欧州コンパクトSUVのリーダーが劇的に進化 新型ルノー キャプチャー発売

158

ルノー・ジャポンは、2013年の発売以来、世界で170万台以上を販売したコンパクトSUVのリーダー、「ルノー キャプチャー」がフルモデルチェンジし、品質、機能、装備がコンパクトカーの枠を超えたレベルへと進化を遂げた新型「ルノー キャプチャー」を、2月25日(木)から、全国のルノー正規販売店で販売開始する。併せて、新型「ルノー キャプチャー」の発売を記念し、ルノー・サービスプランを提供するキャンペーンを実施する。

ルノー キャプチャーは、2013年に登場して以来2019年まで、世界で170万台以上を販売したコンパクトSUVのパイオニアとも呼べるモデルだ。2020年も、欧州で販売された全てのSUVモデル中で販売台数1位(*1)となり、高い人気を誇っている。この「ルノー キャプチャー」がフルモデルチェンジし、デザイン、プラットフォーム、パワートレーンが一新され、品質、機能、装備の面でクラスを超えた進化を遂げた。
*1 先代ルノー キャプチャーを含む。台数はルノー調べ/欧州 33か国での販売台数

コンパクトSUVのリーダーがコンパクトSUVの枠を超えて進化
新型となった「ルノー キャプチャー」は、デザイン、品質、機能、装備の面で、クラスを超えたレベルへと進化を遂げている。

「エクステリアデザイン」は、しなやかなアスリートの筋肉を彷彿させる躍動感と、エレガントな曲線が表現する官能性を併せ持ち、都会の街並みによく似合う洗練されたデザインとなった。フロントには、ルノーモデルを象徴するライトシグネチャーのCシェイプデイタイムランプが、リアにもCシェイプのライトシグネチャーが装備され、ひと目でルノーのモデルであることが分かるようになっている。
ボディとは別の色で塗られ、まるで浮いているかのような印象の「フローティング」ルーフは、新型「ルノー キャプチャー」のエクステリアデザインに、エレガントな印象をもたらします。ノワール エトワールM(黒)のボディカラーにはブラン アルバトル(白)のルーフが、それ以外のボディカラーにはノワール エトワールのルーフカラーが設定されている。新型「ルノー キャプチャー」には、装備の違いにより、「インテンス」と「インテンス テックパック」の2つのグレードが設定されている。「インテンス」には、ボディカラーに応じてブラックとオレンジのインテリアカラーが、「インテンス テックパック」には、ブラックのインテリアカラーが組み合わされている。

「インテリア」は、機能と品質の新しい基準を打ち立てる、「革命」的ともいえるほど大きな進化を遂げている。大幅に向上した知覚品質と最新のデジタル技術は、上位クラスのモデルに匹敵し、スマートコクピットと名付けられた運転席周りは、人間工学に基づいてドライバーを中心に設計されている。
新型「ルノー キャプチャー」のボディサイズは、全長4,230㎜×全幅1,795㎜×全高1,590㎜で、先代モデルに比べて全長が95㎜長くなり、全幅は15㎜、全高は5㎜拡大している。ホイールベースは2,640㎜で、先代モデルに比べて35㎜長くなっている。この拡大されたボディサイズとホイールベースは、室内空間の拡大と快適性の向上に大きく貢献している。前席では、高いアイポイントと水平基調のダッシュボード、フレームレスルームミラーによって、視覚的な広さを感じさせる。
また、Boseが開発した世界初の技術を搭載したスピーカーシステム「Fresh Air Speaker」が採用するなど、装備の面でもコンパクトSUVの枠を超えた進化を遂げている。

新型「ルノー キャプチャー」は、ルノー・日産・三菱のアライアンスの相乗効果を強化するというグループ戦略の中心モデルのひとつだ。新型ルノー キャプチャーに採用されているCMF-Bプラットフォームは、3社のアライアンスにより新たに開発されたもので、軽量、高剛性で遮音性に優れ、最新の電気および電子アーキテクチャーのテクノロジーを組み込むことができるようになっている。
この最新プラットフォームは、先代モデルのプラットフォームより軽量化しながら高い剛性を持ち、高出力パワーユニットを受け止め、しなやかなサスペンションの動きやハンドリングの正確さを引き出す。最適化されたボディ構造により、衝突安全性も非常に高く、様々な路面での静粛性やエンジンルームの遮音性、万一の場合の安全性、 ボディ下面を覆うパネルによる空気抵抗の軽減など、新型ルノー キャプチャーの高い基本性能を支えている。シャシー全体のバランスと、リアアクスル設定が見直され、一定速度でカーブを曲がる際の安定性も向上している。また、ロールを抑えながらも、専用開発のダンパーによって、乗り心地も損なわれていない。正確でダイレクト感に優れたステアリングのギア比は、先代モデル比でおよそ10%低められている。また、応答性が向上し、ドライバーにより確実なフィードバックをもたらす。加えて、フロントアクスルの高剛性化により、直進安定性や正確なハンドリング、走行安定性が高められている。

新型「ルノー キャプチャー」には、やはりルノー・日産・三菱のアライアンスにより開発された高出力・高トルクながら経済性も両立した1.3リッター直噴ターボエンジンが搭載されている。組み合わされるトランスミッションは、パドルシフトを備えた電子制御7速AT(7EDC)だ。
新型「ルノー ルーテシア」に比べて+23馬力の最高出力154PS@5,500rpm、+30Nmの最大トルク270Nm@1,800rpmを発生し、上位クラスのモデルの最もパワフルなエンジンと同レベルの性能を発揮する。組み合わされるトランスミッションも効率性に優れ、素早くダイレクト感のある変速が特徴の電子制御7速AT(7EDC)だ。ステアリングには、パドルシフトを備えている。この新世代のパワフルで高効率なエンジンは、市街地から高速道路まであらゆるシーンで、爽快で余裕のある、質の高い走りをもたらす。その一方で、リッターあたり17.0kmという低燃費も実現している。

新型「ルノー キャプチャー」は、多彩な先進運転支援システムを備えている。その目的は、運転操作の負荷を低減し、安全性を高め、ドライバーに安心をもたらすことだ。

車種名 メーカー希望小売価格(税込)
ルノー キャプチャー インテンス ¥2,990,000
ルノー キャプチャー インテンス テックパック ¥3,190,000

※リサイクル料金:¥15,860

ボディカラー/ルーフカラー:
ブラン ナクレM/ノワール エトワールM オランジュ アタカマM/ノワール エトワールM
ブルー アイロンM/ノワール エトワールM ルージュ フラムM/ノワール エトワールM
ブルー マリン フュメ/ノワール エトワールM ノワール エトワールM/ブラン アルバトル
※M:メタリック メタリックボディカラーは44,000円高(税込)

Text & photo: ルノー・ジャポン