン(イメージ)

インフォテイメントにおいては、常時オンライン接続となる最新世代のインフォテイメントシステム“Ready 2 Discover”および“Discover Pro”を採用し、最新のオンラインサービス“We Connect”の提供が可能となった。さらに Golf Touran では初めてデジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”を Comfortline 以上のグレードに標準設定とし、視認性を高めている。

エントリーグレードの TSI Trendline にレーンチェンジアシストシステム“Side Assist Plus”、TSI Trendlineと TSI Comfortline にリヤビューカメラを標準設定とし、全方位の先進安全装備を全てのグレードで標準設定とし、安全性をより強化している。

Golf Touran レーンチェンジアシストシステム “Side Assist Plus” イメージ

Photo:フォルクスワーゲン グループ ジャパン

問い合わせ先:フォルクスワーゲン カスタマーセンター tel. 0120-993-199