ランボルギーニ アヴェンタドール10,000 台生産達成

35

生産開始から9年、サンタガタ・ボロネーゼのファクトリーで生産しているアヴェンタドールの生産台数が10,000 台に達し、アウトモビリ・ランボルギーニの V12 モデルは重要で歴史的なマイルストーンを迎えた。シャシーナンバー「10,000」のアヴェンタドールSVJロードスターは、グレーのボディにレッドのカラーリングを施し、インテリアはレッドとブラックで、タイへ送られる。

アヴェンタドールは 2011 年に発表され、最初に登場したのはクーペバージョンのアヴェンタドールLP 700-4だった。サンタアガタ・ボロネーゼのファクトリーで生産されたカーボンファイバーのモノコックボディは、コック ピット、フロア、ルーフが一体となった独特の「シングルシェル」構造で、剛性が極めて高く、最高のダイナミク ス性能とパッシブセーフティを実現した。アヴェンタドール LP 700-4 用に新型高性能 V12 エンジンも開発された。8,250rpm時に700馬力の出力が可能なこのエンジンは、発売当時のスーパースポーツカー界での新しいベンチマークとなり、わずか2.9秒で 0から100km/hまで加速、最高速度350km/hを可能にした。
そして、アヴェンタドールのISRロボタイズド・トランスミッションはスリリングな超高速シフトを保証し、プッシュロッド式 サスペンションはレーシングカー並みのドライビング精度をもたらした。

上に向かって開くアイコニックな ドアは、伝説的なカウンタックやそれに続く V12 モデルと同タイプのものだ。2012年11月には、アヴェンタドールのロードスターバージョンが発表された。全カーボンファイバー製のルーフは2つのセクションで構成された。ルーフセクションの重量はそれぞれ6kg未満と超軽量なものだ。
リアピラーは、取り外し式のルーフを適切に支え、オートマチック・パッセンジャー・プロテクションシステムが組み込まれ、エンジンコンパートメントの換気が十分に行われるように再設計されている。

2012 年のジュネーブ・モーターショーでは、アヴェンタドールJ が初公開された。サンタアガタのデザイナーとエンジニアが、ルーフと従来型ウィンドスクリーンを取り払い、エクステリアとインテリアが互いに溶け込んで見える、「オープンスーパースポーツカー」だ。700馬力の2シーターで、ランボルギーニのカーボンファイバーテクノロジーにおける他の追随を許さない専門性を示す最先端の技術と素材を備えている。300 km/h を超えるスピード走行を前提にしたデザインで、そのエクストリームな体験はすべて唯一無二の格別なものであることを表している。ランボルギーニ・アヴェンタドール J は公道走行の承認を受け、ワンオフとして世界でただ1つの芸術作品を所有することとなる幸運な愛好家のもとに送られた。

2016 年、アウトモビリ・ランボルギーニはアヴェンタドール・ミウラ・オマージュを披露する。ランボルギーニのV12スーパースポーツカーの先駆けであったミウラの50 周年を記念し、アヴェンタドール・クーペをベースに、ミウラに敬意を表した特別なシリーズだ。わずか50台のみの限定生産だったアヴェンタドール・ミウラ・オマージュは、オリジナルのミウラの色や特徴を反映している。

2016 年にはランボルギーニ・アヴェンタドールSも発表された。新しい空力デザイン、再設計されたサスペンション、さらなる高出力、完全に刷新されたドライビングダイナミクスを打ち出した新型だ。「S」は ランボルギーニのモデルの強化バージョンであることを示している。アヴェンタドールSは、最大出力が前モデルより40馬力アップした740馬力の6.5リッター自然吸気12 気筒エンジンを搭載、ドライビングのスリル感をさらに高める4輪駆動、新しいアクティブサスペンション、革新的な4輪操舵システム、新ドライビング モードEGOという、4つのエンジニアリングの傑作を採用している。EGO は、トラクション、ステアリング、サスペンションを、STRADA、SPORT、CORSAの中から好みに合わせて設定し、追加のコンフィギュレーションプロファイルとして選ぶことができるドライビングモードだ。

2018 年には、アヴェンタドールSVJ が登場した。「SV」は、ランボルギーニの伝統として「スーパーヴェローチェ(Superveloce)」を意味する。「J」は「イオタ(Jota)」のJで、優れたサーキット性能とパフォーマンス性能を表している。アヴェンタドールSVJは、ニュルブルクリンクサーキット北コースで、20.6kmをわずか6分44秒97でラップし、市販車最速記 録を樹立した。アヴェンタドールSVJは、900 台の限定生産だ。カーボンファイバーを広範に使用した ユニークなセットアップのスペシャルエディションSVJ 63 は、アウトモビリ・ランボルギーニの設立年である 1963 年に敬意を表し、63 台のみ限定生産された。どちらのモデルも、空力重視の新しいデザイン要素を特徴としている。

2019年には、2つのアートコンセプトの融合を象徴した、ワンオフのアヴェンタドールS by Skyler Greyが公開された。1つは引き締まったライン、3次元的な立体感、往年の幾何学的・様式的デザイン要素を特徴とする独特のフォルムに数々の革新的な技術を搭載する、ランボルギーニとしての芸術性で、もう1つはスカイラー・グレイの ス トリートアートで、エアブラシ、スプレーガン、ローラー、ステンシル等のストリートアートの主要テクニックを駆使し、彼独特のオレンジとイエローのポップなスタイルで車のボディを個性的に仕上げたものだ。高度に複雑な作業で あったにもかかわらず、サポートチームの支援もあり、初の公道仕様の 4 輪アート作品が誕生した。

Text & Photo: Automobili Lamborghini S.p.A.