【ランキング】人気SUV ベストセラー14台 テクニカルデータ&価格&購入時ワンポイントアドバイス

639

今や百花繚乱のSUV市場。今年追加された新型VWティグアン、VW T-Roc、メルセデスGLCとその仲間たち 2020年も大人気だったSUVのトップ14台を一気に紹介

ランキングとワンポイントアドバイス: 売れ筋SUV 14台をチェック。SUVの人気がまだまだ高まっている。まだ持っていない方で探し求めている方にベストセラーSUV×14車種の概要をご紹介。購入時のワンポイントアドバイスも含めて!

SUVブームに終わりは見えない。
市場シェア21.1パーセントの記録的な年2019の後、ドイツでは2020年1月から9月までにすでに42万8000台の新しいSUVが登録され、2020年のSUVの市場シェアは30%を超える見込みだ。
この期間の市場シェアは21.0%で、コンパクトクラスの新車419,091台(シェア20.5%)よりもさらにわずかに先行している。
SUVの人気の理由はよく知られている。
SUVの高い着座位置は、見晴らしの良さと安全性の高さをもたらし、コンパクトなエクステリアサイズで、多くのスペースを提供する。
また、SUVは運転しやすく、快適であり、全輪駆動は、冬や山の中での使用でも便利という利点を提供している。
そして実際には、SUVの中には100%ガソリンに頼るモデルも少なくなりつつあり、同じサイズのセダンやステーションワゴンよりも、燃費が良いモデルが多いのも事実だ。
以下に、今年ドイツでベストセラーとなった「SUV」14車種を紹介し、パワートレインや装備の特徴などとともに購入時のワンポイントアドバイスもお伝えする。

第14位: メルセデスGLE(2020年登録台数9,764台)

テクニカルデータ: メルセデスGLE
● エンジン: 6気筒、フロント縦置き ● 排気量: 2925cc ● 最高出力: 272PS@3400rpm ● 最大トルク: 600Nm@1200rpm ● 駆動方式: 全輪駆動、9速AT •全長×全幅×全高: 5057×1947~2022×1772mm ● 乾燥重量: 235kg ● トランク容量: 630~2055リットル ● 0-100km/h加速: 6.6秒 ● 最高速度: 230km/h ● 平均燃費(ディーゼル): 13.8km/ℓ ● CO2排出量: 189g/km ● 価格: 71,955ユーロ(約910万円)より
ワンポイントアドバイス: メルセデスGLE 350d。他を寄せ付けないハイレベルなインテリア(3,480ユーロ=約44万円)は、完全電動の快適な座席と細部にまで丁寧に仕立て上げられた空間を築き上げている。18インチのホイールは最高のサスペンションの快適さを保証する。
メルセデスベンツらしく、バランスよく作られた優等生の一台。ディーゼルエンジンも静かでなめらか。
Photo: Olaf Itrich / AUTO BILD

第13位: ボルボXC60(2020年登録台数10,356台)

テクニカルデータ: ボルボXC60
● エンジン: 4気筒、ターボ、フロント横置き ● 排気量: 1969cc ● 最高出力: 197PS@4000rpm ● 最大トルク: 420Nm@1750rpm ● 駆動方式: 全輪駆動、8速AT ● 全長×全幅×全高: 4688×1902~2117×1658mm ● 乾燥重量: 1967kg ● トランク容量: 438~1410リットル ● 0-100km/h加速: 8.3秒 ● 最高速度: 180km/h ● 平均燃費(ディーゼル): 16.1km/ℓ ● CO2排出量: 162g/km ● 価格: 52,200ユーロ(約662万円)より
ワンポイントアドバイス: ボルボXC60 B4 AWDモーメンタム プロ。
XC60プロは、アップグレードされた基本的な装備によって、ナビゲーションやネットワークとの接続などを可能にするセンサスコネクト(Sensus Connect)、電動テールゲート、Apple Carplayなど、貴重なエクストラの数々をもたらす。
XC90ほどの大きさはないものの、十分に大きく広いXC60。内装などもあか抜けていて美しい。ディーゼルエンジンを買うのなら、いまのうちだ。
Photo: Toni Bader / AUTO BILD

第12位: アウディQ2(2020年登録台数10,770台)

