【ニューモデル情報】アウディの新型スーパーEV アウディe-tron GTとRS e-tron GTのすべて

181

2021年春 アウディからついに電動スーパースポーツカーが登場する e-tron GTの詳報

アウディ新型e-tron GTはポルシェのタイカンに異なるボディをかぶせただけのモデルではない。アウディe-tron GTGTの価格、RSモデル、航続距離、出力、インテリア、そしてテクニカルデータの全情報をお届けする。

➤ 価格と市場ローンチ時期
➤ サイズとデザイン
➤ インテリア
➤ パワー、航続距離、ドライビングレポート
➤ スポーツサウンド
➤ RS e-tron GT
➤ テクニカルデータ

価格: e-tron GTはちょうど10万ユーロの下で開始する
アウディがついに「e-tron GT」を発表した。
SUVの「e-tron」、「e-tronスポーツバック」に続く、「GT」は、アウディの現在のポートフォリオの中で、3番目となるオール電動モデルであり、最も重要なモデルでもある。
「ポールスター1」同様、「e-tron GT」は一種の「ハローカー」であり、大衆向けのe-モビリティへの欲求を刺激するためにデザインされたショーケースモデルと言える。
映画「アベンジャーズ」での商品展開は、すでに先行して実現している。
前回レポートした通り、同じ「J1」プラットフォームを共有しているにもかかわらず、「アウディe-tron GT」と「ポルシェ タイカン」は根本的に異なる。
ポルシェがどちらかといえばスポーツカーであるのに対し、アウディは日常的な長距離走行モデルを志向している。
そうかといって、「アウディe-tron GT」がパワー的に劣っているわけではない。
ベーシックなバージョンでも、「e-アウディ」は、最大390キロワット(530馬力)と630Nmのトルクを生成し、より強力なRSのバージョンでは、475キロワット(646馬力)と830Nmを発揮する。
未来のアウディの車は2021年5月からディーラーショールームに並び始める。
ベーシックバージョンには少なくとも99,800ユーロ(約1,280万円)が必要とされ、「RS」バージョンの「e-tron GT」は138,200ユーロ(約1,780万円)からとなっている。

● 価格: 99,800ユーロ(約1,280万円)より / RSモデル=138,200ユーロ(約1,780万円)
● 市場投入: 2021年5月
● 航続距離: 488km
● 出力: 530馬力 / 646馬力(RS)
● サイズ: 全長4990mm×全幅1960mm×全高1410mm

プロポーション: アウディA7よりもフラット

似たようなサイズでありながら、e-tron GTはA7よりもフラットに仕立て上げられている。その結果、よりダイナミックなプロポーションとなっている。

先に登場したコンセプトとほとんど同じボディを備え持っている。
ワイドなホイールアーチ、短いオーバーハング、そして巨大でフラットなボディが、4ドアスポーツカーのプロポーションを生み出している。
サイズ的には、「e-tron GT」はA7よりも17mmもフラットになっている。
ビーズやシャープなエッジの代わりに、「e-tron GT」は、アウディの電動モデルの将来のデザイン言語を定義するであろう、ソフトなラインに支配されている。
だが、ハニカムエンボス加工が施されたシングルフレームの要素とライトシグネチャーは、「e-tron GT」がアウディであることを明確に示している。
長いフロントフードの下には、81リットルの容量を持つ収納コンパートメント「フランク」が備わっている。
リアには、SUV「e-tron」でお馴染みの目を惹くライトストリップが採用され、ビッグサイズのディフューザーを従えている。
ボディ構造上の理由から従来の部品を使用しなければならなかったため、「アウディA7」と同じトップヒンジ式のリアトランクリッドに気づく人もいるかもしれないが、このリッドを使用することで、450リットルという容量を持つトランクを装着することができてもいる。
さらに、ユーティリティ志向の人には、近い将来デビューすると予想されている、「e-tron GTシューティングブレーク」がある!

インテリア: 後部座席乗客のための十分なレッグスペース

コクピットは構造的で論理的に見える。操作が実際にどの程度機能しているかどうかはテストを通じてのみ判断できる。

コックピットは意外とクラシックだ。
インテリアは完全にレザーフリーで、表面はリサイクル素材を使用しているが、パッセンジャー用のスクリーンは見当たらないし、「e-tron SUV」、「A6」などにあった2つ目のインフォテイメントスクリーンは、GTではボタンに置き換えられていて、シートの冷暖房やエアコン、走行モードなどの重要な機能を素早く簡単にコントロールすることができるようになっている。
しかし、「e-tron GT」にも、標準装備のデジタルコックピットプラスや音声アシスタントなどのテクノロジー機能がないわけではない。
おなじみの「MIB3」インフォテイメントシステムの最新型は、「e-tron」に合わせて特別にプログラムされた機能で強化されていて、例えば、走行距離に応じて、急速充電機能を備えた充電ステーションへのナビ案内を行い、移動時間を短縮してくれるようになっている。
旅行といえば、大人でも後部座席で十分な移動が可能なスペースを備えていて、185cm以上の高さの人にはヘッドスペースがやや窮屈となるが、着座位置は快適な空間を形成している。

