3代目新型「フォルクスワーゲン ティグアン」の性能と実力やいかに? 世界的ベストセラーのドライビングインプレッション!

657
- Advertisement -

3代目となる新型VW ティグアンで、フォルクスワーゲンはかつての美点を再発見し、プレミアムな競合車から顧客を奪おうとしている。一見したところ、これは簡単に達成できそうだ!

3代目「Volkswagen Tiguan(フォルクスワーゲン ティグアン)」は、顧客のためだけでなく、フォルクスワーゲン自身のためにも非常に重要な役割を持つ。

これまでの2世代で世界販売台数は760万台を超えたが、新型「ティグアン」の進化によりベストセラーの道をさらに突き進むだろう。

拡張された「MQB evo」プラットフォームのおかげで、新型ティグアンのアンダーボディに、燃焼エンジンと電動モーターとともにバッテリーを搭載することが可能になった。これにより、プラグインハイブリッドは100kmの純粋な電動走行が可能となった。さらに、19.7 kWhの高電圧バッテリーは、急速充電ステーションで最大50kWの充電が可能になった。こうしてVWは、メルセデスやBMWのハイブリッドモデルに追いつこうとしている。

新しいLEDクロスバーが新型ティグアンのリアエンドを強調している。CD値は0.28となり、これまで以上に空力特性が向上した。

優れた素材と優れた仕上がりの新型VWティグアン

というのも、ヴォルフスブルクに本拠を置くVWは、「ティグアン」でドイツのプレミアム競争からパイを奪うことを目指しているからだ。最初のドライブの後、これはいくつかの点でうまくいく可能性があることが認識できた。

インテリアは素晴らしい素材で見事に仕上げられ、遮音性は大幅に改善され、オプションの「エルゴアクティブ」フロントシートは後席乗員にとって夢のようなシートだ。ただし、オプションリストにチェックを入れると、エントリーレベルの価格(36,600ユーロ=約585万円)ともお別れしなければならない。

15インチセンタースクリーンはオプション。ティグアンは12.9インチディスプレイを標準装備する。

とはいえ、ベーシックな料金で、12.9インチのデジタルコックピット、センターコンソールのTFTディスプレイ(音量調整も可能)付きドライビングエクスペリエンススイッチ、追加センター・エアバッグ、車線変更、緊急ブレーキ、車線維持アシストなどの電子制御ヘルパーがすでに装備されている。リバーシングカメラ、交通標識認識機能、LEDヘッドライト、17インチホイールも標準装備だ。

ティグアンのもうひとつの新しい特徴は、ギアスティックがセンターコンソールから消え、IDモデルのようにステアリングコラムレバーに移ったことだ。これがいいかどうかは好みの問題だが、いずれにせよ、すぐに慣れるだろうし、センターコンソールがスッキリとしたのは良いことだ。

より効率的になったティグアンeTSI

エントリーモデルには、4気筒ターボチャージャー付きガソリンエンジン1.5リッター「eTSI evo2」が搭載される。この場合、130馬力を発揮し、14kWのスタータージェネレーターがサポートする。この組み合わせが新型ティグアンでどのような性能を発揮するかは、現時点では何とも言えない。その代わりに、我々は150馬力バージョンをテストすることができたが、これは先代同様、人気が出ると確信している。

ティグアンの素材と出来映えはまさに完璧だ。新型ではエアコン操作のスライダーでさえバックライト付きだ。

150馬力のガソリンエンジンは、1.6トンの「ティグアン」に圧倒するような印象を与えないが、7速デュアルクラッチギアボックスにより、楽に、周りのペースをリードできるし、その気になれば200km/h以上までストレスなく加速する。

この速度でSUVが、どれほど喉が渇くかはまだわからない。ただ、言えることは、エンジンの刷新によって、先代に比べて消費量がさらに抑えられているということだろう。VWは6.2リッター(リッターあたり16.1km)と発表している。

ツインバルブダンパー付きアダプティブサスペンション

新しいアダプティブシャシーコントロールに慣れる必要はない。これはもはや「DCC」ではなく、「DCC Pro」によって制御される。ダンパーは1つのバルブではなく、2つのバルブが装備され、伸側と圧側を別々に制御できるようになった。これにより、車体の動きが抑えられ、快適性が向上するとともに、コーナリング時の十分なダイナミクスが得られる。

ティグアンのオプションの「エルゴアクティブ」シートは、兄貴分のトゥアレグに由来する。

150馬力では物足りない場合は、204馬力と265馬力の2.0リッターターボガソリンエンジンも2024年半ばまでに用意される。頻繁に運転するドライバーは、150馬力と193馬力の2.0リッターディーゼルを選ぶことができる。最もパワフルなガソリンエンジン同様、後者にも全輪駆動が標準装備され、最大2.3トンを牽引することができる。一方、短距離を電動で移動したい人は、システム出力204馬力と272馬力の2種類のプラグインハイブリッドから選ぶことができる。

それぞれ350Nmと400Nmの最大トルクは、純燃焼エンジンの場合とは異なり、7段変速のDSGではなく、6段変速のDSGによって駆動輪に伝達される。新型「ティグアン」にはマニュアルギアボックスはもはや搭載されない。

最大15インチの中央ディスプレイ

アナログのディスプレイパネルも過去のものとなった。すでに述べたように、ダッシュボードは12.9インチ、または要望に応じて15インチのタッチモニターが主役となる。すべてのコントロールエレメントと同様、このモニターも第4世代のモジュラーインフォテイメントマトリックス(MIB4)に基づいている。これには例えば、批判が多かったエアコン操作用のスライダーがバックライト付きになったことも含まれる。これにより、暗闇でブラインドタッチする必要がなくなった。

新型ティグアンのトランク容量は652~1650リットルになった。

操作されるより操作したい人は、「IDA」に助けを求めることができる。この対話型デジタルアシスタントは、窓の開閉やシートの暖房/換気のコントロールといった通常の操作のほか、道案内もできる。

これとは別に、「IDA」はオンラインデータベースとリンクしており、人工知能(AI)である「ChatGPT」にアクセスできる。これは役に立つというより娯楽的であることは認めるが、「なぜ空は青いのか」といった差し迫った質問に答えてくれる。しかし、この機能が自動車向けに展開されるのは今年後半だ。

自動車市場の民主化

結局のところ、これらすべてを好きなように作ることができる。しかし、VWが自動車市場の民主化を宣言している「ティグアン」に関して言えば、「IDA」は、もはやダッシュボード上のプラスチックカードとしてではなく、フロントガラスにデータを明確に投影する新しいオプションのヘッドアップディスプレイや、サウンドシステムであらかじめ設定された雰囲気によって非常に個性的なムードを作り出すアンビエント照明と同じくらい重要である。

「ティグアン」のトランクが37リットル増えて652リットルになり、リアシートが動かせるようになったこともその特徴だ。これと、ティグアンに必要なものをすべて装備しても51,000ユーロ(約820万円)の大台をわずかにこえるだけという事実を照らし合わせると、これは極めて民主的である。

結論:
「フォルクスワーゲン ティグアン」があらゆる点でVWの古い美点を備えていることに微笑む人もいれば、有益なeモビリティがここに提示されていないことに呪う人もいるだろう。しかし、あなたがそれをどのように見てもVWのコンパクトSUVは、世界的なベストセラーであり、第3世代では、あらゆる点で日常的なクルマとして成功している。

Text: Holger Preiss
Photo: Volkswagen