欧州コンパクトSUVマーケッ トをリードする新型ルノー キャプチャーを2月上旬に日本導入

122
Photo Taken In Uyuni, Bolivia

ルノー・ジャポンは、欧州のコンパクトクラス(Bセグメント)SUVマーケッ トをリードし続けてきたルノー キャプチャーをフルモデルチェンジし、2月上旬に日本に導入する。

フレンチデザインが際立つ新型ルノー キャプチャーは、昨年日本発売となった新型ルノー ルーテシア同様、クラスの常識を大きく超えた上位モデルの質感、走り、快適性を兼ね備え、360°カメラや、アダプティブクルーズコントロールを始めとする先進の運転支援システム(ADAS)を装備している。

ルノー・ジャポン オフィシャルウェブサイト内に、新型ルノー キャプチャー の魅力を伝える特設ページが公開されている。

【新型ルノー キャプチャー特設ページ】

https://www.renault.jp/information/news/lp/2101captur-1.html

新型ルノー キャプチャー
2013年に欧州で発売されて以来、ルノー キャプチャーはコンパクトSUVのマーケットをリードしてきた。
新型ルノー キャプチャーは、アスリートのしなやかな筋肉を彷彿させる躍動的でダイナミックなエクステリアデザイン、選びぬかれたマテリアルによって上質に仕立てられたインテリア、コンパクトでありながら優れた機能性、上位モデルに匹敵する性能を発揮するパワートレーンと新設計プラットフォームがもたらすパワフルで余裕のある走り、そしてドライバーをサポートする最新の運転支援システムと、すべてにおいてコンパクトSUVの枠を超えたモデルとなった。

Text & photo: ルノー・ジャポン

以下、アウトビルト ジャパンによる新型ルノー キャプチャーの記事も併せてご参照ください。