ドライブ: e-tron GTは488kmの航続距離を実現
「e-tron GT」は、フロントアクスルとリアアクスルにそれぞれ1基ずつ電動モーターを搭載している。
これらのパワーユニットを組み合わせることで、350kW(476馬力)の連続出力と630Nmのトルクを発揮する。
オーバーブースト時には、390kW(530馬力)のフル出力を持つ「e-Audi」は、0から100km/hまで4.1秒で加速し、最高速度は245km/hを備えている。
それだけでは物足りない場合は、「RS e-tron GT」を選ぶことができる。
440kW(598馬力)から475kW(646馬力)のオーバーブーストまで、830Nmのトルクをホイールに供給する。
これにより、「RS」は0-100km/hの加速タイムはわずか3.3秒となり、最高速度もベースモデルを5km/h上回る。

全体的な走行性能は、車両重量2.3トン弱のモデルとしては十二分なものだ。
この重量は主にバッテリーによるもので、そのバッテリーは総容量93kWhで488kmの航続距離を実現している。
「タイカン」同様、「e-tron GT」にも800ボルトの電動システムが搭載されている。
最大270kWで充電した場合、バッテリーは22.5分で80%充電される。
5分で航続距離100km分の電気が車内に流れ込む。
交流は最大11kWまでの充電に使用でき、アウディは市場投入直後に22kWのオプションも提供する。

スポーツサウンド: e-tronはフラップエキゾーストを模している
アウディは、エンジン音と排気音の不足をエキサイティングなソリューションで補っている。
いわゆる「スポーツサウンド」がオプションとして用意されているのだ。
「e-tron GT」は、車外と車内に設置された2基のスピーカーから、スポーティで未来的なドライビングサウンドを発信することができるようになっている。
設定に応じて、音は大きくなったり静かになったり、スポーティになったり、抑制されたりする。
原理的には、電動時代のフラップエキゾーストの一種だ。

RS e-tron GT: より多くの基本装備を備えたトップモデル

e-tron GTがポルシェ タイカンのボディから流用しているのはウィンドウシールドだけだ。同一パーツの割合は40パーセントとなっている。

ベースモデルの「e-tronGT quattro」に加えて、アウディは市場投入時に「RS」バージョンも提供する。
「RS」のロゴは別として、この2台にビジュアル的な違いはない。
そして、技術的にもほぼ同じだ。
違いは、主に前述のアップグレードされたパワーとパフォーマンスと、より多くの豪華な基本的な装備にある。
「RS」は、とりわけ3チャンバー式エアサスペンション、アクティブリアアクスルディファレンシャル、摩耗の少ないタングステンカーバイドディスクを備えたスポーツブレーキを装備している。
「RS」の購入者には、オプションで、カーボンルーフ、マトリックスLEDヘッドライト、スポーツシートも用意されている。
さらに、両モデルのオプションリストには、セラミックブレーキ、全輪ステアリング、スポーツタイヤなどの追加装備が含まれている。
「e-tron GT」は、長距離走行にフォーカスしたモデルだが、決してスポーツ性を無視しているわけではないことは自明の理だ。

テクニカルデータ: アウディe-tron GTクワトロ
● 駆動方式: 電動モーター×2基、全輪駆動 ● 最高出力: 350kW(476PS) / オーバーブースト時390kW(530PS) ● 最大トルク: 630Nm ● 0-100km/h加速: 4.1秒 ● 最高速度: 245km/h ● バッテリーサイズ: 93kWh、800ボルト ● 充電パワー(AC/DC): 11kW(22kW オプション) / 270 kW ● 電力消費: 21.6kWh/100km ● 航続距離: 488km ● 全長×全幅×全高: 4990×1960×1410mm • ラゲッジコンパートメント容量: 405+81リットル ● 市場投入: 2021年5月 ● 価格: 99,800ユーロ(約1,280万円)より

テクニカルデータ: アウディRS e-tron GT
● 駆動方式: 電動モーター×2基、全輪駆動 ● 最高出力: 440kW(598PS) / オーバーブースト時475kW(646PS) ● 最大トルク: 830Nm ● 0-100km/h加速: 3.3秒 ● 最高速度: 250km/h ● バッテリーサイズ: 93kWh、800ボルト ● 充電パワー(AC/DC): 11kW(22kW オプション) / 270 kW ● 電力消費: 22.5kWh/100km ● 航続距離: 474km ● 全長×全幅×全高: 4990×1960×1410mm • ラゲッジコンパートメント容量: 366+81リットル ● 市場投入: 2021年5月 ● 価格: 138,200ユーロ(約1,780万円)より

TEXT: Moritz Doka
Photo: AUDI AG