それでもパサートは生き続ける 新型フォルクスワーゲン「パサート ヴァリアント(B9)」のドライビングインプレッション!

339
- Advertisement -

Volkswagen Passat Variant(フォルクスワーゲン パサート ヴァリアント): VWパサートは、実はもう存在しないはずだった。しかし、3,400万台が販売された今、エステートに再びチャンスが巡ってきた。ファーストドライブ!

50年以上にわたり、「VWパサート」は全世界で3,400万台を販売してきた。この驚異的な数字を踏まえ、セールスマンやファミリーマンに人気の「パサート」が、「ヴァリアント」のみという形で9度目のチャンスを与えられた。

全長4.91メートルのヴォルフスブルク製ステーションワゴンは、先代に比べて14.4センチ大きくなった。ホイールベースは5センチ伸びて2.84メートルになり、2列目の旅行者のスペースが広がり、690から1920リットルのトランクの積荷の友はほとんど想像を絶する幅になった。

経済的なエントリーレベルのガソリンエンジンを搭載した新型パサート ヴァリアント

しかし、大きなヴォルフスブルク製ステーションワゴンをロードすることができるようにするには、まず、少なくとも39,995ユーロ(約640万円)を投資する必要がある。そのためには、150馬力の「1.5 eTSI」と、250Nmの最大トルクを歪みなく前輪に配分する7速DSGがある。この構成ではパサートの車重はわずか1.5トンで、9.2秒で0から100km/hまで加速し、最高時速は222kmに達する。

新開発のDCCプラスと圧縮・伸側2バルブ技術により、パサートは先代モデルよりもさらにバランスが取れている。

「1.5 eTSI」には、48ボルトのベルトスタータージェネレーターが搭載されている。この小型電動モーターは、動力を呼び出す際に内燃エンジンをアシストし、ガソリンエンジンのスイッチを完全に切って惰性で走行することもできる。この技術のおかげで、パサートは100km走行で最大0.5リットルの燃料節約と平均消費量5.4リットル(リッターあたり18.5km)を約束している。

さらに燃費を求める人は、「2.0 TDI」を選ぶことができる。このディーゼルバージョンは、4.9リッター(リッターあたり20.4km)で、360ニュートンメーターという十分なトルクと驚くほど滑らかな走りが印象的だ。ただし、ディーゼルは「ビジネス」ラインにのみ設定され、価格は48,495ユーロ(約775万円)から。

プラグインハイブリッドは100kmの電気のみでの走行が可能

価格的には、2024年半ばに登場予定のプラグインハイブリッド車とほぼ同等になるはずだ。ダブルハートのエンジンは「1.5 eTSI」をベースにしており、204馬力と272馬力を発揮する。19.5kWh(ネット)のバッテリーを搭載し、100kmの純電動走行が可能である。最大50kWの急速充電技術により、バッテリーは10%から80%まで23分で充電できる。

しかし、結局のところ、どの駆動方式を選択するかは問題ではない。事実、VWは9代目「パサート」でプレミアムに焦点を当て、「メルセデスCクラス」や「BMW 3シリーズ」といったライバルに狙いを定めている。

インテリアデザインは、パサートにすっきりとした印象を与えている。操作はシンプルで、使用されている素材は高品質だ。ステアリングコラムのギアセレクターがフィットするかどうかは、誰もが自分で確かめなければならないことだ。

仕上がりには多大な努力が払われ、インテリアの素材は細心の注意を払って選ばれている。どこを見ても、新型パサートのすべてが非常に上質な印象を与える。

新しいインフォテイメントシステム

ギアセレクターレバーがIDモデルのようにステアリングコラムに配置されたことを気に入るかどうかは、あなた次第だ。いずれにせよ、センターコンソールはよりすっきりした印象で、スマートフォンなどを置くスペースも広くなっている。

最大15インチの中央ディスプレイのグラフィックは、ChatGPTをIDA音声システムに統合したのと同じくらい新しい。

そういえば。VWはインフォテインメントシステムも見直した。これは現在「MIB4」と呼ばれ、音声アシスタントIDAをさらにわかりやすくしている。ChatGPTも年内にパサートに導入される予定だ。これは運転には実用的ではないが、VWに質問したくなるようなエンターテインメント性を提供する。

パサートはオールラウンダーであることに変わりはない。しかし、今はビジネスタッチである。

しかし、ツインバルブダンパーを備えた新しいDCCプロアダプティブシャシー、優れた”エルゴアクティブ”シート、15インチのセンターモニターなど、豪華な追加装備がプレミアムモデルを意識しているのは明らかだ。最終的な請求額が、上品な競合モデルよりも安くなるかどうかはまだわからない。ファーストインプレッションは、パサートがこの方向に向いていることを確かに示している。

結論:
「VWパサート」は、BMWやメルセデスと競争するチャンスを再び与えられた。それは必要なものを持っている。最終的にそれが実を結ぶかどうかは、オプションリストを見てみないとわからない。
AUTO BILDテストスコア: 2(1~5の評価で、1が最高点)

フォトギャラリー: 新型VWパサート ヴァリアント(2024)

Text: Holger Preiss
Photo: Volkswagen AG