テクニカルデータ: アウディQ2
● エンジン: 4気筒、ターボ、フロント横置き ● 排気量: 1498cc ● 最高出力: 150PS@5000~6000rpm ● 最大トルク: 250Nm@1500~3000rpm ● 駆動方式: 前輪駆動、6速MT ● 全長×全幅×全高: 4208×1794~2009×1508mm ● 乾燥重量: 1365kg ラゲッジコンパートメント容量: 405~1050リットル ● 最高速度: 218km/h ● 0-100km/h加速: 8.6秒 ● 燃費: 19.6km/ℓ ● CO2排出量: 117g/km ● 価格: 29,829ユーロ(約378万円)より
ワンポイントアドバイス: アウディQ2 35 TFSI Sライン。150馬力のガソリンエンジンSラインは最低でも29,829ユーロ(約378万円)を要する。そして、それを本当に充実したものに仕立て上げるには、エクストラで5,000ユーロ(約63万円)が必要となる。
小型ながらもしっかりしたアウディの小型SUV。やや割高だが小さな高級車と考えれば納得ができるだろう。
Photo: AUDI AG

第11位: ニッサン キャシュカイ(2020年登録台数10,887台)

Photo: Olaf Itrich / AUTO BILD

テクニカルデータ: ニッサン キャシュカイ
● エンジン: 4気筒、ターボ、フロント横置き ● 排気量: 1332cc ● 最高出力: 160PS@5500rpm ● 最大トルク: 260Nm@1750 ● 駆動方式: 前輪駆動、6速MT ● 全長×全幅×全高: 4394×1806~2070×1590mm ● 乾燥重量: 1375kg ● ラゲッジコンパートメント容量: 430~1598リットル ● 最高速度: 200km/h ● 0-100km/h加速: 8.9秒 ● 燃費: 14.7km/ℓ ● CO2排出量: 159g/km ● 価格: 28,956ユーロ(約367万円)より
ワンポイントアドバイス: ニッサン キャシュカイ1.3 DIG-T N-Way。160馬力のガソリンエンジンは、豪華な装備にもかかわらず、3万ユーロ(約380万円)を切る価格設定だ。むしろデュアルクラッチトランスミッションでないMTの方がいい。
残念ながら日本では発売されていないキャシュカイ。大げさすぎないシンプルなデザインなので、導入すれば結構人気を博すと思うのだが…。
Photo: Lena Willgalis / AUTO BILD

第10位: アウディQ5(2020年登録台数12,241台)

テクニカルデータ: アウディQ5
● エンジン: 4気筒、ターボ、フロント縦置き ● 排気量: 1968cc ● 最高出力: 204PS@3800rpm ● 最大トルク: 400Nm@1750rpm ● 駆動方式: 全輪駆動、7速DSG ● 全長×全幅×全高: 4682×1893~2140×1662mm ● 乾燥重量: 1805kg ラゲッジコンパートメント容量: 550~1550リットル ● 最高速度: 222km/h ● 0-100km/h加速: 7.6秒 ● 燃費(ディーゼル): 18.8km/ℓ ● CO2排出量: 139g/km ● 価格: 48,740ユーロ(約618万円)より
ワンポイントアドバイス: アウディQ5 40 TDIクワトロ アドバンスド。扱いやすいデュアルクラッチトランスミッションが標準装備されている。囁くように静かでしかもパワフルな経済的ディーゼルの走行性能は納得のいくものだ。
マイナーチェンジを受けて二枚目さが増したQ5。内容的にも高水準で、自信をもってすすめられる一台。やや高価なのが難点だが。
Photo: Audi AG

第9位: オペル グランドランドX(2020年登録台数12,683台)

テクニカルデータ: オペル グランドランドX
● エンジン: 3気筒、ターボ、フロント横置き ● 排気量: 1199cc ● 最高出力: 130PS@5500rpm ● 最大トルク: 230Nm@1750rpm ● 駆動方式: 前輪駆動、6速MT ● 全長×全幅×全高: 4477×1906~2098×1609mm ● 乾燥重量: 1370kg ラゲッジコンパートメント容量: 514~1652リットル ● 最高速度: 197km/h ● 0-100km/h加速: 10.4秒 ● 燃費: 16.1km/ℓ ● CO2排出量: 141g/km ● 価格: 34,712ユーロ(約440万円)より
ワンポイントアドバイス: オペル グランドランドX 1.2 アルティメット。130馬力の3気筒エンジンは、広々としたグランドランドXに驚くほどフィットし、コンパクトSUVとしてはほとんど問題ない。
2021年に日本に復帰するオペルのSUV。おそらくこのグランドランドXも導入が予想されるが、気になるのはその価格だ。
Photo: Olaf Itrich / AUTO BILD

第8位: ルノー キャプチャー(2020年登録台数16,141台)

