【クラシックバンの市場分析】ゴッゴモビルって知ってる? シンプルなワンボックスバンがいかに劇的に高価になったか?! 日本車2台を含む!

915
Photo: Werk
- Advertisement -

クラシックバンの市場分析:シンプルなコマーシャルバンがいかに劇的に高価になったか!高価なバンを買いたくないなら、キャンピングカーや移動販売車に改造されたクラシックバンを探そう。

「VWバス」は、バンシーンにおける「ポルシェ911」のような存在である。1980年代の「VW T3」世代の「ブリ」でさえ、最高のコンディションであれば2万ユーロ(約320万円)以上で取引されている。他のメーカーのモデルはもっと安いが、見つけるのが難しいことが多い。

「メルセデスMB100」にしろ、「フィアット238」にしろ、そのほとんどは過酷な(現役)生活を送り、錆び穴が大きくなりすぎると人知れず捨てられた。愛好家の年齢に達するまで持ちこたえた数少ない車の多くは、今では整備の遅れやその他の放置に苦しんでいる。レストアは例外である。

どの価格動向が有効か

査定専門会社「クラシックデータ」のマリウス ブルーン氏によれば、現実的な市場価格を導き出す上で問題となるのは、カスタマイズの度合いが高いことだという。多くの車は、プロの手によってカスタマイズされているか、ユーザーのニーズに合わせて改造されている。キャンピングカーへの改造は一般的で、フードトラックや移動販売車、緊急車両として使用されているものもある。ここでいう「公式」価格はあくまで目安であり、最終的な価格は業者と関係者の間で個別に決定される。

三菱L300は1980年から1998年まで製造された。2018年から2023年にかけて、良い個体の価格は50%上昇している!
Phto:Werk

ブルーンによれば、現在、3つの傾向が顕著になっているという。第一に、東欧州車が増えている。しかもしばしば劇的に!これは「GDRバン バルカス」にも当てはまり、2017年からなんと80%も値上がりしている(コンディション2: 16200ユーロ=約260万円)。だが、2ストロークエンジンのため扱いは面倒。

第二に、流れ星はほぼない。「フィアット 238」のような短期的な価格高騰は、市場によってすぐに打ち消された。一部の車種は人気がなく、その状態が続いている。

第三に、エンスージアストコミュニティが高齢化しているため、超レアなベテランにとっては難しくなっている。そのため、若い購買層が「ゴッゴモビル トランスポーター」に8万ユーロ(約1,280万円)以上を支払う可能性は今後ますます低くなるだろう。しかし、「ルノー エスタフェット」のように、人気が高まっている車種もある。

クラシックバンの市場分析

メルセデスMB 100
コマーシャルバンは素のままで乗られることは非常にレアケース。デリバリーバンは乗り潰されるのが通常だから。
Photo:Daimler AG
メルセデスMB 100
コロナウィルスの影響だけでなく、鎖国中にもかかわらず、キャンピングカーで田舎に逃げ込むための改造ベースとして、あらゆる年式のバンが人気を博している。これはクラシックバンの価格にも影響を与えている。「メルセデスのMB100」も高くなった。しかし、「VW T3」とは異なり、価格はまだ上昇していない。1万ユーロ(約160万円)で取引されるのは特別な車だけで、平凡な例はその半額程度だ。興味のある人は急いで探す必要はない。
Photo:AUTO BILD Montage
メルセデスMB 100
バスク地方で製造された、低速2.4リッターディーゼルのMB 100は、DKWシュネルラスターの設計をベースにしており、チューブラーフレームのシャシーのおかげでさまざまな上部構造に適している。しかし、キャンピングカーやプラットフォームローリー、移動式チキングリルを望まないのであれば、選択の余地はほとんどない。
Photo:Werk
シュコダ1203
1万ユーロ(約160万円)の手の届くところにある: 5速マニュアルギアボックス、より多くの排気量と57馬力(1985年から)、9人乗りのミニバスバージョンであっても、シュコダ1203はまだかなり容易に入手可能である。2017年以降、その市場価値は50%上昇した後、トップ例は1万ユーロ(約160万円)で天井に達している可能性が高い。
Photo:AUTO BILD Montage
ルノー エスタフェット
バンのファンは顔のある車が好きだ。ルノー エスタフェット(1959年、前輪駆動を採用した最初のルノー)の場合、後期型のくしゃくしゃの顔さえも購入の障害にはならない。それどころか、最近では価格が急上昇しており、直近では2017年以降、コンディション3のクルマで80%も上昇している。トップクラスの例では、間もなく15,000ユーロ(約240万円)の価値がつくかもしれない!
Photo:imago stock
Photo:AUTO BILD Montage
フィアット238 E
一応、フィアットファンは保存状態の良い238Esに心を見出したかのように見えた。しかし、2017年から2919年の間に価格が45パーセントも跳ね上がったのは一瞬の出来事で、前輪駆動のイタロ・バスには13,000ユーロ(約205万円)の価値はない。とりあえず走る状態のクルマでも、ほとんど錆びていない。
Photo:AUTO BILD Montage
三菱L300(日本名はデリカスターワゴン)
初代はほとんどモーターホームとしてしか生き残っていないが、2代目L300(1987年~)は、9人乗りのミニバス仕様でも、まだかなり入手しやすい。2017年以降、その市場価値は50%上昇し、トップ例は1万ユーロ(約160万円)の壁に達している可能性が高い。
Photo:AUTO BILD Montage
ゴッゴモビル TL 400
最も高価なもの: ゴッゴモビル TL 400(ここではピックアップに改造)は、コンディション2で80,000ユーロ(約1,280万円)以上すると言われている。300立方メートル、20馬力のトタン小屋にそんなにお金がかかるの?すべてを理解する必要はない!1957年から1965年の間に2,000台しか製造されなかったゴッゴモビルは、その希少性からコレクターの注目を集めてきた。しかし、現存するのはほんの一握りだが、間もなく頭打ちとなる可能性がある。
Photo:Werk
ダイハツ ハイジェット
最安値:1994年から1999年まで販売されたダイハツ ハイジェットは、イタリアのピアッジオが製造した。このナローゲージのトランスポーターにはマニアックなシーンがないため、価値が上がる可能性はあまりない。コンディション3の即走行車は2,200ユーロ(約35万円)前後から入手可能だ。
Photo:Hersteller

Text: Martin Puthz