新型「アバルト(ABARTH) 600e」 SUVの600eはアバルトでもっともパワフルな市販車だ!

373
- Advertisement -

アバルト600e(2024): アバルトは2台目の電気自動車を開発中。SUVのアバルト600eは、ブランドで最もパワフルな市販車となる。

アバルトは2023年にブランド初の電気自動車「500e」を発売したばかりだが、現在、2番目のモデルとなる「アバルト 600e」の開発に取り組んでいる。そしてこの新しい電気自動車は、スコーピオンとともにブランドで最もパワフルな市販車になる予定だ。新モデルの出力は177kW(240馬力)となる。

アバルトはこれを発表し、プロトタイプの写真を公開した。カモフラージュが施されているものの、これが「フィアット600e SUV」のアバルト版であることは、かなりの確度で言える。

独自のプラットフォームと専用タイヤ

とりわけ、SUVにはよりスポーティなフロントスポイラーと、ルーフエッジスポイラーが与えられているようだ。アバルトはすでに、「600e」のために独自のタイヤを開発したことを明らかにしている。この専用タイヤは、最適なグリップを提供し、特に静粛性が高いように設計されている。

600eのアバルトバージョンは、より印象的なルーフスポイラーを備えているようだ。

アバルトは、ステランティスモータースポーツとともに、「500e」のSUV兄弟のプラットフォームをさらに開発した。その特徴のひとつが、BEVのドライビングダイナミクスに合わせて新たに開発されたリミテッドスリップディファレンシャルだ。

アバルトは、インテリアに特別に開発されたスポーツシートを装備することを約束しているが、それ以外はまだ公式には何も発表されていない。我々は、「アバルト500e」のように、アルカンターラをふんだんに使用し、特別なスポーツステアリングホイールを発見できると期待している。

アバルト600eは、早ければ2024年に発表される可能性がある

公式画像のプロトタイプは、Erlkönigフィルムにもかかわらず、シリーズ生産に非常に近いように見える。したがって、「アバルト600e」は早ければ2024年にも発表される可能性がある。価格に関しては、「スポルト600e」は4万ユーロ(約640万円)以上からになると予想されている。

Text: Katharina Berndt and Kim-Sarah Biehl
Photo: Stellantis