テクニカルデータ: ルノー キャプチャー
● エンジン: 4気筒、ターボ、フロント横置き ● 排気量: 1333cc ● 最高出力: 140PS@5000rpm ● 最大トルク: 240Nm@1600rpm ● 駆動方式: 前輪駆動、6速MT ● 全長×全幅×全高: 4227×1797~2003×1576mm ● 乾燥重量: 1322kg ラゲッジコンパートメント容量: 422~1275リットル ● 最高速度: 195km/h ● 0-100km/h加速: 10.6秒 ● 燃費: 18.8km/ℓ ● CO2排出量: 128g/km ● 価格: 24,126ユーロ(約306万円)より
ワンポイントアドバイス: ルノー キャプチャーTCe 140インテンス。キャプチャーは魅力があり、以前よりも広いスペースを提供している。充実したインテンス装備の140馬力ガソリンエンジンがおすすめだ。
残念ながら今は輸入が途絶えているキャプチャーだが、乗ってみればルノーらしく快適なSUVだ。エンジンラインナップなどを再整理してぜひ輸入再開してほしい。
Photo: Olaf Itrich / AUTO BILD

第7位: BMW X3(2020年登録台数17,046台)

テクニカルデータ: BMW X3
● エンジン: 4気筒、ターボ、フロント縦置き ● 排気量: 1995cc ● 最高出力: 190PS+11PS@4000rpm ● 最大トルク: 400Nm@1750rpm ● 駆動方式: 全輪駆動、8速AT ● 全長×全幅×全高: 4708×1891~2138×1440mm • 乾燥重量: 1910kg ● トランク容量: 550~1600リットル ● 最高速度: 213km/h ● 0-100km/h加速: 7.9秒 ● 燃費(ディーゼル): 17.2km/ℓ ● CO2排出量: 153g/ℓ ● 価格: 48,057ユーロ(約610万円)より
ワンポイントアドバイス: BMW X3 xDrive 20d。我々のお勧めは決して独創的なものではない。最高とはいかなくとも、優れた全輪駆動150馬力ディーゼルが完璧にフィットする。
このクラスの定番商品であるBMW X3。使いやすいサイズとディーゼルエンジンの組み合わせで街中でも扱いやすい。
Photo: Olaf Itrich / AUTO BILD

第6位: アウディQ3(2020年登録台数18,731台)

テクニカルデータ: アウディQ3
● エンジン: 4気筒、ターボ、フロント横置き ● 排気量: 1968cc ● 最高出力: 150PS@3000rpm ● 最大トルク: 360Nm@1600rpm ● 駆動方式: 前輪駆動、7速DSG ● 全長×全幅×全高: 4484×1849×1616mm ● 乾燥重量: 1580kg ● ラゲッジコンパートメント容量: 530~1525リットル ● 最高速度: 206km/h ● 0-100km/h加速: 9.3秒 ● 燃費(ディーゼル): 18.5km/ℓ ● CO2排出量: 141g/km ● 価格: 39,382ユーロ(約500万円)より
ワンポイントアドバイス: アウディQ3アドバンスド35 TDI Sトロニック。デュアルクラッチは、トルクコンバータオートマチックトランスミッションとほぼ同じようにスムーズにシフトする。前輪駆動モデルで2,000ユーロ(約25万円)を節約できる。
アウディに追加された新顔。クーペSUVなのでスペースユーティリティはそこそこだが、2人程度でのパーソナルユースであれば、これで困ることはない。
Photo: Olaf Itrich / AUTO BILD

第5位: VW T-Cross(2020年登録台数19,181台)

テクニカルデータ: VW T-クロス
● エンジン: 3気筒、ターボ、フロント横置き ● 排気量: 999cc ● 最高出力: 110PS@5000rpm ● 最大システムトルク: 200Nm@2000rpm ● 駆動方式: 前輪駆動、6速MT ● 全長×全幅×全高: 4108×1760×1584mm • 乾燥重量: 1277kg ●ラゲッジコンパートメント容量: 455~1281リットル ● 最高速度: 189km/h ● 0-100km/h加速: 10.4秒 ● 燃費: 17.2km/ℓ ● CO2排出量: 131g/ℓ ● 価格: 22,318ユーロ(約283万円)より
ワンポイントアドバイス: VW T-クロス1.0 TSIライフ。VWの最小SUVはドライブにも適し、3気筒エンジンは適切で、便利な装備が備わっている。これらすべてがリーズナブルな価格で提供されている。
VWポロをベースに開発された、扱いやすいサイズの一台。お買い得感のある価格と、日本でも扱いやすいサイズで人気上々の1台だ。
Photo: Olaf Itrich / AUTO BILD

第4位: BMW X1(2020年登録台数19,465台)

