ワオ! すっげークール&センセーショナル BMW R18バイクをチューンナップ カッコいー!

44

これありかもー&マジで欲しいかもー。BMWモトラッドとドイツのチューナーが、「BMW R18」をレトロ風にチューンナップ。BMW製の新型バイク『R18』に「アールデコ」をテーマにした巨大カウルを備えた、ちょっとレトロなワンオフカスタムモデルが登場した。その詳細をレポートする。

BMWモトラッド史上最大排気量のボクサーエンジンを搭載した個性的な新型クルーザー「R 18」をコンバージョン。
流線形で、レトロで、巨大なカウルがこのR18をセンセーションなバイクに変身させる!
エッセンの北に在る小都市ゲルゼンキルヒェンのチューナー「キングストン カスタム」が、このBMW R18を見事にリビルトしてみせた。
そして付けた名前は「R18 “Spirit of Passion(スピリット オブ パッション)”」。
その名の通り、我々の情熱やスピリットを掻き立ててくれる。

BMWモトラッド(BMW Motorrad=BMWの自動二輪車生産販売部門)は、クールな手段を用いて新しいジャイアントクルーザーR 18の宣伝とプロモーションに情熱を注いでいる。
そのかなりクールな手段とは、バイエルンのメーカーが優れたチューナーに依頼したコンバージョンだ。
その最新の例が、チューナー、「キングストン カスタム(Kingston Custom)」がBMWのために製作した、この「BMW R18 “スピリット オブ パッション”」だ。
「キングストン カスタム」のチームは、ご覧の通り、度肝を抜くような並外れた改造をホイールに施したのだった。
彼らの作った巨大カウルを備えたこのBMW R18は間違いなくセンセーショナルだ。

BMW R18 “スピリット オブ パッション”の詳細

今回のチューニングで「キングストン カスタム」は、完全なリビルドという選択は行わず、コスメチック的なカスタマイズをおこなった。
技術とフレームは100%標準モデルのままに残したものの、それ以上に多くのことをしてのけ、旋風を巻き起こした。
ハンドルバーやフェンダーも同様に手作りで、エキゾーストは改造され、サドルにはBMWのアクセサリーが使用されている。
LEDヘッドライトはフェアリングに取り付けられ、BMWのキドニーの形をしている。
タンクとホイールサスペンションもオリジナルパーツだ。

新開発の2気筒「ビッグボクサー」搭載。改造の自由度が高いR18ならではの特徴を活用してカスタマイズしたものだ。

チューナーは、BMW R 18のオリジナルの塗装と特徴的なラインを採用し、ディテールを加えた。
今回の「スピリット オブ パッション」のような壮大なコンバージョンで、BMWはR18の注目を集めるだけではない。
ジャイアントクルーザーBMWのチューニングがいかに簡単にできるかをも、バイエルンのメーカーは天下に示してみせたのだった。

残念ながら私は大きいモーターサイクルに乗るための免許を持っていないが、今回の一台はちょっといいなと思ったし、屋内のガレージにスペースがあるような環境だったらアートとして飾っておくだけでもいいかもしれない、と思ったほどのチューンアップである。
こういう方向に歩むことでモーターサイクルにも、もちろんBMWのヘリテージを高めるためにも大きく貢献するだろうし、その価値もブランディングにも良い影響を与えるだろう。こういうアイディアもあったかと思うと同時に、まだまだモーターサイクルの未来にも様々な可能性ということを今回の一台に教えられた思いである。

Text: Lars Hänsch-Petersen
加筆: 大林晃平
Photo: BMW Group