【新着情報】初テスト プジョーの人気小型SUVのEVバージョン e-2008

167

NEW SUV PEUGEOT 2008/e-2008 日本向けオンラインプレビューが行われた。

NEW SUV PEUGEOT 2008/e-2008 オンラインプレビュー

プジョーe-2008 その実力と評価は?

プジョーの小型E-SUV、その初めての試乗で納得。電動プジョー2008は、日常的才能とスペースで勝利する。

あなたが電気自動車で世界を救うことに貢献したいと思う場合は、プジョーe-2008を購入しないための言い訳を探すのはむずかしい。
エコ補助金を差し引いた後、ガソリンやディーゼルモデルよりもわずか1,000ユーロ(約125,000円)高いだけで、320キロという航続距離、急速充電器でわずか30分、さらには内燃エンジンモデルと同じ負荷量を誇る。
そして、あなたの休日のために長距離ディーゼルが必要な場合は、モビリティパス(わずか18ユーロ=約2,200円/月)を購読すれば、必要に応じて、特別料金でディーラーから1台を借りることができるようにもなっているという至れり尽くせりぶりだ。

そして、普通のオートマチック車を運転したことがある人であれば、e-2008にも難なく対応できるだろう。
デジタルコックピットのディスプレイは、充電状況や航続距離などを常に最新の状態で表示してくれる。立体的な外観を持つ美しいデザインで、重要な情報がドライバーにうまく伝わるよう、快適に設定されている。
我々が運転するGT装備ライン(最高、40,892ユーロ=約515万円から始まる)のインテリアは、より大きな3008モデルのように高貴には見えないものの、多くの金属製のトグルスイッチは高品質だ。
ランバーサポートなしのマニュアルシートでのみ、小さな車のベースが透けて輝く。
2008は、内と外の両方に堂々としたSUVのルックスを備えた、4.30メートルの長さのボディを持つコンパクトカー、208ファミリーの1員だ。

クイックな加速: 典型的なドライブシステム
2008の従来型内燃機関モデルと比較して、静粛性の高い電気駆動と300kgもの重量増は大きくて高価な車に座っているような印象を強めている。
多くの電気自動車と同様、軽快な印象の運転体験は、遠距離運転への不安を一時的に忘れさせてくれる。
小さなステアリングホイール、指での操作しやすさ、低い重心、やや張りのあるシャシー、急加速、しかしスポーツモードのような過激さはない、というのが、ドライビングインプレッションとして残っている。
インストールされている電気工学のいくつかの重要なデータ。
バッテリー容量50kWh、出力100kW、11kWウォールボックスでの充電時間はゼロから100パーセントの充電容量まで5時間、100kWの急速充電は約30分で80パーセントの充電容量となる。

イノベーションプレミアムがプジョーを手頃な価格にする
メーカーによれば、2020年7月に販売されたすべての2008の23%がEVだったという。
これは、純定価40,000ユーロ(約505万円)以下の電気自動車のための、9000ユーロ(約113万円)に増加したイノベーションプレミアム(以前は環境ボーナスと呼ばれた)が大きな役割を果たしている可能性がある。
これは、このボーナスが、ほぼ 10,000 ユーロの値引きの役割を果たし、ガソリンモデルのピュアテック130や、ディーゼルのブルーHDi 100同様、24,000 ユーロ前後の価格で購入できることを意味する。
ブランドの広報担当者によれば、より長い期間をかけて、電気自動車の割合は約10%になると予測している。
バッテリー保証は明らかにテスラ モデル3をベースにしていて、8 年間または 160,000キロだ。
保証は、バッテリー容量の70%未満の充電が可能な場合に有効となる。

ガソリンエンジンと同じくらいの価格。政府からの補助金9,000ユーロ(約113万円)のおかげで、電動ライオンは比較的安価だ。

テクニカルデータ: プジョーe-2008
● エンジン: 電動、フロント ● バッテリーサイズ: 50kWh ● 最高出力: 100kW (136PS) ● 最大トルク: 260Nm ● 駆動方式: 前輪駆動、固定ギアレシオオートマチック ● 全長×全幅×全高: 4300×1770×1550mm • 乾燥重量: 1702kg • ラゲッジコンパートメント容量: 425~1467リットル ● 最高速度: 150km/h ● 0-100km/h加速: 9.0秒 ● 燃費: 17.8kWh ● 価格: 34,361ユーロ(約435万円) ● EV購入助成金: 9,000ユーロ(約113万円)

結論:
軽快な運転体験、パワフルな車載充電器、紙の上の価値観ではないセンセーショナルな実用性。
ブラボー!
バッテリー交換の不可解さは残っているが…。
AUTO BILDテストスコア: 2-

なかなか今回のe-2008は評価も高く、スタイリッシュでもあるし、電気自動車の中から積極的に選んでみたくなる一台、ともいえる。
電気自動車でなによりも最初に気になる「航続距離」もかなりのもので、個人的にはこれだけあればほとんどの人には十分だと思うが、これは個々人の条件や使用頻度によって評価は異なることなので、個人的には何とも言えない。
おそらく現時点では日産リーフが一番のライバルかとも思うが、車の魅力としては2008のほうが上に感じる、そしてフォルクスワーゲンもオペルも続々このジャンルに参入してきているので、それらとも直接比較しなくてはなんとも言えない点もあるだろう。
またプジョーは本来丈夫で長持ちする車だったはずだが(アフリカでまだ走っている504を見てほしい)、この点に関しては何とも言えないし、このテスターも最後に述べている通り、バッテリー交換問題はどうなるのか、まだわからない。
さらに価格に関しても電気自動車としてはかなり割安だとは思うが、それでもこれならガソリンかディーゼルのモデルを買ってしまいたい、というのがまだまだ普通の人間の感じる感覚かもしれない。だがそれでもこれから電気自動車は続々とデビューするし、ますます開発は進む。それは世の中の流れとか制度とつながった問題でもあるし、自動車のハードウエアとは若干異なったところで普及するか普及しないかが決まる問題でもある。
いずれにしてもプジョーも駒をどんどん揃えつつある。価格もバッテリー容量も魅力的だと個人的に思う。だからこそフォルクスワーゲンやメルセデスやオペルといった他のメーカーと直接比較され、並べて優越を判定されるべきだし、そんな日はすぐそこまで迫って来ているのだ。

Text: Rolf Small
加筆:大林晃平
Photo: PEUGEOT GMBH