ドイツ人も👍細部にわたって改良された新型「トヨタ ヤリス ハイブリッド」その性能と評価!

501
- Advertisement -

トヨタ ヤリス ハイブリッド130(2024):細部にわたって改良が施され、ハイブリッド専用車として116馬力と130馬力のニューバリエーションが用意された新型ヤリスにドイツ人も納得!

トヨタは1998年から「ヤリス」を製造しており、現在までに1,000万台以上を売り上げている。4メートルの小型車である「ヤリス」の現行モデルも誕生から4年近くが経過している。しかし、外観にはフェイスリフトの面影はほとんどない。

スペースに関しては何も変わっていない。フロントはかなりゆったりしているが、リアは背の高い人にはかなり窮屈で、どちらもこのクラスの標準的な広さだ。フロントシートはよく成型され、快適な布張りだが、クッションが短かいのが気になる。

フェイスリフト後も、トヨタ ヤリスの走りは先代と変わらない。その理由は、シャシーは何も変わっていないからだ。

クラブではすべてがデジタル化

「クラブトリムレベル(116馬力)」以上では、メータークラスターはフルデジタル化され、サイズは7インチとなった。「スタイルトリムレベル(130馬力)」以上では、テスト車と同じく12.3インチとなる。計器類はレブカウンターを含む3種類のレイアウトで表示でき、いずれも親しみやすい外観で見やすい。

マルチメディア用のタッチスクリーンは、「116 S」バージョンで9インチ、「130馬力」バージョンで10.5インチ。反応も早く、グラフィックも魅力的だが、メニューは必ずしも論理的に整理されているわけではない。

マルチメディアとアシスタンスシステムは無線アップデートが可能で、Apple CarPlayとAndroid Autoはワイヤレスで接続できる。

見慣れた外観:トヨタ ヤリスのデザイン変更は、リアではほとんどわからない程度。

ハイブリッドシステムはより速くよりダイレクトに

先代モデルでは、72馬力と125馬力の2種類の3気筒ガソリンエンジンを搭載していたが、これらはラインナップから外された。1.5リッターハイブリッドドライブには、従来通り116馬力のものと、テスト車のように130馬力のものの2種類が用意された。トヨタはハイブリッドシステムの改良に余念がない。そして実際、現在第5世代となるこのシステムは、以前よりも少し速く、よりダイレクトにアクセルペダルに反応する。

ハイブリッド車ではいつもそうだが、走らせ、穏やかに加速し、急がない。そうすれば、ゆったりとした旅を楽しむことができる。急ぐ場合は、3気筒ガソリンエンジンがその声を響かせ、負荷がかかるとかなり喉の奥まで響く。

例によってヤリスの後部座席はかなり窮屈で、特に背の高い人には厳しい。

トヨタは安全装備を改良し、フロントカメラとレーダーセンサーを新採用したほか、緊急ブレーキアシスト、アダプティブクルーズコントロール、車線逸脱警報、交通標識認識、8つのエアバッグを標準装備した。

価格は25,500ユーロ(約408万円)から

価格は「コンフォート」装備の116馬力バージョンで25,500ユーロ(約408万円)から。これには、9インチマルチメディア、15インチホイール、電動ウィンドウ、電動&ヒーテッドエクステリアミラー、オートマチックエアコン、リモコン付きセントラルロック、スプリットバックレストなどが含まれる。

クラブトリムレベル(116馬力)は、インストルメントクラスターがフルデジタル化され、サイズは7インチに、スタイルトリムレベル(130馬力)は、写真のように12.3インチになる。

トヨタは、130馬力仕様の「スタイル」装備を31,900ユーロ(約510万円)から提供している。これには、シートヒーター、ステアリングヒーター、デュアルゾーンオートエアコン、アンビエント照明、17インチLMホイールが含まれる。試乗車のプレミアエディションは、ヘッドアップディスプレイとJBLサウンドシステム(8スピーカー)付きのスタイルに加え、34,900ユーロ(約558万円)からとなっている。

トヨタ ヤリスのフェイスリフトを初チェック

トヨタがヤリスを刷新。この小型車は現在ハイブリッド専用車として116馬力と130馬力の新バージョンが用意されている。ヤリスは1998年から発売され現在までに1,000万台以上が販売された。この4mの小型車の現行モデルも発売から約4年が経過し刷新の時期を迎えた。しかし外観にはフェイスリフトの面影はほとんどない。
いつものように、トヨタ ヤリスのトランクは扱いやすい。容量は286~768リットル。
クラブトリムレベル(116馬力)は、メータークラスターがフルデジタル化され、サイズは7インチとなった。スタイルトリムレベル(130馬力)は、テスト車と同じく12.3インチとなる。計器類は3種類のレイアウトで表示でき、レブカウンターも装備される。
マルチメディア用タッチスクリーンは、130馬力モデルで10.5インチ。反応は速く、グラフィックも魅力的だが、メニューが必ずしも論理的に整理されていないのが気になる。
マルチメディアとアシスタンスシステムは、無線によるアップデートが可能で、Apple CarPlayとAndroid Autoはワイヤレスで動作し、130馬力仕様のシートナビはクラウドベースとなっている。
先代には72馬力と125馬力の2種類の3気筒ガソリンエンジンがあったが、これらはラインナップから外れた。1.5リッターハイブリッドドライブには2つのバリエーションが用意され、従来通り116馬力のものと、テスト車と同じ130馬力のものがある。
トヨタはハイブリッドシステムの改良に余念がない。そして実際、現在第5世代となるこのシステムは、以前よりも少し速く、よりダイレクトにアクセルペダルに反応する。
トヨタは安全装備を改良し、フロントカメラとレーダーセンサーを新採用したほか、緊急ブレーキアシスト、アダプティブクルーズコントロール、車線逸脱警報、交通標識認識、8つのエアバッグを標準装備した。
新型トヨタ ヤリスは3月8日に発売され、ベース価格は25,500ユーロ(約408万円)。130馬力バージョンは、スタイル装備付きで31,900ユーロ(約510万円)から。これには、シートヒーター、ステアリングヒーター、デュアルゾーンオートエアコン、アンビエント照明、17インチアルミホイールが含まれる。

結論:
トヨタはヤリスを細部にわたって改良してきたが、核となる部分は変わっていない。ハイブリッドもますます良くなっている。
AUTO BILDテストスコア: 2(1~5点までで、最高点は1)

Text: Dirk Branke
Photo: Toyota