【動画付き】超クールな動画付き 豪華で豪奢な最高級キャンピングカー iSmove 6.9 E 理想のモーターホーム

1080
NIESMANN+BISCHOFF - iSmove

iSmove 6.9 E: ハイクラス ラグジュアリー モーターホーム

3.5 トンクラスのモーターホームはどれほど快適なのだろうか? 新型の「iSmove」でそれを検証する

一番いいのは、言うまでもなく、すべてがフィットしたときだ。
理想的なモーターホームは、外見は短くて便利で、俊敏で運転しやすいものでなければならない。
しかし、車内では、生活するときも、料理をするときも、寝るときも、狭くなってはいけない。
そして、非常に重要なことは、夢のモーターホームは3.5トンの制限を超えてはならない(EU内では)ということだ。
なぜなら、3.5トン以内なら、通常の乗用車の運転免許証で十分だからだ。
重量の重いモーターホームにすぐに適用される迷惑な速度制限も、海外での運転・追い越し禁止や高額な通行料も適用されない。

その結果、「iSmove 6.9 E」の体重計に表示されている数字は極めて印象的だ。
このサイズのモーターホームでありながら、2,840キロという比較的軽い重量で、すぐにでも運転できる状態だ。設計開発者たちは、巧みにモーターホームを最適化することにより、品質を落とすことなく約300kgの削減を実現した。

新型ニースマン+ビショフ「iSmove」。3.5トン以内クラスのプレミアムな驚きの数々。
車内は高貴な感じで、品質も高い。3.5トン以内トラックにしては、「iSmove」は驚くほど広々としている。

スペースこそが真の贅沢であり、これまでコンパクトクラスでは中途半端な妥協が目立っていたように思われる。
このことが、モーターホームメーカー、ニースマン+ビショフの開発者たちを行動に駆り立てた。
彼らは、そのための大きな一歩は根本的なカットでしか達成できないと感じていた。
彼らの目標は唯かつ明確だった:3.5トン以下のプレミアムモーターホーム。
そして今、新型「iSmove」は、苦難の末彼らがその目標を達成したことを証明している。
古いルールを破る革新的なモーターホームは、して、ほとんどのことを異なる方法で行うだけでなく、より優れた方法で行うことができる。

新しいレベルの空間

真のコンパクトモーターホームとして、「iSmove 6.9 E」のサイズは外寸で7メートル弱。その上で車内にこれだけの大きさを備え持つのは、多くの工夫の賜物だ。

「私たちにとって最も重要なことは、コンパクトな車両で素晴らしい空間感を生み出すことでした」と、開発者たちは語る。
「iSmove」を外から見れば、それがどれほどコンパクトで機敏であるかをすぐに認識できる。
その上、車内では、絶対的なプレミアムレベルの品質だけでなく、モーターホームでこれまでに見たことのないインテリアデザインでも評価されている。
自由な視線と静かなラインは、他に類を見ないほどの空間感を提供する。

オプションとして注文できるプレミアムキッチンは、「iSmove」がどれほど巧妙に考え出されているかを示している。
不要になったときに、非常に小さくなるが、調理時には2つの引き出しを使用して作業面を拡張し、広々としたコーナーキッチンを作成できるようになっている。
さらに、ボタンを押すだけで棚を上げて、調理エリアを寝室から切り離すことができる。
もう1つのハイライトは、「iSmove」用に特別に開発されたコンプレッサー技術を搭載した冷蔵引き出しだ。さまざまなサイズの容器を取り付けることができるようになっている。

「iSmove」のプレミアムキッチン:最小限のスペースで最大限の楽しみ

バスルームにも大きな変化がある。
簡単な可動式の壁のおかげで、部屋は数秒で豪華な寸法のシャワールームに変身する。ホイールアーチでさえ邪魔にならないし、迷惑なカーテンや折りたたみドアも必要ない。

「iSmove」が追加で提供している回転シートもスマートだ。
乗客が進行方向に座っている間、ベンチは簡単なステップで回転させることができ、広々としたコミュニケーションのとれた対面式ラウンジを作ることができる。
そこでは、ゆったりと向かい合って座ることができるようになっている。

ちなみに、「iSmove」は夜も広々としたスペースを確保している。
後部のベッドは2メートルの長さがあり、スライドドアと伸縮式の棚がプライバシーを確保している。
フロントエリアには、ニースマン+ビショフ社がすでに特許を申請している斬新なスリムデザインのリフトベッドが要望に応じて用意されている。それは、使用していないときは、天井にスムーズに溶け込み、ほとんど目立たないようになっている。

とても違う、とてもモダン

キャンピングカーの世界では、今日の建築雑誌で見られるほど、洗練されたデザインを考える勇気がないことがよくある。「iSmove」はこのことにあえてチャレンジした。

「iSmove」は、スペースの感覚だけでなく、新しい次元をも提供する。

ニースマン+ビショフのデザイナーは、車内の雰囲気が証明するように、あえて新しいことに挑戦している。
暗い無煙炭色の天井が頭の上に広がり、本物の木の家具の表面と組み合わせると、非常に高貴でありながらモダンに見える。
壁のクラッディング(被覆材)もこれに貢献している。「iSmove」は、灰色のまだらなアコースティックフェルトを使用している。
これは、高品質で生き生きと見えるだけでなく、機能的な利点もある。快適な感触を提供し、迷惑な反響を最小限に抑える。オプションの「Sonos」サウンドバーと組み合わせれば、「iSmove」はトップクラスのサウンド体験を提供する。

