2万ユーロ(約256万円)以下で買えるクラシックカー&ネオクラシックカー一覧 後編

220

これから価値の高まる可能性のあるクラシックモデルで、現在手ごろな値段のクラシックカー、ネオクラシックカー、オールドタイマー。

【その他×19台】
20,000ユーロ(約256万円)以下のクラシックモデル。将来的にはクラシックカーとして価値を認められる可能性のある、これらの過小評価されたクラシックの多くは2万ユーロ(約256万円)以下で提供されている。
世の中の多くの人気のあるクラシックカーは非常に高価だ。しかし、潜在的に優れたクラシックカーとしての可能性を秘めた多くのクルマが市場には存在する。それらのクルマを紹介する。
懐かしい、カッコいい日本車もあるのでお楽しみに!

アルファロメオ ジュリア:
高い価値を有していながら、まだまだお買い得なイタリア製セダンのレジェンドだ。ジュリア1600は、98から101馬力のパワーを備えていた。
アルファロメオといえばこういうの、という方も多いはず、の、まごうかたなきアルファロメオだ。すでにかなりの年数を経た車だし、なにしろその頃のアルファロメオのため、サビやトラブルは覚悟すべし。キャブレター調整などが自分でできたらベストだ。
市場相場価格:
コンディション2: 18,100ユーロ(約231万円)
コンディション3: 11,300ユーロ(約144万円)
Photo: Alfa Romeo

BMW Z3ロードスター:
ジェームス ボンドが「007 ゴールデンアイ(1995年)」の中でドライブした1.9(といっても、ほんの数十秒、移動のためだけに乗り、軽飛行機と取り換えてしまい、CIAのライターに渡してしまうが・・・)。
中でも192馬力の2.8リッター直列6気筒がお勧めだ! そして、Mバージョンもある。
市場相場価格:
コンディション2: 14,300ユーロ(約183万円)
コンディション3: 8,900ユーロ(約113万円)
Photo: Toni Bader

BMW 325iツーリング(E30):
BMWは6気筒でなければいけないのだろうか? いいえ、決してそんなことはないが、ミュンヘン製ツーリングワゴンは間違いなくもっとも楽しい1台だ。
いわゆるBMW 3シリーズらしいころのクルマ。セダンの人気のかげに隠れてしまっているが、全体のデザインバランスなどはてらいのないもので美しい。ホイールもこのころのBMWらしい繊細な感じである。
市場相場価格:
コンディション2: 15,600ユーロ(約199万円)
コンディション3: 8,000ユーロ(約102万円)
Photo: BMW

ダットサン280ZX:
80年代前半の日本製クーペは、特にアメリカ人に人気があった。Tトップと2.8リッター直列6気筒(140馬力)を搭載し、スムーズなサマークルーザーに仕上がっている。いわゆるズイーカー(Z-CAR)の色合いが一番濃かったころのZ。
この写真はTバールーフ、ビスケット色の内装、カッパー色の外装、そして5マイルバンパー、というアメリカで一番人気のあった仕様だ。ゆるゆるっと乗るのが正解の一台。
市場相場価格:
コンディション2: 19,900ユーロ(約254万円)
コンディション3: 12,700ユーロ(約162万円)
Photo: Christian Bittmann

フィアット124スポーツクーペ:
優美な2ドア車(1969年製、110馬力、ツインヘッドライト)は、今見ても美しく、時代を超越したデザインを身にまとっている。
さすがに半世紀以上前のクルマだし、日本の路上で見かける確率は限りなくゼロ。と思って検索したら、驚くことに4台ほど中古車で販売中(価格は300万円前後)だった。
ちなみに美しいデザインはピニンファリーナではなく、社内デザインだ。
市場相場価格:
コンディション2: 10,300ユーロ(約131万円)
コンディション3: 7,100ユーロ(約90万円)
Photo: Fiat

