トヨタ中間決算 異例の社長出席 トヨタイムズより抜粋

80

11月6日、2021年3月期 第2四半期 決算説明会(いわゆる中間決算)に社長の豊田章男の姿があった。

実はこの“中間決算”に豊田社長が出るのは初めてのことだ。トヨタの社長が年度の途中で決算説明会に出るのも2002年以来。これまでは、経理担当の役員が会見に臨んできており、今回の社長出席は“異例”とも言えるものだった。

会見では、早々に「中間決算に初めて出席した理由を教えてほしい」という質問がなされ、豊田社長はこう答えた。

豊田社長

コロナ危機という「有事」であるということで出席しております。特に有事の際は、「仕事」で貢献することが大切だと思っております。皆が仕事をすることによって、雇用を守り、利益をあげ、そして、税金を納める。これが国家を支える基幹産業としての役割・責任だと考えています。また自動車産業は非常に波及効果の大きな産業で、私たちが仕事をし続けることが、関係の産業を元気にすることにつながると考えております。

当初、通期で見通しを出した時の想いにも通ずるのですが、基準となる計画に対して、本当に、仕入先、販売店、従業員が頑張って、「何かもっといい方法はないか」「もっと皆を元気にできないか」「我々ができることはまだあるのではないか」と前を向いて頑張ってくれている人たちに、この決算発表で感謝を伝えたかったと思います。

今もコロナ危機と闘い、苦しみに耐えながら、懸命に生き抜こうと努力されている方がたくさんいることは存じ上げております。まだまだ中間、折り返し地点ではありますが、何とか皆でこの後、第3、4クォーターも頑張っていくという決意をこの場でお伝えしたかったということもございます。

【豊田社長は有事に何を考えたのか? どんな言葉で感謝と決意を伝えたのか? 会見で語られたメッセージ動画】