スイッチもスタイリッシュだ。
それらは本物のガラスで作られ、タッチスクリーンのように機能する。
調光機能と、夜間照明とバリオバスの照明を自動的にオンにするセンサーが備わっている。
スリムで縮小されたウォールライトは、上下に控えめに光り、天井には小さなスポットがある。これらの照明は、さまざまな表面を緻密なアクセントで構成していて、照明のコンセプト全体が、インテリアの持つ控えめなエレガンスをさりげなく強調している。

温かみのあるフェルト、本物の木材: 「iSmove」のスタイルはその効果において独特だ。

「iSmove」の外観は、驚くほどスポーティだ。
フロントはニースマン+ビショフの簡潔なデザインを踏襲している。
特に印象的なのは、角張ったLEDデイタイムランニングライトだ。
そして要望に応じて、「iSmove」にはこのクラスでは他にはないオプションの18インチホイールが装着される。これらのホイールは、特別色のアイフェルグレーとの組み合わせが特に印象的で、オレンジや赤などの色のアクセントが刺激的なコントラストを生み出している。

どこから見てもラグジュアリー。そのセンシティブな優雅さは、最高の品質で説得力がある。そしてそれは細部にまで及んでいる。

3.5トン以下ですべての期待値を超越
無条件で高品質を提供したいのであれば、急ぎの仕事に頼ることはできない。
ニースマン+ビショフの開発者は、新型「iSmove」の開発に、23,018時間を投資した。
優れたロングホイールベースもそのひとつだ。
4.10メートルで、7メートルクラスでは最長だ。
また、「iSmove」は標準で4500リットル以上の荷物を収納でき、ガレージには2台のバイクを収納することができる。
隠れていても超一流。
200リットルの真水タンクを備えた「iSmove」は、競合他車のすべてを日陰へと追いやる。
同様にユニークなのは、100Ahのボディバッテリーで、2基の追加リチウムバッテリーで補うことができます。250ワットのソーラーシステムと組み合わせることで、「iSmove」は数日間、何の問題もなく自給自足することができまるようになっている。

iSmoveは、その美学と内面的な価値観で納得させてくれる。

オプションリストからも「iSmove」の良さがわかる。
リクエストに応じて、120リットルの固定式タンクトイレを装備することができ、50リットルのガスタンクも用意されている。
32インチのスマートテレビで最高のエンターテイメントを満喫でき、LTEやWiFiルーターも用意されている。
また、「iSmove」には、床を温めてフロントガラスに向かって流れる温水暖房システムが付いたウィンターパッケージも用意されている。

「iSmove」には2つのフロアプランが用意されている。
「iSmove 6.9 E」は全長6.99メートルでシングルベッド2台。
「iSmove 7.3 F」は後部にクイーンベッド1台。サイズは7.29メートル。
「iSmove 6.9 E」の基本価格は90,870ユーロ(約1,144万円)、「iSmove 7.3 F」は91,870ユーロ(約1,157万円)からとなっている。

昔、アメリカのヴィネヴァーゴの、アメリカ的に言うとモバイルホームが格好いいなぁと思っていた。それは昔も昔、小学校時代のことだが、なんかの映画で見たヴィネヴァーゴは、クイクシェフの4連コンロや大型の冷蔵庫がついていて、ベッドもふかふかのクイーンサイズで、ほれぼれするほど素敵だった。自分に家とは比べ物にならないほど快適そうなあの空間、あれこそが豊かなるアメリカ、だったのではないかと思う。
ああいうモバイルホーム、いいなぁ、と憧れてみてもこの日本(特に都会)じゃあ無理も無理、夢をみるだけ(All I have to do is dream)というのはこういうことか、と小学生でも感じたことは言うまでもない。
 
それからずいぶん経ったわけだが、今でもあれほどのモバイルホームは現実離れしている生活なのは言うまでもないが、今回の記事で痛感したのは、その重量である。そうだよなぁ、軽いわけないわな、とは思ったがああいう大きなモバイルホームは、しっかり、ちゃんと重いクルマなのだった。
今回の「iSmove」も軽いとは言えいろいろ込みで約3トン。そこに様々な食料や水や乗員を足していくと、4トン近くになることもあろう。クルマというよりも家だから当たり前ではあるが、やっぱり結構な重量だ。
でも…、今やAudiやメルセデスベンツの中間車種(Eとか6)が2トンを超え、レンジローバーやゲレンデヴァーゲンが2.5トン、と考えれば、決してこのモバイルホームは重くない、むしろ大変頑張っているといえる重量である。
これだけの快適装備満載で、どこへでも行ける家、と考えれば望外の重量ともいえるだろう。あとは問題になるのは、絶対的な大きさ、だけで、こっちは如何ともしがたい点なのは残念である。

スリムな「iSmove」は、実用的な利点を豊富に備えている。

クールなYouTube動画(3分半)でお楽しみください

加筆: 大林晃平