キュートでチャーミングな新型「ランチア イプシロン」正式発表 お馴染みのディテールを備えたスポーティなモデルが復活!

338
- Advertisement -

ランチア イプシロン(Lancia Ypsilon):おなじみのディテールを備えたスポーティなモデルが復活。新型イプシロンは、ランチアを再び成功への道へと導く!

ランチアはプレミアムブランドになりたい

ランチアが再び戻ってきた!ステランティスは、新たなルネッサンスを成功させるためのプレミアムブランドとしてランチアを選んだ。2024年以降、2年ごとに合計3つのニューモデルが市場に投入される。最初のモデルは、今夏に発売される小型の「イプシロン」である。

ランチア イプシロンはステランティスの「CMP」プラットフォームをベースにランチアらしくユニークさが際立つデザインとなった。

40年弱で4世代、約300万台を販売 – イプシロンとは?「イプシロン」はランチアの絶対的ベストセラーである。このサクセスストーリーは、新型モデルでも継続される予定だが、イタリア側は将来的に異なる道を歩み、「イプシロン」をプレミアムセグメントに位置づけたいと考えている。

新型ランチア イプシロンのフロントはユニークだ。メインヘッドライトはバンパーの端にある。

「ストラトス」、「フルビア」、「ベータ モンテカルロ」・・・、プレスリリースを読んだとき、それが本当に「イプシロン」のことなのか、それともブランドの肖像画のことなのか、よくわからなかった。もちろん、ランチアはその歴史に誇りを持っているが、新しいモデルは何よりも独立したものでなければならない。特に、このクルマがブランドを活性化させるものであるならば。

約4万ユーロ(約640万円)から?

新しい販売戦略により、「イプシロン」がドイツで販売されるのは2025年夏以降となる。プレミアムスモールカーの価格がいくらになるかは、まだわからない。同じステランティスグループの「オペル コルサe(ロングレンジが38,045ユーロ=約608万円から)」と「プジョーe-208(35,425ユーロ=約566万円から)」のベース価格を考えると、イプシロンが40,000ユーロ(約640万円)前後からスタートしてもおかしくはない。

Cピラーには新しいランチアのエンブレムとテールランプが大きなLANCIAのレタリングを挟む。

プレミアムであろうとなかろうと、小型車には大金だ。しかし、イタリア人はアップグレードによって意図的に新しいターゲットグループを獲得したいと考えており、この価格では必然的にそうなる。「イプシロン」がランチアを成功への道に戻すかどうかは、想像できない。

独立したデザインのランチア イプシロン

第5世代の「イプシロン」が独立系であることは、トリノのチェントロスティーレに入った瞬間に明らかになる。この小型車はステランティスの「CMP」プラットフォームをベースにしており、技術的には「オペル コルサ」や「プジョー208」と密接な関係にあるが、見た目にはそのようなものは感じ取れない。

ランチアが高級家具メーカー、カッシーナとタッグを組んだ特別モデル。生産台数は1,906台のみ。

「ベータ モンテカルロ」を彷彿とさせるブラックのインレイが施されたフロントは壮観だ。デイタイムランニングライトの中央には、イタリア人が”イルミネーテッドチャリス(聖杯)”と呼ぶ縦長のライトストリップが配されている。メインのヘッドライトはバンパーのさらに下に配置されている。「Pu+Ra HPE」スタディモデルで、ランチアはすでに2023年におけるブランドの将来のデザイン言語を垣間見せたが、この大胆なアプローチがこれほど一貫して実行されるとは予想されていなかった。

成長するイプシロン
サイドビューを見れば、「イプシロン」がもはやそれほど小さくはないことがよくわかる。先代と比べると、新型はかなり成長している。全長は4.08メートルで24センチ、全幅は8センチ大きくなった。その論理的帰結として、17インチの大型ホイールが採用された。

サイズ一覧:
全長: 4,080mm
全幅: 1,760mm
全高: 1,440mm
ホイールベース: 2,540mm

リアドアハンドルはCピラーに隠されており、そこにはランチアのロゴのみが配置されている。フロントとリアには大きなランチアの文字があしらわれ、新しいブランドアイデンティティの一部となっている。

「イプシロン」のリアを見てみよう。ここにも「Pu+Ra HPE」コンセプトモデルからの明確な影響が見られる。フィリグリー模様のリアライトは伝説的な「ストラトス」を彷彿とさせ、横長のイプシロンをあしらったライトシグネチャーもいいアクセントになっている。手書きのレタリングは「フルビア」や「フラミニア」を彷彿とさせる。ハッチ裏の収納スペースは309リットルから352リットルあり、「イプシロン」は「コルサ」や「208」よりも若干多くの荷物を飲み込むことができる。

