【新着情報】テスト 最強の462馬力トゥアレグ登場! VWトゥアレグR 初試乗 その評価は?

144

VWトゥアレグR(2020): テスト、プラグインハイブリッド、価格、積載量

462馬力を持つパワフルなVWトゥアレグRプラグインハイブリッドの動力性能は? トゥアレグの新型トップモデルは、VW史上最強のRモデル&初のeサポート付きSUVとなった。我々は早速462馬力のSUVを試乗してみた!

VWトゥアレグRはトップモデルにふさわしく、ガソリンエンジンと電動モーターで合わせて462馬力を発揮する。
しかし、数字は真実の半分しか明らかにしていない。
優れた推進力に加えて、トゥアレグ「R」としてのトゥアレグは、より多くの装備と長距離の快適さの多くの人々を感動させたいと思っている。
SUVは、その控えめで威厳のあるキャラクターを保持しながらも、コーナリングダイナミクスは、研ぎ澄まされたものだろうか。
VWはこれらのことに成功しているかどうか、我々は今、試してみたい。

ドアを開けて乗り込む。
室内には、これが最も強力なモデルであることを示唆するものはほとんどない。
ブルーの装飾縫い目、アルミペダル、いくつかのRロゴ、より強力なステアリングホイール、だけである。
VWは、Rに、パノラマルーフ、4ゾーンオートエアコン、フロントにコンフォートシートを提供している。

VWは47キロの電動航続距離を約束

ダッシュボードを支配するのは、12インチ(デジタルコックピット)と15インチ(インフォテイメント)の巨大な2つの標準装備のスクリーンだ。
大型ディスプレイでは、「エコ」、「コンフォート」、「ノーマル」、「スポーツ」の4つの走行モードを操作できる。
まずは「コンフォート」でスタート。
トゥアレグRは静かに始動し、可能な限り燃焼エンジンは停止したままだ。
VWによれば、トゥアレグRは、純粋に電動のみで47kmという航続距離をカバーできるとする。
そしてVWは、トゥアレグRを主に長距離走行を想定して設計しているとのことなので、まずは高速道路を走ってみる。

Rも典型的なトゥアレグで、静かで快適。素材とワークマンシップは一級品だ。

100kW(136PS)の電動モーターは、SUVを135km/hまで加速させる。
その上で、V6ツインターボエンジンがガソリンを適切に使用してサポートする。
462馬力のシステムパワーは、全輪駆動車を時速250キロまで押し上げる。

V6と電動モーターの調和

燃焼エンジンと電動機は見事に連動している。
ガソリンエンジンが始動したことを示す痙攣はなく、レブリブカウンターの興奮と、加速時の遠くのうなり音だけだ。
そしてその推進力たるや、驚くほど強烈なものだ。
トランスミッションの電動モーターが、ペダルを踏み込んでから加速するまでの間の時間、つまりターボチャージャーが圧力を蓄えてトランスミッションがシフトダウンする時間の橋渡しをしている。
中間加速も同様だ。
700Nmのトルクは通常、加速前の慌ただしいシフトダウンを不要にし、トゥアレグRのリラックスしたドライビング体験をさらに高めている。
このような背景の中で、残念ながら目立つ欠陥が1つだけある。
それは、8速オートマチックトランスミッションが、一度にいくつかのギアをシフトダウンしなければならない場合、大きくシフトショックがあることだ。
これは改善可能なので、ぜひ改善してほしい。

リアでは、暗くなったライトと中央のロゴだけで、トゥアレグがRだとわかるようになっている。

スポーツモードは車を緊張させる

高速道路を降りて、カントリーロードを走り、スポーツモードに入れる。
ステアリングが少し重くなり、デュアルチャンバーエアサスペンションは少し硬くなる。
しかし、22インチのホイールにもかかわらず、十分以上の快適さは失われていない。
スペースが足りないため、ハイブリッドでは全輪ステアリングやロール補正などの機能は利用できないものの、Rは非常にうまくカーブを描く。
しかし、2.5トンの無負荷重量は、スポーツモードでも隠すことはできない。
一般的に、スポーティな設定は、トゥアレグRの主権の一部を奪ってしまう。
加速後にアクセルを離すと、トランスミッションはエンジン回転数を非常に長い間高く保ち、その後、より高いギアを選択する。
これは、スポーツモードであっても、運転体験に余計な緊張感を追加する。
したがって、ノーマル、コンフォート、エコのいずれかのモードにとどまっていたほうが、このクルマにはずっと適している。
我々は覚えている: トゥアレグRはスポーツカーではありません(By VW)。