フィアット850スパイダー:
タイトなベルトーネのドレスに身を包んだチャーミングな60年代スイーパー。0.8リッターから47馬力では物足りない?
この写真のように、サンレモあたりの海岸で、ステファネルの高価すぎない洋服で、ビーチサンダルのようにお洒落に乗るのが正解のスパイダー。デザインはジョルジェット ジウジアーロ。さすがに日本じゃ売ってないだろうと思って検索したら、なんと350万円前後で2台発売中!
市場相場価格:
コンディション2: 11,500ユーロ(約147万円)
コンディション3: 7,800ユーロ(約99万円)
Photo: Fiat

ホンダCRXデルソル:
シビックベースのタルガ2シーターが登場したのは1992年のことだ。160馬力の高回転型1.6リッターVTEC4気筒は文句なく楽しい!
前のモデルから比べると日和見したなどといわれてイマイチ人気の出なかったデルソル。特徴はもちろん電動のオープントップ開閉システムで、エンジニアはVTRデッキのカセット開閉システムからヒントを得たという(笑)。
市場相場価格:
コンディション2: 10,000ユーロ(約128万円)
コンディション3: 5,700ユーロ(約72万円)
Photo: Andreas Lindlahr

メルセデスベンツ230(W123):
まごうかたなきメルセデスベンツといえば、本当は「W124」ではなく、こちらのこと。クロームメッキの厚さ、シートの質感、プラスチックの感触、すべてが「W124」よりも上の重厚さ。
写真は丸4筒ライト(内側はフォグランプ)なので「200」、「230」、「300D」といった排気量の小さいモデルだが、「280」は角ライトとなる。このころは助手席のドアミラーはオプションだった(なくてもヨーロッパでは法規上問題なかった)。
パワー: 109馬力、排気量: 2307cc、生産期間: 1976~1980年。
市場相場価格:
コンディション2: 11,200ユーロ(約143万円)
コンディション3: 6,800ユーロ(約87万円)
Photo: Christian Bittmann / AUTO BILD

メルセデスベンツA124 カブリオレ
W124のカブリオレがこのA124。ものすごくしっかりした質感の幌を持ち、内張も付いているため、クーペモデルと同等の耐久性を持つ。だが複雑怪奇な油圧による幌開閉システムを持っているため、トラブルを起こすと実に厄介。ちゃんと直すためには幌部分だけで100万円以上かかるという覚悟が必要となる。
市場相場価格:
コンディション2: 21,000ユーロ(約268万円)
コンディション3: 9,200ユーロ(約117万円)
Photo: メルセデスベンツ

メルセデスベンツ300SE(W126):
もっともSクラスらしい一台がこの「W126」だ。その中でもバランス的にはこの6気筒の「300SE」はもっとも好ましい1台だ。写真はサッコプレートからすると後期モデルだが、もはや後期だろうと前期だろうと維持費がかさむのは同じ(ただしミッションなどは明らかにV8モデルのほうが傷みやすい)。したがって、できるだけ程度の良いものを見つけて、あまり無理せずに乗りたいものだ。
パワー: 179馬力、排気量: 2962cc、生産期間: 1987~1991年。
市場相場価格:
コンディション2: 12,700ユーロ(約162万円)
コンディション3: 7,700ユーロ(約98万円)
Photo: Auto Bild

メルセデスベンツ(W115):
そりゃ「W124」よりも「W123」よりもまごうかたなきメルセデスベンツでしょうけれど、もはや見つけるのが困難な「W115」。写真のようにヘラのフォグランプや、10万キロ、20万キロ走行おめでとうプレート(メルセデスベンツに申請するともらえる)をグリルにつけて乗るのが定番。
パワー: 95馬力、排気量: 1988cc、生産期間: 1973~1976年。
市場相場価格:
コンディション2: 10,900ユーロ(約139万円)
コンディション3: 7,100ユーロ(約90万円)
Photo: Markus Heimbach

メルセデスベンツG320カブリオレ(W460):
メルセデスベンツ ゲレンデヴァーゲンの中でも珍品(?)で、数が少ないのがこのカブリオレ。とはいっても日本にもちゃんと正規輸入されているので、まだ中古車で見かけることもある。写真の前期モデルでは、幌は完全手動のため完全着脱には30分以上が必要。雨が降り始めたらアウトなので、電動幌となった後期モデルがお勧めだ。
市場相場価格:
コンディション2: 31,400ユーロ(約401万円)
コンディション3: 16,200ユーロ(約207万円)
Photo: AUTO BILD

