え?これですか?フィアット パンダです(笑) フィアット パンダがピックアップ、SUV、そしてキャンピングカーに 面白そー!

538
- Advertisement -

FIAT PANDA(フィアット パンダ): モーターホームに変異?シティカー、ピックアップ、セダン、SUV、そしてキャンピングカーの1台5役。今後数年間、フィアット パンダはモデルとして維持されるだけでなく、全モデルレンジを代表する存在となる!

「フィアット パンダ」の将来については、再考が必要だ!40年以上もの間、この名前は暖かい南の国からやってきた、かわいくて実用的な小型車の代名詞だった。しかし、数年後には、この名前はモデルレンジ全体を表すことになるだろう!

新しいモデルレンジの最初の車両は、ブランド創立125周年を記念して2024年7月に発表される予定だ。その後、2027年まで毎年「パンダ」ファミリーの新車が発表される予定だ。

シティカー

今年は、シティカーというモデルが発表される。このクルマは、現行の「パンダ」とこのクルマの背景にあるこれまでの哲学に最も近いものだが、現行世代よりも大きくなる。一見して、この研究が現実にはまだほど遠いことはすぐにわかるーこのようなカラフルなモデルが望ましいが。

このカラフルなスピードスターは、早ければ2024年夏に発表される予定だ。現行のパンダに最も近い。

このシティモデルの焦点は、スペースの有効活用、実用性、そして竹繊維などの持続可能な素材である。また、充電ケーブルの巻き取り機能も検討されている。

ピックアップ

そうそう、荷室付きのパンダも数年後に発売される予定だ。このモデルは、「フィアット ストラーダ」が大人気の南米などで流行りそうだ。このピックアップは、レジャーだけでなく仕事にも適しているはずだ。また、コンパクトなサイズのシティクルーザーである。

プライベートでも仕事でも実用的なパンダ。

サルーン

現在、「フィアット ファストバック」と「ティーポ」に代表されるモデルは、将来的に「パンダ サルーン」という1つのモデルに統合される。最初の写真では、純粋なサルーンという印象は限定的で、クロスオーバーやSUVクーペの印象が強い。ここに挙げた他のモデルと同様、正式名称はまだない。このモデルは、スポーティさとサステイナビリティを重視し、主に若い世代をターゲットにしている。

SUVクーペのような外観だが、サルーンとして開発される。

SUV

家族全員のためのクルマももちろん検討されている。それが「パンダ」のSUVだ。パープルのカラーリングと、ホイールアーチやサイドシルのアクセントは、間違いなくこのイタリア車を際立たせるだろう。ボディ形状はスペースの理想的な活用を示唆しており、平坦なラインなどでスペースを無駄にすることはない。

家族全員のためのフィアット パンダ!

キャンピングカー

この「フィアット パンダ」スタディモデルは、正確にはモーターホームではないかもしれないが、考え方は似ている!オフロードでの使用に適しており、頑丈でルーフテントを装備している。このパンダは、もはやかわいい抱っこのボールではない。

ルーフテントを装備するパンダ:これがパンダだと誰が想像するだろうか?

このリストの最後の車、パンダキャンピングカーが出てシリーズが完結するまで、私たちはおそらくこのプロジェクトを長く待たなければならないだろう。しかし、今後数ヶ月、数年のうちに、新しい情報が徐々に入ってくるに違いない。まずは「パンダ シティカー」を心待ちにしている!

Text: Kim-Sarah Biehl
Photo: Stellantis