【新着情報】初テスト 新型トヨタ ヤリス ショートインプレッション

240

トヨタ ヤリス(2020)試乗、その評価は?

我々は、CVTトランスミッションを搭載した新しいトヨタヤリスに対しては購入する前に適切にアドバイスしておかなければならない。ハイブリッドは、より人気が高まっている。しかし、新型トヨタ ヤリスには、再び古典的なガソリンエンジンを搭載したモデルも用意されている。そのマニュアルミッションは本当に楽しい。

必ずしもハイブリッドである必要はない!
4代目トヨタ ヤリスの新型には、今回もガソリンエンジンが用意されている。
我々は、1.5リッターの「ビッグ」な3気筒エンジンに試乗してみた。

マニュアルスイッチなので、ヤリスはほとんどスポーツカーのように感じる

最初にマニュアルトランスミッションのほうを試してみた。
シンプルでほぼクラシックなドライビングプレジャーが得られる。
排ガス規制のせいで3速目のギアは非常に長く遠いが、それが喜びを減らすことはほとんどない。
短く正確にガイドされたシフトパス、および全体的なグラデーションもちゃんとフィットしている。
ほとんどスポーツカーのような感じだ。
120km/hで3気筒エンジンは適度な3000rpmで回転する。
うなり声のするガソリンエンジンを搭載したヤリスは、相変わらずサイレントペダルではないが、先代の硬くて木のような部分は鍛え直されている。

愉快な小型車。トヨタは新型ヤリスを、先代の硬くて木のような部品を鍛え上げて、快適なクルマに仕立て上げ直している。

もう少し装備を充実させるとトヨタは高くなる

無段変速機CVT付オートマチックトランスミッションに変更して新型ヤリスを試してみた。
顕著なゴムバンド効果があらわれる。
ドライバーがアクセルを踏み込むと、最初はジーンと音を立ててボディが揺さぶられる。
速度の増加は、遅れて始まるよう設定されている。
CVTバージョンを選ぶ特別な理由は思い当たらない。
そしてそれがハイブリッドバージョンの人気が高まっている理由の1つなのかもしれない。ハイブリッドバージョンは同じ機器で1900ユーロ(約24万円)高くなるが、追加の電動モーターがそのゴムバンド効果をうまく隠してくれる。
1.5リッターガソリンエンジンは、マニュアルバージョンが18,024ユーロ(約25万円)からで、CVTが19,096ユーロ(約240万円)からとなっている。
クルーズコントロール、ターンオフアシスト、交通標識認識が標準装備されている。
ヤリスが高価になるのは、ヘッドアップディスプレイを装着する場合のみ。
この場合、「スタイル」装備は21,533ユーロ(約270万円)からで、ヘッドアップディスプレイの追加料金が加算される。
ヤリスは2020年9月19日から欧州市場で販売開始される。

退屈なものを望まない人は、21,826ユーロ(約275万円)からという、高価な「エレガント(Elegant)」ラインを選ぶしかない。

テクニカルデータ: トヨタ ヤリス1.5 MT(CVT)
● エンジン: 3気筒、フロント横置き ● 排気量: 1490cc ● 最高出力: 125PS@6600pm ● 最大トルク: 153Nm@4800~5000rpm ● 駆動方式: 前輪駆動、6速MT(CVTオートマチック) ● 最高速度: 180km/h ● 0-100km/h加速: 9.0(10.2)秒 ● 全長×全幅×全高: 3940×1745×1500mm • 乾燥重量: 1120kg • ラゲッジコンパートメント容量: 286リットル ● 燃費: 18.1km/ℓ ● CO2排出量: 128g/km ● 価格: 18,024ユーロ(約225万円)より

結論:
手動でシフトチェンジする新型ヤリス1.5は本当に楽しい車で、私たちはそれを積極的に勧める。
ATバージョンは、CVTの典型的なラバーバンド効果が強すぎて、運転の喜びを奪う。
AUTO BILDテストスコア: 2

わが国におけるヤリスの評価は、このAUTO BILDの結論とほとんど同じ、である。
つまりMTは乗って楽しくお勧めできるが、圧倒的主流になるはずの肝心の?CVTはいまいち、というものだ。しかもミッションの違いだけではなく、全体的な完成度もMTのほうがずっと良いらしく、CVTはなんとも肩身の狭いチョイスらしい。
MTは良いけれど、このご時世?勧めても免許上、ATしか乗れない人がいっぱいいるわけだし、普通の人にMTをごり押しするのも無責任は話かもしれない。特に日本では。

じゃあいっそのことハイブリッドモデルを買えばいいじゃないか、と言われるが、ハイブリッドモデルはあきれるほどの低燃費でなんとリッター30kmも夢じゃないかわりに、その価格は200万円を優に超え、もはや気軽に買うことのできるヤリス、ではない金額ともいえよう。
そうすると気軽に買えるベストヤリスは、やはりMTなのだろうが、自動車雑誌を熱心に読むような方ならいざしらず、ナビの使いやすさと、オートエアコンの効きと、ボディカラーが一番の購入ポイントのような方には、MTを無責任に薦めるわけにはいかないだろう。
CVT(というか普通のATのモデル)のモデルもちゃんと勧められるように作ってくれよぉ、とトヨタにはお願いしておきたい気持ちである。

Text: Rolf Small
加筆:大林晃平