プジョー204クーペ:
プジョーらしいプジョーと言うのは、本来こういうクルマのこと。ピニンファリーナによるデザインは控えめだが写真のモデルのように定番のフレンチファッションと絶妙にマッチする。当時の正規インポーターである新東洋企業も輸入したのは「204セダン」のみだったため、さすがに現時点での日本での中古車流通はゼロだた。
パワー: 53馬力、排気量: 1130cc、生産期間: 1966~1970年。
市場相場価格:
コンディション2: 11,700ユーロ(約149万円)
コンディション3: 6,900ユーロ(約88万円)
Photo: Werk

プジョー504 V6カブリオレ:
ピニンファリーナがデザインし、製作も手掛けた、太陽の下で最もエレガントな70年代を代表する車の一台だ。当時のプジョーのラインナップの中でも別格の一台で、当時はかなりの高級モデル。写真のようにちょっと裕福そうな女性が、パリから郊外の別邸に行くのに好適な1台だった。日本でもなんと現在、500万円ほどで一台発売中!
市場相場価格:
コンディション2: 16,000ユーロ(約204万円)
コンディション3: 9,200ユーロ(約117万円)
Photo: Peugeot

ルノー16(セーズ):
レーシングドライバーのスターリング モスは、このハッチバック(1965~1980年)を「私が知っている中で最も知的な車の一つ」と呼んでいた。また日本でも様々なモータージャーナリストが絶賛した一台でもある。
黄色い目も合わせて当時のフランス車らしいフランス車だが、残念ながら現時点における日本での中古車流通数はゼロ。欲しい方はヨーロッパから個人輸入するしかない。
市場相場価格:
コンディション2: 8,700ユーロ(約111万円)
コンディション3: 5,400ユーロ(約69万円)
Photo: Renault

サーブ900ターボ16S:
トロールハッタンという特徴的な名前の場所で生産されていたサーブ。一時期日本でも大ヒットしたが、まさか自動車メーカーとしての存在がなくなってしまうとは思ってもみなかった。ちなみにサーブとは人の名前なのではなく、Svenska Aeroplan AB(スエーデンにある航空機会社)という名称の短縮形である。
写真のターボはかなり後期のモデルだが、これより少し前の普通のモデルのファブリックシートが柔らかくて絶品だった。
熱狂的なファンは、スウェーデンの航空機メーカーの実用的なクーペを長い間探し求めているが、価格は依然安定したままで、まだ離陸していない。
市場相場価格:
コンディション2: 18,100ユーロ(約231万円)
コンディション3: 10,700ユーロ(約136万円)
Photo: Werk

スバルSVX:
ジョルジェット ジウジアーロのデザインを忠実に再現した一台。ウインドウグラフィックスや内装デザインなどは、当時開発に携わった人に聞いた話では、泣くほど大変だったらしい。残念ながら日本でも人気があまり出ずに廃番。スバリストならぜひコレクターズアイテムに加えて欲しい1台だ。
市場相場価格:
コンディション2: 11,700ユーロ(約149万円)
コンディション3: 7,100ユーロ(約90万円)
Photo: Conrad Piepenburg

VWシロッコI:
今見るとなんともシンプルでてらいのないデザインはもちろんジョルジェット ジウジアーロ。実用車としてもなかなか優秀できっちり荷物は積めるし、乗りやすさはゴルフと同じ。そういえばいつの頃からかフォルクスワーゲンのラインナップの中に、こういう2ドアクーペがすっかり消えてしまっている事実に気が付いた…。
生産: 1974~1975年
パワー: 70馬力
市場相場価格:
コンディション2: 11,400ユーロ(約145万円)
コンディション3: 6,800ユーロ(約86万円)
Photo: Marcus Gloger / AUTO BILD

Text: Martin G. Puthz, Matthias Techau
加筆: 大林晃平
Photo: Roman Raetzke / AUTO BILD