AUTOMOBILE COUNCIL 2021 CLASSIC MEETS MODERN

119

オートモービル カウンシル 2021が今年も開催
4月9日(金)~4月11日(日)幕張メッセ

「AUTOMOBILE COUNCIL 2021」世界の魅力的なヘリテージカー、ヒストリックカーが一堂に会する。

【特別展示「マツダ、ルマン優勝への軌跡】

ルマン24時間耐久レースのウイニングカー マツダ 787B 実車は意外とコンパクトだ。

【主催者テーマ展示「時代を進めたラリーカーの戦闘美」】

ランチア・ラリー037
フィアット・アバルト 131ラリー
ランチア・ストラトス HF Gr.4
ランチア・フルヴィア・クーペ 1.6HF
左からダットサン・ブルーバード 1600SSS、ダットサン・240Z、ダットサン・バイオレット GT、ニッサン 240RS、スバル・インプレッサ

【スポンサー展示】

ヤナセクラシックカーセンター
まさにレストアというより「再生」の方が相応しい。長年の実績があるからこそ、ただ直すのではなく、より良く再生することを可能にしている。素晴らしいクルマを見ることができた。しかも、購入できるのがすごいことだ。筆者はその魅力に惹かれ、しばし自宅のガレージに入れたところを妄想するのであった。
旧車ファンには堪らないADVAN HF タイプDなどヒストリックカー向けのタイヤを横浜ゴムは継続供給してくれる。

【サプライヤー】

ミシュランタイヤは1930年代のクラシックカー用からヤングタイマー用、懐かしのMXW、MXV、TRX(筆者もユーザーでした)など幅広いクラシックタイヤを展開している。

【ヘリテージカー販売店】

イタリア車と言えば、ガレーヂ伊太利屋。ヘリテージカーが集結。
LANCIA FULVIA ZAGATO DAYTONA、LANCIA FULVIA ZAGATO 1.35、Alfa Romeo SZ、FIAT ABARTH 750GT、Alfa Romeo 1600 Junior ZAGATO 他
最も勢いのあるイタリア車、フランス車販売店 コレツィオーネ。
FIAT Abarth 750GT spider ZAGATO
WANNA DRIVEからシボレー カマロ Z28 トリビュート。運転したくなる素晴らしいクルマだ。
Mclaren Automotiveから4台のスーパースポーツカー。
プジョー、シトロエンのことなら原公房。筆者が最も長居して、穴が開くほど眺めていたプジョー 406 クーペ。イタリアで作られたフランス車。

【プレミアムライフスタイル】

世界最古の時計ブランド BLANCPAIN。「フィフティファゾムス」は世界初のモダンダイバーズウォッチだ。

【特別後援】

カーグラフィック/CG CLUBのブースでは既刊全ての表紙を見ることができる。

ジャガーEタイプ50周年ということで古いジャガーが並び、一方でジャガーFタイプ、フルモデルチェンジされたランドローバー ディフェンダーを同時に見ることができる。
年々盛り上がるオートモービルカウンシルは日本のレトロモビルと言える魅力あふれるイベントだ。明日までやっているので是非足を運んでみることをお勧めする。

TEXT:Auto Bild Japan
Photo:Auto Bild Japan