テクニカルデータ: BMW X1
● エンジン: 4気筒、ターボ、フロント横置き ● 排気量: 1995cc ● 最高出力: 150PS@4000rpm ● 最大トルク: 350Nm@1750rpm ● 駆動方式: 前輪駆動、8速AT ● 全長×全幅×全高: 4439×1821×1598mm • 乾燥重量: 1615kg ● トランク容量: 505~1550リットル ● 最高速度: 205km/h ● 0-100km/h加速: 9.4秒 ● 燃費(ディーゼル): 18.8km/ℓ ● CO2排出量: 139g/ℓ ● 価格: 36,701ユーロ(約466万円)より
ワンポイントアドバイス: BMW X1 sDrive 18dステップトロニック。150馬力のディーゼル、前輪駆動、オートマチックトランスミッション、そして広々としたスペースと実用的なディテールを備えたX1は、成熟したオールラウンダーだ。
X3ほどのスペースユーティリティはないものの、ちょうどよいサイズ感で日本でも人気のX1。バランスよく、日々の買い物などでも持て余さないサイズというのはこれくらいだと思う。
Photo: Olaf Itrich / AUTO BILD

第3位: メルセデスGLC(2020年登録台数28,266台)

テクニカルデータ: メルセデスGLC 350d
● エンジン: 4気筒、ターボ、フロント縦置き ● 排気量: 1950cc ● 最高出力: 194PS@3800rpm ● 最大トルク: 400Nm@1600rpm ● 駆動方式: 全輪駆動、9速AT •全長×全幅×全高: 4658×1890×1644mm ● 乾燥重量: 1835kg ● トランク容量: 550~1600リットル ● 0-100km/h加速: 7.9秒 ● 最高速度: 215km/h ● 平均燃費(ディーゼル): 17.2km/ℓ ● CO2排出量: 153g/km ● 価格: 49,225ユーロ(約625万円)より
ワンポイントアドバイス: メルセデスGLC 220d 4MATIC。高い成熟度、優れた快適性、徹底的に上品で、それこそが上質なSUVのあるべき姿だ。
適度に大柄で快適なメルセデスベンツの中型SUV。とはいっても十分に大きく立派なサイズと値段。性能や装備など、内容としては文句なしの一台である。
Photo: Olaf Itrich / AUTO BILD

第2位: VW T-Roc(2020年登録台数34,568台)

テクニカルデータ: VW T-ロック
● エンジン: 3気筒、ターボ、フロント横置き ● 排気量: 999cc ● 最高出力: 115PS@5000rpm ● 最大システムトルク: 200Nm@2000rpm ● 駆動方式: 前輪駆動、6速MT ● 全長×全幅×全高: 4234×1819×1575mm • 乾燥重量: 1297kg ● ラゲッジコンパートメント容量: 455~1290リットル ● 最高速度: 187km/h ● 0-100km/h加速: 10.1秒 ● 燃費: 16.9km/ℓ ● CO2排出量: 134g/ℓ ● 価格: 23,975ユーロ(約304万円)より
ワンポイントアドバイス: VW T-ロック スタイル1.0 TSI。1.5 TSIは、1.0 TSIより、ほぼ2,600ユーロ(約33万円)高くなる。パワフルな3気筒エンジンは十分なパワーを持ち、燃費も良い。
名前が似通っていて損をしているが、Tクロスより上級なのがこちらのTロック。全体的な完成度ではこちらのほうが上、というのが通説である。
Photo: Olaf Itrich / AUTO BILD

第1位: VWティグアン(2020年登録台数45,733台)

テクニカルデータ: VWティグアン
● エンジン: 4気筒、ターボディーゼル、フロント横置き ● 排気量: 1968cc ● 最高出力: 115PS@3500~4000rpm ● 最大システムトルク: 360Nm@1600~2750rpm ● 駆動方式: 前輪駆動、6速MTまたは7速DSG ● 全長×全幅×全高: 4509×1859×1675mm • 乾燥重量: 1640kg ● ラゲッジコンパートメント容量: 615~1655リットル ● 最高速度: 200km/h ● 0-100km/h加速: 9.6秒 ● 燃費(ディーゼル): 21.2km/ℓ ● CO2排出量: 124g/ℓ ● 価格: 36,545ユーロ(約464万円)より
ワンポイントアドバイス: VWティグアン ライフ2.0 TDI。今やVWのベストセラーモデル、VWティグアンの150馬力モデルのベース価格は36,545ユーロ(約464万円)だが、スペアホイールが297ユーロ(約3万7千円)、App-Connectが219ユーロ(約2万7千円)、フォグランプ一体型フルLEDライティングが1,218 ユーロ(約15万円)の追加となる。
今回の一位はVWティグアンとなった。ラインナップで一番上なだけに、装備も快適性も圧倒的に高い。飾りすぎず、さらっと実用本位に使うにはシンプルで好感の持てるデザインも好印象だ。
Photo: Olaf Itrich / AUTO BILD

Text: Dirk Branke, Stefan Novitski, Jonas Uhlig
加筆:大林晃平
Photo: Olaf Itrich / AUTO BILD