【ワオ、何コレ?】ポルシェ911 “エディス”って知ってますか? この911に比べたらダカールなんてただのオモチャです(笑)

341
- Advertisement -

Porsche 911 “Edith”(ポルシェ911 “エディス”): 泥まみれのエクストリーム911。AUTO BILDがギネス記録保持者のポルシェ911 “エディス”をマリブ山脈の泥まみれツアーに連れ出した。

オホス デル サラドの山頂は、地球上で最も人を寄せ付けない場所のひとつである。チリのアタカマ砂漠にある世界最高峰の火山で、真夏でも気温はマイナス20度にもなり、空気中の酸素は地上の半分しかなく、最後の道は標高4,500メートルで終わり、地元の山岳ガイドのピックアップトラックでさえ標高5,800メートルで停車しなければならない。

しかし、少なくともこの「ポルシェ911」にとってはそうではない。というのも、”エディス”の愛称で親しまれるこのまばゆいばかりの赤いプロトタイプは、ポルシェらしくないスタイルで、40kmを10時間で6,734mの山頂まで到達し、ギネスブックに登録された。

しかし、”エディス”もまた普通の911ではなく、廃棄された2台の「カレラ4S」プロトタイプのうちの1台で、ポータルアクスルとスタッドレスタイヤ、アンダーボディプロテクションとケーブルウインチ、切り替え可能な全輪駆動、特別なトーションテクノロジーとしてのワープコネクターなどを備え、ヴァイザッハとラリーのプロ、「ロマン デュマ」のレーシングカー工房でハードコアオフロードカーに改造された。

これが頂上だ: ポルシェ911″エディス”がケーブルウインチの助けを借りてオホス デル サラドを制覇した。

ポルシェ911 “エディス”の基礎部分はほとんど残っていない

この過激な「911」の隣には、「911ダカール」は言うまでもなく、「ポルシェ カイエン」でさえ大通りのおもちゃのように見える。ポルシェのドライバーは、「911」が火山全体を滑り降りることができるほど安定しているベースプレートのように、35センチの最低地上高を夢見ることしかできない。

究極のアーティキュレーション: そのシャシーにより、「エディス」は絶対的なオフロードの女王となった。

プンタ アレナスのパイロットプラントから排出された最後の1リットルのe-fuelをタンクに入れ、フットウェルにはかじったミューズリーバーまで積んで、まだすっかり汚れている。アタカマ砂漠ほど険しくはないが、標高も高くない。3.0リッターボクサーエンジンは、空気の薄いところではおそらく200馬力しかない代わりに、ここでは450馬力をフルに発揮する。

限界は”エディス”にはほとんどわからない

キックダウン時にBFGoodrichのオフロードタイヤがダートコースに食い込むと、ほこりが何メートルにもわたって吹き上がり、スポーツカーは竹馬に乗って飛び出す。ポータルギアボックスの4段変速で、最終的には止められないほど大きなトルクが発生する。山で走れば、泥も傾斜も気にならない。ただ、ギアを速くシフトしないと、常にリミッターに引っかかってしまうのだ。

埃と石の上を疾走: マリブ山脈を疾走する”エディス”。しかし、リアのボクサーは高回転を必要とする。

しかし、ドライバーがこのことを心に留めれば、エディスは頂上に向かって難なくスイングし、狭い蛇行した道でも生意気にもリアを振ることができる。深いわだちや、溝で他のクルマがほとんど通れないような道でも、「911 エディス」はそれを軽々と乗り越えていく。バスケットボールのように “車道”を横切る石の塊を乗り越えるように、「911エディス 」はただその上を転がる。膝まで埋まるようなくぼみでも、「911 エディス」を止めることはできない。

内装はワイルドだが飾り気がない

次から次へと果敢に車輪を飛び込ませるが、その過程で車体が破れないのは、「919」レーシングカーのウォーコネクターのおかげにほかならない。まるで空飛ぶ絨毯に乗っているような感覚だが、ここでは万力のようなバケットシートに縛り付けられ、オープンリンケージは歯医者で根管治療中のドリルのようにギシギシと音を立てる。

一般的なバックグラウンドノイズ:外ではボクサーの消音されていないサウンドが山の斜面に大きく響き渡るが、室内ではまるでブリキ缶の中で小石を振っているかのように、ブーン、ガラガラ、ガチャガチャと音を立てる。ケーブルが梁にくくりつけられ、ギアシフトのリンケージがシートの横に開け放たれ、シートメタルが剥き出しになり、駆動システムの内部が丸見えで、ラジエーターはリアウィンドウの代わりにカーボンの仕切りの後ろにある。

誇張された機能性:テスターは、バイスグリップ付きのバケットシートに押し込まれ、例外なく剥き出しのテクノロジーに目を向ける。

汚れだらけのポルシェ博物館へ

外装も同様に素朴だ。エディスは冒険の末に傷つき、へこみ、汚れだらけになっている。ポルシェでは通常、愛車をピカピカにして持ち帰らないと嫌な顔をされるものだが、この「911 エディス」は泥だらけのパッチを名誉のバッジのように身にまとい、埃のひとつひとつを誇りにしている。

チリでの記録とアメリカでのドライブを終えた”エディス”は、汚れたままポルシェミュージアムへと向かう。

もちろん、数週間後にポルシェミュージアムに展示されるまで、「エディス」が再び洗われることはない。「ロマン デュマ」がオホス デル サラドに残した埃だけでなく、私のマリブ山脈の埃も少し残っている。

Text: Thomas Geiger
Photo: Porsche AG