【動画付き】新着ニュース 40台限定 ランボルギーニ エッセンスSCV12発表

594

ランボルギーニ エッセンスSCV12: 真のサーキットエキスペリエンス

アウトモビリ ランボルギーニがエッセンスSCV12を発表した。
ランボルギーニ スクアドラ コルセがテクニカル的にサポートをし、ランボルギーニのデザイン部門チェントロスティーレがデザインを手がけた40台限定サーキット専用ハイパーカー登場。デリバリーは2021年の予定。

ミウラ、イオタ、ディアブロGTR などの直系モデルである エッセンスSCV12 は、ランボルギーニが開発した自然吸気エンジンの中でも最強のV12 エンジンを搭載し、 レース用のプロトタイプに着想したエアロダイナミクスと、究極のドライビングエクスペリエンスのためにデザインされた、新たなテクニカルソリューションの融合によって生まれた。

サーキットを走るために誕生

エッセンスSCV12 はレースに由来するエンジニアリング・ソリューションを用いた、サーキット専用ハイパーカーとして作られた。V12 エンジンは830馬力を超える最高出力を誇り、高速走行時のRAM効果により 大幅なパワーアップを実現している。
エグゾーストパイプは背圧を低減するために、カプリスト(Capristo)がデザインしたもので、パフォーマンスを高めるだけでなく、このエンジン独特のサウンドも強調している。
シャシー内部の構造要素である新しいエクストラックシーケンシャル6速ギアボックスと後輪駆動の組み合わせによってパワーを制御し、コンパクト性、構造的連続性、高いねじり剛性を実現している。
ロールケージのない新世代カーボンファイバーモノコックシャシーを採用したことで、エッセンスSCV12は1.66hp/kg という他に類を見ないパワーウェイトレシオを生み出している。
また、FIA(国際自動車連盟)のプロトタイプセーフティールールに準じて開発された最初のGT ハイパーカーでもある。
過酷なサーキット上でも最大限の敏捷性と安定性を確保するために、ギアボックスに直接取り付けられた プッシュロッド式リアサスペンションなど、レース用のプロトタイプに着想した運動学的なソリューションを採用している。
仕上げにブレンボ製ブレーキディスクとキャリパーを備えるマグネシウム製ホイール(フロント19インチ、リア20 インチ)に、特別開発のピレリ製スリックタイヤを装着している。

バックにはディアブロGTRが。

エアロダイナミクス
ランボルギーニのスクアドラ コルセが持つ GTレーシング経験を活かしたエアロダイナミクスは、250km/h時に1,200 kg という GT3 マシンよりも高い効率性とダウンフォースレベルを実現している。
フロントボンネットにある、中央にリブを配したウラカンレーシングカー特有のダブルエアインテークが、ラジエーターから発せられる高温の空気の流れを分離し、ルーフに配置されたエアスクープからの冷たい空気を運び入れる。
フロント部分はスプリッターと 2つのラテラルエレメントが特徴的だ。
サイドにあるエンジンとギアボックス冷却用のフローは、サイドシルに配置されたバーティカルフィンを使用することで最適化されている。
エアロダイナミクスの仕上げには、調整可能な大型ダブルプロファイルリアウイングを採用している。

バックにはイオタの姿が。

デザイン
エッセンスSCV12 のデザインは、ランボルギーニのデザイン部門チェントロスティーレによるものだ。チェントロスティーレはスクアドラ コルセ設立以降、ランボルギーニが生産するすべてのレーシングカー のデザインを手掛けてきた。
1970 年代のプロトタイプが持つ魅力と、ランボルギーニのDNA を象徴するエレメントが融合した、流線形でありながらダイナミックなラインは、フロントのヘッドライトやルーフのエアスクープ、ステアリングを囲むエアベントを特徴とした六角形をイメージさせまる。
さらに、車体のカラーリングやコックピット内部で繰り返されるシンボライズなY字のデザインは、それぞれのエレメントにおける軽量、機能性、デザインの絶妙なバランスを象徴している。
実際、インストルメントパネルとダッシュボードは、コックピットを囲んで耐荷重性とスタイル要素を兼ね備えた 非対称のY字型カーボンで支えられており、ドライバーが究極のドライビングエクスペリエンスの中心となるデザインとなっている。
ディスプレイ付マルチファンクションステアリングのデザインは、1 人乗りの F1 ステアリングに着想したもので、未来的かつ合理的なデザインにより、ドライバーはリムから手を離すことなく、最高のエルゴノミクスと完璧なドライビングを提供する。
FIAの承認を受けた特製OMPシートにはカーボンシェルを使い、ドライバーを包み込んで快適な安全性と安定性を約束する。

ドライビングエクスペリエンス
エッセンスSCV12 のオーナーには、世界有数のサーキットで自身のハイパーカーを運転できるスペシャルプログラムの参加資格を伴う会員制クラブの入会資格が与えられる。このプログラムには、エッセンスSCV12クラブのためにサンタアガタ ボロネーゼに新設したファクトリーでの保管サービスなどが含まれる。
各オーナーの車はそれぞれ個室タイプのガレージに保管され、アプリから 24 時間いつでも愛車をモニタリングできるウェブカメラシステムなどの専用サービスが提供される。
さらにこのファクトリーにはフィットネスジムが併設されており、ランボルギーニ所属のレーシングドライバーたちが実践するものに近いフィットネストレーニングプログラム も体験できるようになっている。

Text & Photo: Automobili Lamborghini

ランボルギーニSCV12 デビュー間近 はこちら