R用のホイールは基本が20インチで、22インチまでのホイールが用意されている。大きなサイズのホイールでも十分なサスペンションの快適さを備えている。

それはルックスからも明らかだ

レギュラーモデルのトゥアレグとRモデルを見分けるには、よく見ないとわからない。
エプロンやフェンダーエクステンションはR-Lineと変わらない。
Rとしては、ブラックのトリムパーツを装着したオプティクスパッケージが標準装備されているが、R-Lineには別料金で用意されている。
唯一の実質的な違いは、新デザインのRロゴ、20~22インチの特別なホイール、暗くなったテールライト、そして希望すれば選べる「ラピズブルー」のボディカラーペイントだ。
3.5トンの牽引力
トゥアレグはRでもちゃんと実用的な面も失っていない。
トゥアレグはオフロード走行ができ、トレーラーとして3.5トンまで引っ張ることができる。
トランク容量は610リットルと、わずかに縮小しているものの、これは2番目の積載床が小さくなったためだ。
トゥアレグRの受注開始は2020年10月1日。
しかし、購入を望むのであれば、預金残高を調べるか、銀行と相談しなければならないだろう。
スタート価格は71,110ユーロ(約888万円)だ。
ちなみに、Rにはトゥアレグ eハイブリッド(eHybrid)という双子の兄弟がいる。
ほぼ同じテクノロジー、381 馬力の低システム出力で、Rよりも12,000ユーロ(約150万円)安いエントリー価格となっている。

Rには、それ以外のオプションのオプティクスパッケージに、光沢のあるブラックのトリムパーツが標準で搭載されている。

このトゥアレグはどこかのチューナーが手掛けた高性能モデル、ではなく、普通にメーカーが用意して発売するモデルである。

今やあのフォルクスワーゲンが、こんな大きなSUVをカタログモデルで作り、500馬力近いパワーと700Nmものトルク、そしてなんだかんだで、1000万円近い価格を持つ、ということにはちょっとびっくりするが、フォルクスワーゲンのラインナップの中には、こういうとびぬけたモデルも必要なのだろうと理解せざるを得ない。

フォルクスワーゲン トゥアレグと言えば、そこそこのパワーで(できればディーゼルエンジンユニットで)、荷物満載で、楽しく家族ドライブかオヤジキャンプ、みたいな穏やかな車だと思っていたのに、いつの間にか、こんな大迫力のSUVを用意するような時代になっていた。
さらに驚くべきことには、タイアサイズの中には22インチまで用意されていることで、いくらなんでも22インチのタイヤが(くどいようだが)、フォルクスワーゲンのSUVに用意されるような時代が来るとはなんともびっくりだ。
こんなパツンパツンの22インチタイア、スタッドレスタイヤの準備はどうなっているのだろう、とも思うし、交換の際にはVWゴルフかUP!の中古車1台くらいのコストがかかりそうなのがなんとも怖い。
「フォルクスなワーゲン」じゃあもはやなくなったのだと痛感すると同時に、どこまでSUVは大きくハイパフォーマンスで、タイヤのサイズが大きくなっていくのだろうと思ってしまう。

テクニカルデータ: VWトゥアレグRプラグインハイブリッド
● エンジン: V6ターボガソリンエンジン+電動モーター ● システム最高出力: 340kW(462PS) ● 最大トルク: 700Nm ● 駆動方式: 全輪駆動、8速AT ● 0-100km/h加速: 5.1秒 ● 最高速度: 250km/h ● 燃費: 34.34km/ℓ ● 電動航続距離: 47km ● ラゲッジコンパートメント容量: 610リットル ● 牽引能力: 3.5トン ● 価格: 71,110ユーロ(約888万円) ● 市場ローンチ時期: 2020年10月

結論:
リアにRの文字を備えたトゥアレグは、実用的なメリット、たくさんのパワー、日常使いに適した電動航続距離など、全体的にまとまりのあるパッケージとなっている。
ドライブ中のe-サポートもまた、自信に満ち溢れた、無感動のドライビング体験に大きな役割を果たしている。
その他にも、横方向のダイナミクスも優れていて、トゥアレグRは長距離のための強力なグライダーとしても説得力を持っている。
唯一、トランスミッションのチューニングは、残念ながら説得力があるとは言えない。
また価格に関してもそれなりの投資が必要な金額である。

Text: Moritz Doka
加筆:大林晃平
Photo: Volkswagen AG