即完売した「レンジローバー スポーツSV」 史上最もダイナミックなレンジローバーに初試乗&徹底チェック!

276
- Advertisement -

レンジローバー スポーツSV(2024):ランドローバー史上最もダイナミックなレンジローバー スポーツはSV(スペシャルビークルオペレーションズ)によってサーキット走行も得意とする。

英国人が50年以上にわたって説いてきたように、「レンジローバー」はどんな地形にも対応する。というのも、ラフテレインの神様と呼ばれる「レンジローバー」は、まずモーグルで、次に大通りでその名を馳せた後、今度はピットレーンを征服しようとしているからだ。

「新型レンジローバー スポーツSVが近日中に納車されれば、それは史上最もダイナミックなレンジローバーに他ならない」と、開発責任者のニック コリンズは意気込む。そしてもちろん、最もパワフルでもある。

もちろん、価格もトップクラスだ。「レンジローバー スポーツ」が250馬力のディーゼルを搭載して約10万ユーロ(約1,600万円)で買えるのに対し、ランドローバーは「SV」に少なくとも21万ユーロ(約3,360万円)を要求する。そして、最も重要なエクストラを注文すると、価格は一気に25%高くなる(約4,200万円!)。

SV(スペシャルビークルオペレーションズ)によってレンジローバー スポーツは、一般道や高速道路からサーキットへ活躍の場を広げる。

とはいえ、このことは著名な顧客層にはほとんど気にならないようだ: 「Edition One」の2,000台が今春の市場導入前にすでに販売されたことも、ランドローバーが次のロットの規模や開始時期を検討していることも、決して無駄ではない。

レンジローバー スポーツSV: 635馬力

旧型のV8は最高出力575馬力にとどまり、従来の「レンジローバー スポーツ」はプラグインハイブリッドでも550馬力を上回らなかったが、ミュンヘンからの臓器提供のおかげで、データシートには最高出力635馬力、最大トルク750Nmと記載されている。これだけのパワーがあれば、2,485kgなんてどうってことない。完全停止状態からダッシュして、デジタルメーターに100km/hが点滅するのに3.8秒しかかからないのだから。そして、勇気をもってアクセルを踏み続ければ、最高時速290kmまでさほど時間を要さない。

サーキット走行も、レンジローバー スポーツSVなら違和感を持つことはないだろう。

これによって「レンジローバー スポーツSV」は、666馬力の「ランボルギーニ ウルス ペルフォルマンテ」や707馬力の「アストンマーティンDBX」といったクルマと肩を並べることになる。

競合他社とは異なり、Sirレンジは左側車線用のスチームハンマーでもなければ、市街地用のショーランナーでもない。その代わり、イギリス人はその名前を義務として受け止め、あらゆる点でそれに応えようとしている。レンジローバーにふさわしく、「SV」は下草の中にも分け入り、泥の中でも勇敢に戦うことができるのだ。そして、適当なところで道を間違えたりしてサーキットに入ってしまっても、違和感を覚えることはない。それどころか、「レンジ」はサーキットを駆け巡り、タイトなカーブの手前で激しくアンカーを打ち、最もタイトなカーブでは爪を立てて直立し、スタートからフィニッシュまでのストレートを怒れるサイのように突進する。

レンジローバー スポーツSVは直立を保つ

エンジン、よりタイトなセットアップ、ステアリングホイールのボタンで作動するSVプロファイルに加え、エアサスペンションの最低地上高をさらに25mm下げるなど、「レンジローバー」は、ランドローバーが世界初と称する2つの改良によって特に助けられている: まず、23インチのカーボンホイールに装備された巨大なセラミックディスクで、バネ下重量を36kgも削減している。

レンジローバー スポーツSVのコーナリング姿勢は極めて安定している。

そして第二に、6Dシャシーを開発した。このシャシーは、エアサスペンションとピッチコントロールに油圧式ダンパーを組み合わせたもので、メルセデスの「SL」や次期「Gクラス」と同様、ボディを顕著に落ち着かせる。遠心力がどんなにボディを引っ張ろうとも、少ないロールを保ち、少しも揺れない。

これは完璧なスポーツカーに近い。少なくとも、重量と、シートの高い着座位置を無視すれば。ただし、エモーションの持続時間がやや短すぎることと、テールスイングがエレガントすぎるという欠点もある。

しかし、SVチームはこの問題の解決策も見出しており、新しい「Body & Soulシート」を推奨している。ハイエンドオーディオシステムと組み合わされたこのシートは、張地の下にある特別なエキサイターによって音を目に見えるものにし、適切なスリルを与えてくれる。

Text: Thomas Geiger
Photo: Land Rover