【F1から撤退】つらい ついにホンダ F1から撤退 その歴史を振り返る 

55
NORTHAMPTON, ENGLAND - JULY 30: Honda branding is seen on the Red Bull Racing RB16 during previews ahead of the F1 Grand Prix of Great Britain at Silverstone on July 30, 2020 in Northampton, England. (Photo by Mark Thompson/Getty Images)

フォーミュラー1: ホンダ撤退 とうとうその日がやってきた 2050年に向けてCO2ゼロに注力

F1界に衝撃!
ホンダは2021年シーズンを最後にF1から完全撤退することを正式に発表した。

©Red Bull Content Pool

1962年、本田宗一郎は、四輪事業への進出を発表する。
同じ年、四輪事業も始まらない時期に、世界に名だたる鈴鹿サーキットを建設。
1963年、自社のマシンの参戦なしに、鈴鹿で日本GPを開催。
1964年、ホンダは、その実態はまだ2輪メーカーであったが、F1に果敢(無謀)にも挑戦する。しかもシャシーからエンジンまですべて自前で製作し、フルワークス体制で、フェラーリやロータスといった競合に立ち向かったのだ。
1964年8月2日、ホンダにとってF1初戦は、ニュルブルクリンクでおこなわれたドイツGPだった。
そして、約1年後の、1965年のメキシコGPで、F1初勝利を挙げるという快挙を達成する。
1983年から1992年までの10年間、エンジンサプライヤーとしての黄金期。
ネルソンピケ、アイルトンセナ、アランプロストといった伝説のF1レーサーがホンダのF1エンジンを搭載したマシンを駆って、F1チャンピオンに輝いた。
そしてついにその日が来る。
まさにホンダは、60年間にわたって、日本のクルマ少年たちの憧れであり続けた。
本当に長い間ありがとうホンダ。
最後の1年、がんばって、有終の美を飾って、我々日本人を勇気づけて!

