偉大な才能を持つSUV 新型「メルセデス・ベンツ GLC 450 d」の実力を探る!

272
- Advertisement -

メルセデス・ベンツ GLC 450 d:偉大な才能を持つSUV。新型メルセデスGLC 450 dは、優れたシャシーに3リッターディーゼルの大きなパワーと電動モーターのアシストで極めて高い運動性能を得た。

簡単に言えば、すべてがいつも通りなのだ。「GLC 450 d」では、多くのメルセデスが持つ気取らない雰囲気がすぐにわかる。そのプロポーションと全体的な寸法は、より洗練されたドイツのSUVの世界に良くできた手袋のようにフィットする。

つまらない?全然違う。「GLC 450 d」ではすべてが違う。そして良くなっている。言ってしまえば、普遍性、マナー、運動能力、快適性、そして恬淡さにおいて、現行のSUVはこのクルマの足元にも及ばない。もちろん、よりシャープな「ポルシェ マカン」、よりパワフルな「BMW X3 M」、より安価な「アウディQ5 2.0」もあるが。

GLCの武器は非常に優れている

「GLC 450 d」は、しっかりとした基本性能の上に高い知性、先進技術、フィロソフィーが、均質にブレンドされ、見事にパッケージングされている。それが高い運動性能をもたらすのだ。しかし、絶賛するのはもう十分だ!

豊富な技術力: GLC 450 dは、6気筒ディーゼルエンジン、9速オートマチックトランスミッション、全輪駆動を組み合わせ、極めて優れたドライビングを提供する。

9速オートマチックトランスミッション、4MATIC可変四輪駆動、直列6気筒ディーゼルエンジンが組み合わされ、優れたパワーパックを形成している。加えて、「GLC 450 d」は高さと硬さを調整可能なエアマティックサスペンションエレメントの上に立ち、アダプティブダンピングで振動を鎮め、後輪ステアリングのおかげでスムーズかつ安全にコーナリングする。

メルセデスは、3リッターエンジンのクランクシャフトに48ボルトの電圧アークを持つ電動モーターを搭載している。

マイルドハイブリッドがディーゼルを極上のものにする

この一体型スタータージェネレーターは、ターボチャージャー付きディーゼルエンジンの凹凸をサポート機能で滑らかにする。ターボラグ?始動性の弱さ?解消!電動モーターの23馬力または180ニュートンメーターが、完璧に補う。

真の意味でのセンターピース: 750Nmのトルクを持つ3リッター6気筒エンジンは、スズメのように経済的で、雄牛のようなパワーを発揮する。

電気とディーゼルのパワーが完璧なハーモニーを奏でる。「GLC」は750Nmのトルクで4.9秒(実測値)の0から時速100kmまでのスプリント、そして何の苦労もなく250km/hの最高速度に到達する。

同時に、「GLC」は実に経済的でもある。低回転域とセーリングモードのおかげで、今回のテスト時でも、このパワフルなSUVは7.7ℓ/100 km(リッターあたり12.9km)しか消費しなかった。

シャシーに不満はない

リア・アクスルステアリングは、11メートル未満の小さな旋回半径、容易な旋回、素早い方向転換、あるいは(前輪と同じ方向に最大4.5度の旋回範囲を持つ)高速走行時のきれいな回避行動を可能にする。

驚くべき操縦性: リア・アクスルステアリングのおかげで、全長4.72メートルのGLCはコーナーをよく曲がる。また、快適性のカテゴリーでも高い評価を得ている。

サスペンションの快適性はほぼ完璧で、アンジュレーションに対して敏感に反応し、ショックを吸収する。大径タイヤでも、ばたばたしない。シートの座り心地も抜群で、全体的に低いノイズレベルとブルマイスター(Burmester)製3Dオーディオシステムによる一流のサウンドを楽しむことができる。

豊富なアシスタンスシステム

ドライバーにはさらなる楽しみがある。それは、ステアリングのセンターポジション付近の十分なクリアランスと、素早いレスポンスがもたらすハンドリング性能の高さだ。その結果、「GLC」は指先のガイダンスで高速で地平線に向かって突進することも、繊細かつ正確に車線標示に沿ってトレースすることもできる。要するに、このクルマは極めて信頼性が高く、完璧な走りを見せ、その大きなサイズにもかかわらず、運転する喜びを感じさせてくれるのだ。

才能あふれるエレクトロニクス: メルセデスGLCのアシスタンスシステムは、経験豊富なドライバーと同じようにきめ細かく作動する。

膨大なアシスタンスと快適性を提供するエレクトロニクスも同様だ。例えば、高度にインテリジェントなボイスコントロールは、マルチメディアエリアのわかりやすく整理されたメニューコンセプトに対応している。ドライバーアシスタンスシステムは、誤った警報でドライバーにストレスを与えることなく注意深く作動し、メルセデスは経験豊富なドライバーと同じように車間距離制御を行う。自律走行レーンキーピングモードでのステアリング補正も、非常に繊細で目的意識を持ったものだ。

オプションのプロジェクション機能付きデジタルライト機能の一環として、例えば道路工事前の警告として、ライトが前方の道路にシンボル(この場合はショベルカー)を「照射」し、さらに照射された幅の通路を介してドライバーを狭い車線に誘導する。私たちの意見では、これ以上いいものはないし、これ以上安全なものはない。

試乗車の価格は9万ユーロ(約1,440万円)以上

残念なことに、このセンセーショナルなライトは、他の安全装備と同様、例えばAMGプレミアムパッケージの上級ラインでなければ利用できない。これはすでに高額な78,195ユーロ(約1,250万円)のスタート価格に上乗せされる。AMGラインプレミアム、テクノロジーパッケージ、スポーツタイヤを装着したテスト車の価格は91,463ユーロ(約 1,465万円)である。一言で言えば、「痛い」!

フォトギャラリー: メルセデス・ベンツ GLC 450 d

結論:
痛いほど高価な車。しかも電気自動車でもない。とはいえ、SUVの中では現在入手可能な最高のオールラウンドカーである。模範的な姿勢で運転し、アシストに関しては弱点がない。
AUTO BILDテストスコア: 2

Text: Berend Sanders and Jan Horn
Photo: Michael Nehrmann / AUTO BILD