【新着情報】新型ポルシェ911GT3デビュー間近 ティザー写真とともにアップデート情報をお届け!

54

510馬力の自然吸気エンジンを搭載した新型GT3発表! ついに新型ポルシェ911GT3が2021年2月16日に公式デビューする。ポルシェ911GT3(992)のティザー写真とともに、その馬力、性能、仕様、価格等、デビューに先駆けて最新情報をお届けする。

ポルシェは、新型「ポルシェ911GT3(992)」のプレビューをティザー画像で公開した。
ハードコアモデルの自然吸気911は2021年2月16日にお披露目される。
新型ポルシェ「GT3」の価格は16万ユーロ(約2,050万円)前後からになるのではないかと推測される。
以下、自然吸気のスーパースポーツカー「911GT3」についてすでに判明していることのすべてを簡単におさらいしておこう。

引き続き4リッターボクサーエンジン搭載

プロトタイプはすでにカモフラージュなしでスクープされている。「GT3」のウィング明らかにより大きく特別な形状のものになってきている。

「GT3」のボンネットの下には、先代同様、6気筒4リッターボクサーエンジンが搭載されている。
自然吸気エンジンは9,000rpmまでの回転が可能だという。
これにより、先代モデルの「GT3(991.2)」よりも10馬力アップの510馬力を発揮する。
このエンジンは、「991.2スピードスター」にも搭載されている。
純粋主義者の人々にとっての朗報は、おそらく「GT3」でもマニュアルシフトが選択できるということだ。
一方で、PDK(デュアルクラッチトランスミッション)を選択することができるようにもなっている。

リアウイングはパワフルなままだ

ルックスに関しては、先代よりも一層エアロダイナミクスを重視したデザインとなっている。
GT3のリアの特徴的なウィングは残っており、よりテクニカルなものとなり、おそらく「ツーリングパッケージ」で取り外すことができるようになっているはずだ。
エプロンへの移行部に直接2つの大きなエアインテークを持つフロントフードは新しいものとなっている。
新しい「911ターボS」のように、「ニューGT3」もおそらく異なるサイズのホイールが装着される予定で、991世代の「911GT3 RS」でのみ利用可能だった、フロント20インチ、リア21インチのホイールが採用されるものと推測される。
997シリーズ以来、古典的な「GT3」は2本のエグゾーストパイプを持つセンター排気システムを踏襲している。
従って、ポルシェは、基本的にはおなじみのGT素材を使って、新しいモデルを作り上げている。

近日中にレポートされる新型「ポルシェ911GT3」の公式発表に関するニュースと新型の詳細レポートをお楽しみに!

Text: Peter R. Fischer and Andreas Huber