フォーミュラー1: 我々の選んだF1史上もっとも重要なメーカー×20

フェラーリ(983レース):
イタリア人は、これまでの世界選手権1018戦のうち983戦に参加している。このうち、フェラーリは239勝、229回のポールポジション、15度のドライバーズタイトルと16度のコンストラクターズタイトル、259度の最速ラップ、776回の表彰台、78,491kmという走行距離を記録している。
1981年以降、フェラーリのエンジンを搭載したドライバーが少なくとも1シーズンに1度は表彰台に上っていることは、これまでのシリーズ最長の38年間に及ぶ。
1993年から2013年まで、フェラーリは20年連続の勝利を収めており、これもまた記録となっている。
Photo: Manufacturer
ルノー(640レース):
フランス人は1976年にF1にターボチャージャー付きエンジンを導入し、ワークスチームやエンジンサプライヤーとして何度も参戦してきた。
初の世界選手権タイトルは1992年にナイジェル マンセル(ウィリアムズ ルノー)が獲得し、2006年のフェルナンド アロンソがタイトル獲得の最後となった。
ルノーはまた、F1世界選手権がなかった1906年にフランスで開催された史上初のグランプリで優勝したブランドでもある。
Photo: Picture-alliance
フォード コスワース(574レース):
特に1970年代はコスワースのエンジンを搭載したマシンが多く、1973年には全レースで表彰台を獲得するという快挙を成し遂げた。
過去に300人という数のドライバーがフォード コスワース製エンジンを使用している。
比較のために、フェラーリは125人のドライバーで2位だ。
コスワースの記録は他にもある。
コンストラクターズタイトル7連覇(1968年~1974年)、ワンツーフィニッシュでの勝利108回、フォード コスワースのドライバーが完全に占有した表彰台77回、ハットトリック90回(優勝、ポールポジション、ファステストラップ)、22レース連続勝利(1972年オーストリア~1974年南アフリカ)。
Photo: Picture-alliance
メルセデス(480レース):
現在の最強王者、メルセデスもたくさんの誇るべき記録を樹立している。
連続で1シーズン最も多くの勝利(2016年に19勝)、ほとんどの世界選手権ポイントの合計(10376)。
言うまでもなくメルセデスは、過去4年間連続でF1チャンピオンを獲得しており、今年もほぼ独走態勢だ。
Photo: Manufacturer
ホンダ(442レース):
日本人は現在までに、世界選手権で442戦を戦っている。
近年、彼らは信頼性の問題や馬力不足によって不信感を持たれているが、ホンダはF1でも非常に成功した年があった:1988年から1992年まで、ホンダはマクラーレンとともに世界選手権を意のままに支配した。
2019年には、ホンダはレッドブルとともに勝利への道を取り戻した。
Photo: Picture-alliance
BMW(270レース):
ミュンヘンの自動車メーカーであるBMWは、経済危機の影響で2009年末にF1から撤退した。
BMWはすでに1980年代に関与していたし、1983年にはネルソン ピケに、F1 GP史上初のターボチャンピオンを提供した。
50年代に散発的に行われたエントリーは、プライベートドライバーによるものであり、メーカーとしてのものではなかった。
Photo: Manufacturer
アルファロメオ(214レース):
初代ワールドチャンピオン。
ジュゼッペ ファリーナ 1950年 – アルファロメオのためにドライブしたイタリア人。
アルファロメオは1987年にオセッラ(Osella)チームへのエンジンサプライヤーとして最後に関わった。
2017年、アルファロメオはザウバーのタイトルスポンサーとしてF1に復帰。
2019年以来、ザウバーのチームは、アルファロメオと呼ばれることさえある。
Photo: Manufacturer
トヨタ(140レース):
2002年から2009年までのF1プロジェクトは悲劇(大失敗)だった。
巨大な予算を投入したにもかかわらず、一度も勝利を手にすることができなかった。
噂によると、2010年シーズンには本当に速いマシンが出てくるはずだったが、経済危機の影響で日本人はF1から撤退した。
Photo: Picture-alliance
マトラ(125レース):
マトラは1960年代を代表するワークスチームで、1969年にはジャッキー スチュワートとともに世界選手権のタイトルを獲得したこともある。
しかし、70年代に入ると、フォード コスワースのエンジンが轟音とともに後ろから激しく迫って来ていて、その地位を脅かし始めていた。
その後、マトラはエンジンビルダーとして、1976年から1982年までリジエに在籍していた(中断時期含む)。
Photo: Picture-alliance
ヤマハ(116レース):
実際には、日本人は彼らのオートバイで世界に最もよく知られている。
しかし、1990年代には、ヤマハは、F1界でも世界に知られたいと思っていた。
ブダペストでアローズ ヤマハのデイモン ヒルがレース終了直前に故障に見舞われ、2位に後退したとき以来、勝利はほぼ見過ごせないものとなった。
Photo: Picture-alliance
プジョー(115レース):
実は、当時プジョーのレースディレクターを務めていたジャン トッドは、1993年に自分のワークスチームを率いてF1に参戦したいと考えていた。
しかし、プジョーはエンジンを作ることだけに専念した。
だが、マクラーレンも、ジョーダンも、プロストも、活躍することはなかった。
特に4度のF1世界チャンピオンに輝いたアラン プロストは、プジョーと一緒にフランス代表チームを結成したいと考えていたが、不幸にも最後までプジョーとの信頼関係を築けなかった。
Photo: Picture-alliance
マセラティ(108レース):
マセラティ250Fは、長年にわたってプライベートドライバーが使用していたことから、F1史上最も伝説的なマシンの一つとされている。
マセラティ自身はファン マニュエル ファンジオとともに、2度世界選手権のタイトルを獲得したが、1959年シーズンを前にF1から撤退した。
Photo: Picture-alliance
ポルシェ(103レース):
ポルシェは過去にF1にも幾度となく関わってきた。
60年代にはワークスチームとして、80年代にはマクラーレンのエンジンメーカーとして成功を収めた。
1984年のニキ ラウダとその後の2年間のアラン プロストは、ポルシェのために3つの世界選手権タイトルを獲得した。
しかい、最後のプログラムは非常に残念なもので、アロウズ ポルシェは、1991年のシーズンを終えることすらできなかった。
Photo: Manufacturer
ランボルギーニ(80レース):
現在ではフォルクスワーゲングループの一員となったイタリア人だが、1989年から1993年までは、様々なミッドフィールドチームのエンジンサプライヤーとして参加していた。
1991年にはランボルギーニのファクトリープロジェクトまであったが、残念ながら、骨抜きにされてしまった。
32回の挑戦のうち6回、ランボルギーニは予選のハードルを越えただけで、ニコラ ラリーニのアメリカGPでの7位が最高の成績だった。
1994年にマクラーレンとの契約が失敗し、ランボルギーニはF1から撤退した。
Photo: Picture-alliance
ゴルディーニ(40レース):
1950年代を中心に活躍したフランスのブランド。
しかし、1950年から1956年までの間に2回以上の表彰台獲得はなかった。
その間にゴルディーニはルノーグループの一員となった。
Photo: Picture-alliance
レプコ(33レース):
1966年に3リッターフォーミュラが導入されたとき、市場にはエンジンサプライヤーがあまりにも少なかった。
ジャック ブラバムはこの状況にいち早く気づき、オーストラリアのレプコ社にエンジンを製作してもらった。
彼は瞬く間に世界チャンピオンとなった。
デニー ハルムも1967年にこの偉業を成し遂げている。
Photo: Picture-alliance
アストンマーティン(5レース):
2018年、アストンマーティンはレッドブルのタイトルスポンサーとしてF1に復帰。
1959年、イギリスのメーカーは、ルマン24時間レースで優勝した後、1年間F1に参加していた。
しかし、彼らは実質的な成功を収めることはできなかった。
Photo: Picture-alliance
ランチア(4レース):
1954年後半にイタリア人はF1に参戦。
しかし、GP計画はランチアにとってあまりにも財政的な負担が大きかった。
それでも1955年、ランチアはフェラーリに車と素材を売却。
1956年、ファン マニュエル ファンジオはフェラーリとランチアのツインカーで、世界チャンピオンになった。
Photo: Picture-alliance
ジャガー(1レース):
ジャガーは2000年から2004年までF1にファクトリーチームを提供していたが、その後、フォード コスワースのエンジンはリアに眠ったままになってしまった。
しかし、グランプリでは、スタート時にジャガーのエンジンもあった。
モンツァ1950年。
クレメンテ ビオンデッティは、フェラーリのスポーツカーにジャガーのエンジンを搭載し、このフェラーリ ジャガー ビオンデッティ スペシャルでイタリアGPを運転したが、レース途中でリタイアを余儀なくされた – エンジンの故障で。
Photo: Picture-alliance
ブガッティ(1レース):
1920年代、ブガッティはグランプリレースにおける卓越したブランドだった。
ブガッティはフランスやモナコで最も重要なグランプリを制覇しただけでなく、様々なプライベートドライバーがブガッティの車を駆ってレースで活躍した。
しかし、1950年に世界選手権が導入されて以来、ブガッティが参戦したのは1956年のフランスGPの1回だけだった。
モーリス トランティニャンは早々にレースから脱落し、マシンは競争力を欠き、プロジェクトは早々に終了した。
Photo: Picture-alliance

Text: Ralf Bach