【新着情報】兄弟対決 エンジンモデル対EV DS3クロスバックとDS3クロスバックE-テンスはどっちがいいの?

80

DS 3クロスバック対DS 3クロスバックE-テンス: ガソリン対電気駆動

いよいよEVとガソリンエンジンモデルを「普通に」に比べる時代となった。
DS 3クロスバックなら電動バージョンの方が良い。シトロエンの高級車ブランド、DSも、電動クロスバックを「E-テンス(E-Tense)」としてラインナップしている、そして我々の比較では、内燃機関を搭載した兄弟車よりも優れている。

シトロエンの高級車ブランド、DSオートモービルズは、内燃機関モデルの「DS 3クロスバック ピュアテック」の兄弟モデルとして、フルEVの「E-テンス」を投入した。
贅沢な金属製のボディワークのうち、CMPプラットフォームは、オペルやプジョーと共用しているものだ。
数字で見ると、内燃機関モデルは、130馬力と8速コンバーターを備えた1.5リッター3気筒を備え持つ。
一方で、EVのDS 3クロスバックE-テンスは、50kWhのバッテリーと11kWのオンボード充電器で、136馬力と320キロの航続距離という性能を備える。

DS 3クロスバックE-テンスはよりリラックスした車だ

オペル コルサとは対照的に、ガソリンエンジンはやや抑制されており、風切り音やローリングノイズはほとんど気にならない。
結論的には、DS 3クロスバックE-テンスは、遮音性は非常に良好で、コンパクトクラスの通常レベルを明らかに上回っている。
1つだけ問題なのは、オートマチックトルクコンバーターが部分的に不安定な動作を見せることだ。
シフトアップは一般的に十分に速いが電子機器はその後、ギアシフトの一時停止が長すぎるか、起動が速すぎたり、遅すぎたり、動きの遅いトラフィックでは粗すぎたりすることが多い。なので、代わりに、間違いなく、心地よくシフトチェンジできる6速マニュアルトランスミッションを使用することをお勧めする。
主観的には、E-テンスの方がはるかに優れており、安全でないギアの変更はなく、シームレスな推進力がとても好もしい。
優れた音響効果と連動して、乗客はお互いにささやきあうことができる。
一方、シャーシは、道路を離れて揺れることなく、伝統的なフランスの落ち着きを印象づけている。

DS 3クロスバックは快適にチューニングされているだけでなく、E-テンスバージョンは、ささやくように静かだ。

同じプラットフォーム、同じコンセプト。
オペル コルサ-eと同じように、クロスバックE-テンスは、ガソリンエンジンモデルに比べて、スペースの面で優位性を生み出すことができない。
後部座席とトランク(350~1052リットル)は恐ろしく小さくなる。
一方で、素材感や仕上がりの良さは、ほとんどのところでマッチしている。
2台の間の価格差は、ほぼ6000ユーロで、その点ではガソリンエンジンエンジンのほうがリーズナブルなのだが、環境ボーナス分を差し引けば、Eテンスの勝利となる。

テクニカルデータ: DS 3クロスバック ピュアテック 130
● エンジン: 3気筒ターボ、フロント横置き ● 排気量: 1199cc ● 最高出力: 130PS ● 最大トルク: 230Nm@1750rpm ● 駆動方式: 前輪駆動、8速AT ● 全長×全幅×全高: 4118×1791×1534mm • 乾燥重量: 1280kg ● 燃費: 20.4km/ℓ ● 価格: 31,719ユーロ(約396万円)より

テクニカルデータ: DS 3クロスバック E-テンス
● エンジン: 永久磁石式電動モーター、フロント ● バッテリーサイズ: 50kWh ● 最高出力: 100kW(136PS) ● 最大トルク: 260Nm ● 駆動方式: 前輪駆動、固定ギアレシオオートマチック ● 全長×全幅×全高: 4118×1791×1534mm • 乾燥重量: 1600kg ● 燃費: 18.3kWh ● 価格: 37,442ユーロ(約468万円)より ● EV購入助成金: 9,480ユーロ(約118万円)

結論:
スタイリッシュなDSの兄弟車については、オペルコルサ同様に、最終的には同じことが言える。
良いプラットフォーム、優れた技術、そして丸い全体的なパッケージ。
主に市街地での使用なら、内燃機関モデルは、不要となる。
しかし、Eテンスの基本価格は、DSとしては非常に高価であり、プレミアムなしでの価格は少し高すぎる。
環境保護助成金が頼みの綱だ。

いよいよEVと内燃機関車を同じ土俵で比較テストする時代となった。
そして今回のレポートでは驚くことに、EVモデルの勝ちとなったことは、大変興味深い。ついにそんな時代になったと思うべきか、なんだか感慨深いものがある。
DS 3を一言で言えば、お洒落でちょっとだけSUV風のハッチバックモデルというクルマだが、その内装や外装、そして全体的な性格がEVにあっていたのではないか、とも思う。同じようにこれは電動モデルのほうがいいかな、と思っていた車には「スマート」などもあり、あのシティコミューターの性格のクルマはEVのほうが適しているだろう、と思うと同時に、ギクシャクしたトランスミッションなどを考えると、おそらくよっぽどなめらかに走ることができるであろうEVモデルのほうが良いのではないか、と思ったからである。

DS 3の内燃機関のモデルの完成度が低いとは言えないが、全体の雰囲気や、いまひとつ洗練されているとは言えないトランスミッションのことを考えると、EVのほうがその性格に適合するようなモデル、という評価となったのではないか、とも考えることができよう。
まだまだ価格などの面ではEVのほうが劣勢な面はもちろんあるが、これからはEVと内燃機関を同じ土俵で天秤に乗せて悩む時代が、もうすぐそこまで来ているような気もする。いつまでも内燃機関のエンジンに固執する気はないが、EVにもエネルギー問題はもちろん内包しているし、単純に環境に良いとは言えないことは言うまでもない。なんとも悩ましい時代になったものである。

Photo: Tom Salt / AUTO BILD
加筆:大林晃平