プレビュー写真 トヨタから初の電動SUV トヨタXプロローグ登場 3月17日正式発表のE-SUVの最新情報

119

トヨタがVWのID.4の対抗馬となると思われる純電動SUV、トヨタXプロローグを初プレビュー。トヨタはこれから数年、いくつかの新しい純電動モデルを用意している。その第一弾はRAV4のフォーマットの純電動SUVで、トヨタは今回「Xプロローグ」として公開した。

「e-TNGA」という少々粗雑な略語は、スバルと共同開発した、VWグループの「MEB」に似た新しい電動プラットフォームで、今後さまざまな電動モデルのベースとなるものだ。
そして今、トヨタは、RAV4サイズのミッドサイズSUVで最初の一歩を踏み出そうとしている。
トヨタは、現在、「Xプロローグ」と呼ばれる車の写真をTwitter上で公開している。
これは電気自動車と思われるSUVだが、名前は変更される可能性が高い。
トヨタの新電動SUVは2021年3月17日に公式に発表される予定だ。

画像は、車両のフロント部分をクローズアップしたものだ、特徴的なC型のヘッドライトが確認でき、フロントにはおそらく連続したLEDストリップが採用されるだろう。
興味深いのは「ボンネット」だ。
まず、それは2層のデザインで、トヨタのロゴが前面にほぼ垂直に目立つように配置されている。そしてボンネットのラインはどこにも見当たらない。
これはつまりCd値を向上させるために、トヨタがフロントを完全に閉じたデザインにすることが推測される。
そのデザインは以前に発表されたエンジニアリングスケッチと一致する。
それによれば、このE-SUVは、少なくとも所有者にとってはフードを開ける必要はないことを意味する。
しかし、ひょっとするとトヨタはティザー画像の隙間を単にタッチアップしただけかもしれない。

RAV4よりも短いオーバーハングと長いホイールベースにより、E-SUVのスペースを確保している。

トヨタの新型E-SUVの技術についてはまだあまり知られていないが、ボディサイズが似ていることから、ホイールベースが長くなり、RAV4よりも大幅に広いスペースが確保されるはずだ。
おそらくVW ID.4とほぼ同等のもののはずだ。
スケッチから判断すると、このSUVにはトランクはないが、ファッショナブルでフラットなリアウィンドウが付いている。
新しい「e-TNGA」プラットフォーム自体は拡張性があり、前輪、後輪、四輪駆動に加えて、幅広いバッテリー容量とエンジン出力を可能にする。
そしてそれは、さまざまなニーズや車両セグメントに対応できることを意味していて、ミッドサイズのSUVに続いて、徐々に他のモデルの登場が予定されている。
「carscoops.com」によれば、これらにはSUVだけでなく、セダンやミニバンも含まれるとのことだ。
トヨタによれば、すべてのモデルがドライビングプレジャーに妥協することはないという。

我々からの問い合わせに対し、トヨタは価格や生産予定台数などの詳細をまったく明らかにしていない。
しかしこのE-SUVは現在、生産に向けて準備中であるという。
発表は2021年3月17日(水)にオンラインで行われ、市場への投入はおそらく2022年初頭になると予想される。

いよいよトヨタから何かが出る、というか何かが始まる。
そんな一台がこの「Xプロローグ」である。
どんな車で、どれくらいの性能で、いくらなのか、まだ一切不明、ではあるがこれだけの見せ方をしたということは、相当の内容なのではないか、と期待してしまう。
そしてこのクルマからトヨタの新しい攻勢が開始されると考えてもよい。
その場合ハードウェアの面では、おそらく他のメーカーに劣るところなど何もなく、相当なものなのではないか、という期待さえ抱いてしまうのが今のトヨタの実力なのである。いったいどんなものなのか、詳細を待ちたいし、いよいよなにかのスタートなのだろう。
その名の通り、これは、プロローグなのである。

Text: Moritz Doka
加筆: 大林晃平
Photo: Toyota