復活の「HF」

今後発表される高性能モデルには、再びHFのロゴが冠される。。新しいロゴは「ランチア イプシロンHF」でデビューする。

2025年からは、BEV、240馬力、航続距離403km、0-100km/h加速5.8秒という、よりスポーティな「ランチア イプシロン HF」も登場する。ただし、「HF」の色はランチア デルタ インテグラーレのようなイエローではなく、グレー、ブラック、ホワイトの3色。赤い象だけが目立つ。しかし、この配色は1966年の「フルヴィア クーペ」にインスパイアされたもので、偶然の一致ではない。このクルマはランチア史上初のロゴで、当時は白、赤、青を基調としていた。余談だが、「フルヴィア」のロゴにはまだ4頭の赤い象が描かれていた。

新しいHFのロゴは、1960年代に作られたオリジナルのロゴに似たスタイルである!

ランチアのルカ・ナポリターノCEOは、このスポーティなモデルと新しいロゴの発表と同時に、ランチアが将来的にラリーへの再参入を目指していることを明らかにした!

ロゴの由来は?

もともとこのロゴは、1960年にランチアのファンによって設立されたクラブ、「ランチア ハイ ファイ クラブ」に由来する。この場合のHi-Fiはハイファイを意味する。このグループの一員になるには、ランチアの新車を6台以上購入する必要があった。その3年後、HFランチアレーシングチームが設立され、「フルヴィア クーペ」がそのロゴを正式に掲げた最初のモデルとなった。

一方、象は熱狂的なランチアドライバーたちとは何の関係もなく、当時CEOだったヴィンチェンツォ ランチアの息子に由来する。ゾウは幸運のお守りだった。これらの動物は止められないという見方を表している。

発売当初はBEVバージョンのみ

「イプシロン」の贅沢な外観とエレガントなインテリアにもかかわらず、市場導入時にはBEVバージョンしか用意されない。つまり、115kW(156PS)、260Nm。

2025年夏(イタリアでは2024年夏から)の市場導入時には、イプシロンはBEVのみとなる。マイルドハイブリッドはその後に登場する予定だ。

54kWhのバッテリーを搭載し、航続距離は400km強、充電速度は最大100kW(DC)および11kW(AC)である。「イプシロン」には後日マイルドハイブリッドも設定される予定だが、ランチアはまだ詳しい情報を明らかにしていない。「イプシロン」は、兄弟車と同様、スペインのサラゴサで生産される。

カッシーナ特別モデル

ドアを開ける:居心地がいい。2024年夏の市場導入に向けて、高級家具メーカー、カッシーナとのコラボレーションによるイタリア市場限定1,906台のイプシロン特別モデルが用意される。

家具メーカーが手を貸したことは、インテリアのところどころに表れている。ダブルキルティングが施されたブルーのベロアシートは、過去のモデルへのオマージュというだけでなく、見た目も上品で座り心地も最高だ。オペルやプジョーでは太刀打ちできない。

身長1.83メートルの私は、小さなイプシロンにゆったりと座った。ブルーのベロアシートは見た目だけでなく、座り心地もいい。

前列のスペースは小型車としてはまずまずで、「コルサ」や「208」に匹敵する。身長1.83メートルでは、後部座席は少し窮屈だ。しかし、短距離の移動には十分だろう。

室内にはコーヒーテーブル

オペルやプジョーにない特徴のひとつが、センターコンソールにある手作りのコーヒーテーブル「タボリーノ」だ。冗談ではなく、カッシーナ製のこの多機能テーブルは、スマートフォンをワイヤレス充電したり、タブレットや小物を置いたりすることができる。確かに、車内にテーブルというのは、最初は奇妙に聞こえるが、予想以上にうまく機能している。また、話のネタにもなる。

すべての関連情報は2つの10.25インチディスプレイに表示される。操作はシンプルでスムーズ。クライメートコントロール用のボタンとノブのある独立したバーがある。そして、「S.A.L.A.」 – このシステムは気候、オーディオ、アンビエント照明などの様々な機能を組み合わせて、ボタンや音声コマンドに触れるだけでムードを変えられるように設計されている。

プレミアムという主張は、マッサージ機能付きの電動調整式運転席シートなど、小型車ではむしろ例外的なディテールにも表れている。しかし、スタートボタンやドライビングモードスイッチなど、他の場所ではステランティスのベースが光っている。

結論:
「イプシロン」は競合車よりも独立性が高く、洗練されている。デザインと素材の選択が気に入っている。ステランティストリオ(オペル、プジョー、ランチア)の中では、「イプシロン」が私のお気に入りだ。しかし、プレミアムであろうとなかろうと、小型車に約4万ユーロ(約640万円)は高すぎる。

Text: Jan Götze and Kim-Sarah Biehl
Photo: Stellantis