【動画】新着情報 ポルシェ ボクスター25周年記念モデル発表 その全容

50

ポルシェ ボクスター(982)25イヤーズ。気になるそのスペックは? 価格は? 市場投入時期は?

ポルシェは、ボクスターの25周年を記念して特別モデルを発表する。
今年ボクスターが25歳になる!これを記念して、ポルシェが市場投入する特別モデルは、GTS 4.0をベースに、ビジュアル的には最初のスタディモデルを踏襲したものとなっている。全情報。

ポルシェは、ボクスターの25歳の誕生日を記念して、ロードスターの限定特別モデルを発売する。
その名は単に「ボクスター25イヤーズ」と呼ばれ、ボクスターGTS 4.0をベースにしている。
そしてそれは1993年からの初代スタディモデルのカラーを採用している。
外見上はシルバーメタリックペイントを意味し、銅と金の中間のようなトーンの「ネオダイム(Neodyme)」でアクセントをつけていて、フロントエプロンの留め金、サイドのエアインテークのインサート、レタリング、20インチホイールのスポークもこのトーンで塗装されている。
ポルシェのレタリングが施されたフューエルキャップは、ポルシェの「エクスクルーシブ デザイン プログラム」からのもので、テールパイプ同様、アルミ素材で覆われている。
ポルシェは、シルバーメタリックに加えて、ブラックとホワイトのメタリックカラーも特別モデルに提供している。
スタディモデルに合わせて、ダークレッドのインテリアと、「ボクスター25」とエンボス加工されたレッドのソフトトップが用意されている。
この組み合わせが派手すぎるという人のために、どちらもブラックでも用意されている。
その他、「14ウェイ(14段階)パワーアジャスタブルスポーツシート」と「レザーGTスポーツステアリングホイール」、「ブラッシュドアルミニウム」のアクセント、「ボクスター25」の文字が刻まれたドアシルプレートが標準装備されている。

1993年の初代ボクスター同様、ダークレッドのレザーインテリアが備わっている。

GTS 4.0と同じ性能

性能面では何も変わらない。
スタンダードモデルのGTS 4.0同様、特別モデルのボクスターにも400馬力を発揮する4リッター6気筒ボクサーエンジンが搭載されている。
ギアチェンジは6速マニュアルトランスミッションかPDKデュアルクラッチトランスミッションを介して行われる。
走行性能にも変更はない。
PDKを搭載したボクスター25周年記念モデルは、標準のスポーツクロノパッケージのおかげで、0から100km/hまで4.0秒で加速し、最高速度293km/hを備えている。
また、10ミリのローダウンを含む電子制御ダンパーコントロールを備えたスポーツサスペンションや、機械式リアアクスルロックを備えたトルクベクタリングシステムも搭載されている。

シートメタルの下には、GTS 4.0のテクノロジー、つまり400馬力の6気筒ボクサーエンジンが搭載されている。

市場投入と価格

ポルシェ ボクスター25周年記念モデルは1250台限定で、現在すでに注文可能で、2021年3月末から販売店のショールームに並び始める予定だ。
もちろん、ポルシェはこの特別モデルにプレミアムプライスを課している。
価格はボクスターGTS 4.0の84,813ユーロ(約1,085万円)からに対して、25周年記念モデルは94,986ユーロ(約1,215万円)からとなっている。

1993年当時のプロトタイプモデル。
Photo: Werk

ポルシェ ボクスターももう登場から25年になりますか、というのが正直な気持ちのニュースだ。この25年を振り返ると、ポルシェの歴史に限定してみても、大きな変革がいくつも起こり、その多くはあの当時に予想もできなかったことばかりだ。
大型SUVが2種類も生まれたこと、4ドアセダンもラインナップに加わったこと、さらにハイパフォーマンスなEVまで誕生し、911はもはや全体の生産台数の中で少数派になってしまっていること、などなど。

今回の記事の主役であるボクスターに関しても、クーペの弟(か兄かはわからないが)が生まれたり、数々のハイパフォーマンスバージョンが誕生したり、性能的にももはや911の領域に限りなく迫るものとなっている。
さらにその価格に関しても25年前は(オプションなどを付け加えなければ)、600万円くらいで買えたはずだったのに、今や1,000万円は用意しておかなければ購入できない範疇の車となってしまっている。いつのまにか高性能で高価格になり、すっかり手の届かない範疇に成長したボクスター…。これほど高性能ではなくてもいいからもう少し安く、そして購入できる価格帯のスタンダードなボクスターを出してくれないものだろうか、とは勝手な幻想なのかもしれない。
そういえば僕の身の回りにも、25年前にボクスターが出たばかりの時に、さっそく発注し入手していた人がいたが、あの人は今何に乗っているのだろう。

Text: Katharina Berndt
加筆: 大林晃平
Photo: Porsche AG