新車情報 新型トヨタ カローラのGRスポーツバージョン登場 来年デビュー予定

70

トヨタ カローラGRスポーツ(2021): 市場ローンチ時期、装備、エンジン

スポーティなイクイップメントを備えたトヨタ カローラが誕生した。トヨタが、やや地味なイメージのセダン、カローラに、スポーティなバージョンを作った。欧州にも上陸する可能性がある。最新情報。

トヨタカローラが4ドアセダンとしても販売されているという事実は、欧州のほとんどの人が知らない事実だと言えよう。
トヨタのスポーツ&モータースポーツブランド、GR(GAZOO Racing=ガズーレーシング)は、カローラの4ドアセダンに、スポーツ用の新しい装備を取り付け、よりスポーティなモデルへと変身させた。
外側のすべてのクロームトリムエレメントは黒くされており、一致するホイールも黒く塗られているが、各スポークの端に金属のアクセントを持っている。
リアでは、車の色で塗装されたブートリッドの上に目立たないティアオフエッジが備え付けられている。

市場投入は2021年を予定

「GRスポーツトリム」カローラセダンのインテリアは、ブラックのヘッドライナーとパンチングレザーを施したステアリングホイールを採用することで、スポーティな感じが強化されている。
また、ヘッドレスト一体型のスポーツシートも用意されている。
内装にはファブリックとイミテーションレザーを採用し、中央の赤と白の装飾的な縫い目が目を惹く。
LEDライト、ツートンカラー塗装、アンビエント照明は別料金で用意されている。
GRスポーツ装備を搭載したカローラ4ドアセダンは、2021年初頭に東欧に上陸する予定だ。
その後にはドイツのディーラーでも見つけることができるだろう。
ただし、その場合は122馬力のハイブリッドバージョンのみだ。
結局のところ、カローラの通常バージョンもこのエンジンのみで利用可能になる。
他の国では、132馬力の1.6リッターガソリンエンジンのバージョンも提供されている。

カローラのセダンの存在はヨーロッパでは知られていない。
ホイールもスポーティさを強調するためにブラックペイントされているが、各スポークの端にシルバーのアクセントが備わっている。
リアには、ボディカラーと同じ色にペイントされた目立たないティアオフエッジがある。
インテリアは、ブラックのヘッドライナーとパンチングレザーで覆われたステアリングホイールで強化されている。また、ヘッドレスト一体型スポーツシートも装着されている。
内装はファブリックとイミテーションレザーを採用し、中央の赤と白の装飾的な縫い目が目を惹く。
ドイツでは122馬力のハイブリッドドライブのみ。その他の国では132馬力の1.6リッターガソリンエンジンバージョンも提供される。
日本では年内か来年早々にも市場投入される予定だと言われている。

かつて、まだFRであった時代にカローラGT、という車種があった。
意外と通なグレードで、一部の目立つことを望まない自動車好きや、家族に「カローラ買ったよ」と言い訳しながら、密かに自動車への愛を燃やすお父さんたちが選ぶことのできる、かっこうの隠れ蓑的なグレードだった。
FF時代にも実はこういう「羊の皮をかぶった狼」的な車種がカローラの中にはちゃんと残されていた、ということはいつの時代も一定の需要があったのだろうと思う。
だが大々的に広告されていた記憶もないし、あくまでも地味に、ひっそりと売られていたように記憶している。

今回もひそやかにということはもはやまったくなく、豊田社長の下、イケイケどんどんなGR展開を推し進める中で、大手を振るっての登場となる。
せっかくだから、こういう時にこそ、ものすごいハイパフォーマンスバージョンだったり、かつてのセリカGT-4のようなスポーツフルタイム4輪駆動とか、GRヤリスのような振り切れたグレードだったりしたら面白かったのに、今のところはコスメティック中心なモデルのようなのはちょっと残念である。
それでもモデル末期に登場したマークXのGRは、一部のジャーナリストには絶賛される程の仕上がりだったし、このカローラGRも登場したら一度は乗ってみたい車ではある。
いつの時代も「羊の皮をかぶった狼」のようなセダンは、自動車好きのツボにはまる一台だし、かつてのカムリのCMコピーに倣えば「もう一度走ることに決めた」オジサンや、オバサンが久しぶりに車を買い替えた時に、心の中でにんまりできるような楽しい自動車は、回春剤としても必要なのだ。

Text: Catherine Berndt
加筆:大林晃平
Photo: Toyota