【新車情報】短い動画付き ついに発表 新型メルセデスSクラス(W223) 全ての情報!

226

メルセデスSクラスW223(2020): 価格、インテリア、テクニカルデータ、サイズ、自律運転システム、注文開始

いよいよ発表されたW223 新型Sクラスは新型インフォテインメントを取得し、自律走行が可能。メルセデスSクラスは新型インフォテイメントを切り札にして登場。そして自律走行使用可能な前提条件は? 新型Sクラスの全情報をシートに座ってみた感想とともに情報を提供する。

➤ 価格と市場ローンチ
➤ デザイン
➤ インテリア
➤ 装備(イクイップメント)
➤ コネクティビティ
➤ エンジン

メルセデスは、7代目Sクラスにコンストラクションコード「W223」を設定して発表した。新型Sクラスは、メルセデスの技術的な切り札だ。
例えば、新しいMBUX(Mercedes Benz User Experience)インフォテインメントシステムでは、中央のディスプレイは、現在、ドライバーと助手席の間に直立に備わっている。これは少しテスラのようでもある。
さらに、この高級セダンは現在、リアアクスルステアリング、ワイヤレスアップデート、そして定められた場所(駐車場など)での自律運転使用のための前提条件を備えている – 法的状況が2021年半ばからそれを可能にする場合に備えてではあるが。
ダイムラーグループの新しいボス、オラ カレニウスは、高級セダンについて、何がそんなにスペシャルなのかを事前に我々に語った。
新型メルセデスSクラス2020年9月中旬から注文が可能で、最初の車は12月にディーラーに届けられるという。我が国においては来年前半となるだろう。
価格は若干上昇する可能性が高いが(先代はベース価格で8万9130ユーロ=約1,130万円前後)、それでもベース価格では10万ユーロ(約1,270万円)は下回るだろう。

あらゆる方向に成長するSクラス

新型Sクラスのフロントは、クロームトリムとフレームが先代よりもややスリムになったラジエーターグリルに支配されている。
アーモンド型のヘッドランプは先代に比べて縮小し、新しいインテリアを手に入れ、三重まぶたラインのライトシグネチャーに別れを告げる必要がある。新しいエディションにはまぶたは一重しか備わっていない。もちろんLEDライトシステムもはるかにアップデートされ、素晴らしく緻密なライティングを行うという。
新しいSクラスは、新しいインフォテインメントを取得し、例えば許可された駐車場などで自律的に運転することができるようになっている。(つまり駐車場入り口で降りて、そのまま勝手にクルマだけで駐車スペースに行って、無人で駐車スペースにとまる、といったことが可能となる(あくまでも許可され、限られた場所のみの話ではあるが)。
大きな面積と彫刻的なドームがサイドラインを特徴づけ、リアセクションは2つの部分からなる非常に平らなライトと、大きなクロームのセンターバーを特徴としている。
ディメンションの面では、Sクラスはほぼ全方向に成長している。

現在のところホイールベースは2つモデルのみで、追ってさらに長いマイバッハバージョンが追加される予定である。
短いホイールベースを持つ基本的なバージョンは、5センチ以上伸びて5.18 メートルとなり、高さはちょうど1センチ高くなって、1.5メートルのセダンとなっている。
車幅は1.95メートルで、ほぼ6センチ広くなり、ホイールベースは7センチ以上伸びている。
3.11メートルという長いホイールベースからは、主にインテリアがその恩恵を受けている。

Sクラスの新しいリアエンドには、細長い2分割テールランプが採用されている。

フロントシートに最大19基のモーター

新型メルセデスSクラスの車内は、第2世代のMBUXシステムの一部として、アップライト形式でスムーズに統合された12.8インチのスクリーンが目を惹く。
以前のデジタルメーターと比較すると、中央のディスプレイの面積は約60%も増えている。

写真の車両にある、大きい方のディスプレイには触覚フィードバックと有機ELテクノロジーが搭載されている。
さらに全体として、新型Sクラスには前後席あわせて最大5つのスクリーンを搭載することができる。
デジタルタコメーター、中央ディスプレイ、前席のバックレストにある2つの11.6インチディスプレイ、デジタルリモコンのように機能する後席乗員用のタブレットだ。

新しいインフォテインメントシステムのおかげで、27個という数のスイッチとボタンが削減されている。

少しでも快適な乗り心地を実現するために、フロントシートには最大19個のモーターが搭載されている。
シートを最適な位置に調整するだけでなく、10種類のマッサージプログラムが用意されており、中には振動や熱を加えるものもある。
後部座席については、メルセデスは新世代に5種類の異なるバージョンを提供している。
これらのシートには、豪華な個別シートが再び含まれており、ヘッドレスト用の加熱可能な追加クッションも用意されている。

