【動画付き】果たしてこのチューンナップされたポルシェ カイエンは世界最速のSUVだろうか?

62

ポルシェ カイエン ターボ: チューニング、HGP、SUV、トップスピード

このポルシェ カイエンは世界最速のSUVだろうか? この一見怪しげなポルシェ カイエンには、ボンネットの下に、ほぼ1000馬力のパワーと1250Nmのトルクが備わっている。その動画付き全情報!

普通のカイエン ターボの550馬力と770Nmでは物足りないという方に!

最高速度286km/hを誇るポルシェ カイエン ターボは、市場で最も速いSUVの1台であり、高速道路での敵はほとんどいない。しかし、もしもその性能が十分でないと思う場合はどうすべきか? 
チューナーのHGPがその解決策を提供してくれる。

つい最近、我々は962馬力を発揮するアウディRS7が高速道路で、363.7km/hという驚異的な速さを記録したことを記事で採り上げた。
さらに今回はユーチューバーの「Motoroli.de」さんが、HGPチューニングを教えてくれた。
奇妙なことに、そのAudi RS 7と今回のポルシェ カイエン ターボは、パフォーマンスに飢えた、同じオーナーのものなのだ。
HGPはカイエンにも同じパフォーマンスキットをインストールしており、より大きなコンプレッサーホイールを備えた再加工されたシリアルターボチャージャー、改造されたインテーク、そしてモンスターのパフォーマンス用に特別にチューニングされたソフトウェアで構成されている。
標準モデルの550馬力と770Nmの代わりに、HGPカイエン ターボは、なんと!!962馬力と1250Nmを発揮する。
むろん、パフォーマンスの大幅な改善は決して安くはない。
「Stage 2」と呼ばれるキットの場合、HGPは本体に23,400ユーロ(約292万円)+取り付けに1500ユーロ(約18万円)を要求している。
最高速度を上げた改造トランスミッションソフトと新しいエキゾーストシステムを追加するならさらに高額になる。

カイエン ターボの車重は圧巻の2385キロ
そのために、「Vmaxリフト」はすでに価格に含まれている。
しかし、「Motoroli.de」がトップスピードミッションに乗り出す前に、フルタンクのカイエン ターボの重さを工業用スケールで測ってみた。
結果は…。
カイエン ターボは2385キログラムの重さであり、これはもちろん単純には比較できないものの、アウディRS7の2200キログラムと比較すれば、比較的軽いようにも、まあそんなものなのか、とも思える。
高速道路を走っていても、2.4トン近くあることに誰も最初は気づかない。
カイエン ターボは約3秒で0から100km/hまで加速し、10.1秒後には200km/hに達し、SUVはさらに加速し続ける。
我々のテストでも、工場から出たばかりのカイエン ターボが、すでにスペック表にある、286km/hの最高速度を難なく超えたことをおぼえている。

カイエンのスピードメーターは330km/hまでしか表示されない

2回目の挑戦で、HGPカイエン ターボはトップスピードを叩き出した。
290km/hを超えてもカイエンはプッシュし続け、330km/hがすぐにデジタルスピードメーターに表示される。
G馬力計測器を見てみると、カイエン ターボはこの時点で、320km/hを記録していることがわかる。
不思議なことに、ポルシェはスピードメーターを330km/hまでにしか設定していないようだ。なぜなら、デジタル計器の速度は頑なに330km/hのままだが、G馬力計測器では、333km/hという信じがたい数値にまで上昇しているからだ。
つまり、このHGPカイエン ターボは標準モデルのカイエン ターボよりも47km/h速いだけでなく、世界最速の市販SUVであるベントレー ベンテイガ スピード(306km/h)をも明らかに凌駕しているのだ。

もうひとつ注意してほしいのは、高速道路でのフルスロットル走行はYouTubeで非常に人気があり、数日以内に数十万件のヒットを記録することもあるということだ。
一般的に、このような高速走行は、誰もが強制されたり、危険にさらされたりしない限り、禁止されていない。
とはいえ、そのような速度はもちろん非常に危険なので、ユーチューバーたちは通常、そのような乗り物の真似をしないようにと指摘している。
特に今回のような2.5トン近くもの物体がそんな速度で走行するなど、考えただけでおそろしい。
絶対に近くにいたくないものだ。

この962馬力カイエン ターボの333km/hという、恐るべき走行の模様はYouTube動画でどうぞ。

Text: Jan Goetz