さそりブランド最強の「アバルト 600e」登場!まずは発売記念限定車スコーピオニッシマが1,949台生産される

296
- Advertisement -

Abarth 600e(アバルト 600e):アバルト史上最もパワフルなアバルト 600eが登場。ローンチエディション「Abarth 600e Scorpionissima(アバルト 600e スコーピオニッシマ)」が1949台限定で販売される。

2023年、アバルトはブランド初の電気自動車500eを発表したが、現在、2番目のモデルとなる「アバルト 600e」の開発に取り組んでいる。「600e」は177kW(240馬力)を発揮するアバルト史上最強モデルとなる。

そして、特別なモデルが私たちを待っている!というのも、ローンチエディション「アバルト600eスコーピオニッシマ」が、シックなヒプノティックパープルで初公開される前に、ミラノで最後のテストラップを行っているからだ。このスペシャルエディションは、アバルトの創立年にちなんで1,949台の限定生産となる。

専用プラットフォームと専用タイヤ

「600e」はスポーティなスカートとルーフスポイラーが特徴的なSUV。フロントフェンダーには「Abarth+」の文字があしらわれている。アバルトらしいスポーティでアグレッシブなデザインだ。

イタリアンハイパフォーマンスブランドは、フォーミュラEの技術を応用した「600e」用のタイヤを独自に開発したことを明らかにした。特別モデルの20インチホイールに装着されるこの特別なタイヤは、最適なグリップと高い静粛性を特徴とする。

アバルトは、ステランティスモータースポーツとともに、「500e」のプラットフォームをさらに開発した。そのひとつが、電気駆動の特徴である立ち上がりの速さとドライビングダイナミクスに適合させた新しいリミテッドスリップディファレンシャルだ。

インテリアでは、アバルトは特別に開発されたスポーツシートをアピールするが、それ以外はまだ何も公式発表されていない。我々は、「アバルト500e」のように、たくさんのアルカンターラと特別なスポーツステアリングホイールが発見されると期待している。

アバルト600eは、早ければ2024年に発表される

「アバルト 600e」は、今年ワールドプレミアされる。価格は4万ユーロ(約640万円)以上からになると予想されている。

Text: Katharina Berndt and Kim-Sarah Biehl
Photo: Stellantis