新型Sクラスは自律走行が可能

技術的な観点から見ると、自律運転の問題は最大の関心事だが、2021年中頃までには、指定された、いくつかの場所で、自律運転のためのすべての法的ハードルが克服されるのではないかと考えられている。
必要な精度でこの純粋な感覚を実現するために、メルセデスは3つの補完的なシステムに依存している。
カメラ、レーダー、ライダーセンサーだ。
これらは、センチメートル単位で正確な測位システムと新しいHDマップによって補完されている。
これらはすべて、Sクラスがわずか1センチの許容範囲内で自分の位置を正確に把握できるようにすることを目的としている。
ただし、当初は、交通量が多い場合や渋滞が発生した場合に限り、時速60 kmの速度で自律運転が可能となっている。
その後、ドライバーはハンドルから手を離すこともできるが、常に10秒以内にハンドルを握る準備ができている必要がある。
そのため、寝ることも運転席から離れることもできない。
将来的には、Sクラスは自律運転だけでなく、自律駐車もできるようになる。
ただし、この目的のために、駐車場にも適切なテクノロジーを装備する必要がある。それは、乗客全員が駐車場の前に降りて、クルマ体が自ら駐車場に入り、駐車するとい考え方だ。

より多くの技術情報:
オプションのデジタルライトヘッドライトは、光源(3つのLEDスポットライト)を片側130万個の光点に分割する。
Sクラスは、リクエストに応じて260万画素で点灯する。
また、この新型ライトはアシスタンスシステムとしても機能する。
例えば、暗闇の中で歩行者や自転車をスポットライトで視認できるようにしたり、道路標示が欠けているときに道路に投射したりすることができる。
また、新タイプのリアアクスルステアリングシステムがあり、都心部では後脚で最大10度旋回し、ロングホイールベースでは旋回円を10.9メートルに短縮する。
他のオプション: 拡張現実感のある超大型ヘッドアップディスプレイ。その表示領域は77インチのスクリーンに相当する。
例えば、約10メートル離れた場所では、ナビゲーション中にアニメーションの旋回矢印が道路上に仮想的に配置されるようになっている。

直立ディスプレイを備えた新しいMBUX

新しいSクラスは、第二世代のMBUXインフォテイメントシステムを搭載している。
ここではメルセデスはほとんどすべてのボタンとコントローラーなしで実行する。
新型Sクラスのトップバージョンでは、すべてが有機ELテクノロジーと12.8インチの中央ディスプレイを介して制御される。ディスプレイは、テスラのように、新型Sクラスでは直立したものになっている。
ユーザーインターフェイスは異なるエリアに分かれている。
上部では様々なプロファイルを選択でき、音楽やスマートフォンアプリへのアクセスや設定などの古典的なインフォテインメントエリアは中央に位置している。
下部には、恒久的に表示されるクライメートコントロールが配置されている。
もちろん、改良されたデジタルタコメーターも搭載されていて、3D計測もできるようになっている。
アイトラッキングにより、システムはドライバーの視野角を認識し、常に立体的に見えるようにディスプレイを調整する。

下部に配置されたクライメートコントロールは、恒久的に表示されるようになっている。

音声アシスタントもさらに進化している

電話に出るなどの特定の機能については、もはや「Hey Mercedes」を介して起動する必要はなくなった。
また、車両の機能を説明したり、救急箱を探す際の手助けをしたり、一般的な知識に関する質問に答えたりすることもできる。
後部座席からの操作も可能になり、学習も可能になった。
乗客を声で識別できるため、好みの設定でプロファイルを呼び出すことができます。
それは彼らの声で乗客を区別することができるので、好みの設定でプロファイルを呼び出すことができるようになっている。
約800の設定を持つ最大7つのプロファイルが利用可能だ。
さらに、新しいMBUXシステムは、ドライバーのジェスチャーや動きに反応するようになっている。たとえば、ドライバーが降りたいときにセンサーが後ろからサイクリストが近づいてくるのを感知すると、室内の照明が赤く点滅するようになっている。

プラグインハイブリッドは2021年から利用可能
2020年末に新型Sクラスが発売されると、当初は改良された3リッター直列6気筒エンジンと9速オートマチックトランスミッションの組み合わせのみが用意される。
ディーゼルと電動化ガソリンエンジンがそれぞれ1基ずつ用意され、いずれも2種類の性能レベルが用意される。
弱いほうのディーゼルエンジンは、286馬力と600Nmを引き続き発揮するが、強いほうのディーゼルエンジンは、新しいエディションでは、10馬力を失い、330馬力と 700Nmになっている。
一方でガソリンエンジンのほうの性能は変わらない。新型Sクラスは、S 450が367馬力を発揮し、EQブーストにより22馬力の出力を一時的に上げることができるようになっている。最大トルクは500Nmだ。
より強力なガソリンエンジンは435馬力と520Nmを発揮し、ここでも22馬力の電動馬力を短時間的に呼び起こすことができるようになっている。
最弱のディーゼルを除いて、すべてのエンジンは常に四輪駆動に結合されている。
その後、メルセデスは48ボルトシステムとスタータージェネレーターを備えた電動V8を提供する予定だ。
100キロの電気航続距離を持つプラグインハイブリッドバージョンは、2021年に登場する予定となっている。

新型Sクラスは、デビュー当初は直列6気筒バージョン、その後、V8とプラグインハイブリッドバージョンが投入される。
日本には来年前半に導入される予定である。

Text: Catherine Berndt, Alexander Bernt
Photo: Daimler AG