【動画で見る】リアアクスルステアリング メルセデス・ベンツ四輪操舵システム

226

Sクラスには、オプションで四輪操舵システム「リアアクスルステアリング」が設定される。
このシステムは60km/h以下で逆位相に最大10度ステアリングが切られ、60km/hを越えると走行安定性を高めるよう同位相へと変化する。
わかりやすく言うと、リアタイヤの向きをフロントタイヤとは逆向きに最大で10度回転させるシステムだ。
これにより、最小回転直径(日本の最小回転半径とは計測方法が違う)2m近くも小さくなり、10.5mを実現する。
なんと、コンパクトハッチバックであるAクラス(11.0m)より50㎝も小さいのだ。