ミニは新型クーパーSを価格据え置きで26馬力パワーアップした!第5世代「MINI COOPER(ミニ クーパー)」の全情報

849
- Advertisement -

同じ価格でもっとパワーを?はい、お願いします!ミニは新型クーパーSをより高価にすることなく、26馬力のパワーアップを実現した。AR(拡張現実)を搭載したサットナビも装備する。

「ミニ クーパー」は真のクラシックカーであり、第5世代ではそのルーツにより強く回帰している。

一方、2つの内燃エンジンは一歩前進し、「ミニ クーパーC」と「ミニ クーパーS」はともにパワーアップしている!

デザイン:新旧がカラフルにミックスされたミニ クーパー

ショートオーバーハング、ショートボンネット、ロングホイールベース!第5世代では、これらのプロポーションが再び主役となる。しかし、マトリクスリアライトとLEDデイタイムランニングライトは、3つの異なる、個別に調整可能なライトシグネチャーを持ち、それほど旧式ではない。

クールな特徴:マトリクスリアライトとパノラミックガラスルーフ。トランク容量は210リットルから725リットル。

新型ミニにとって、個性化は最優先事項である。シンプルな基本デザインにもかかわらず、いや、シンプルだからこそかもしれない。ルーフには、通常の塗装仕上げとは対照的な4色が用意されている。装備によっては、マルチカラーのグラデーションにすることもできる。ミニは新型「クーパー」用に16インチから18インチのホイールも用意しており、顧客は「エッセンシャル」、「クラシック」、「フェイバリット」、「JCW」(ジョン クーパー ワークス)の4つのトリムから選ぶことができる。

インテリア:AR(拡張現実)を備えた衛星ナビゲーション

ミニに乗り込むと、インテリアの中央に配置された直径240mmの丸型OLEDスクリーンにミニオペレーティングシステム9が表示される。新システムには「ミニエクスペリエンスモード」が含まれている。3Dビジュアライゼーションによるナビゲーションシステムと「オーグメンテッドビュー」機能(拡張現実)もオプションとして用意されている。

新型クーパーのステアリングホイールは新しいデザインになった。

技術データと価格:同じ金額でより大きなパワー

新型ミニを選ぶ人は、「クーパーC」と「クーパーS」のどちらかを選ぶことになる。もちろん、これらの略称は目新しいものではなく、通ならこの文字がエンジンを意味することを知っている。「C」はエントリーモデルを意味する。ここでは、3気筒ガソリンエンジンが156馬力(従来は136馬力)と最大トルク230Nm(従来は220Nm)を発揮する。

複合燃料消費量は100km走行あたり5.9リッター(16.9km/ℓ)で、0-100km/h加速は7.7秒とされている。「クーパーC」の価格は若干上がった: 26,900ユーロ(約430万円)が28,900ユーロ(約462万円)となる。

ミニ クーパーSの性能は大幅に向上したが、ベース価格は据え置き!

よりパワフルな「クーパーS」バージョンでは状況が異なる。32,900ユーロ(約526万円)という価格は変わらないが、パワーはアップしている!具体的には、最高出力が178馬力から204馬力に、最大トルクが280Nmから300Nmに向上している。0から100km/hまでのスプリントは6.6秒、複合燃料消費量は100km走行あたり6.1リッター(16.3km/ℓ)だ。

Text: Kim-Sarah Biehl
Photo: BMW Group