新型メルセデス・ベンツ Eクラス エステート(S214)に見るEクラス エステートが30年間築き上げてきたもの その実用性と快適性を徹底チェック!

3043
- Advertisement -

メルセデスEクラス エステート(Tモデル)のテスト: ラグジュアリーとユーティリティの融合、それが、メルセデスEクラスエステートが30年間築き上げてきたものだ。搭載されたすべてのテクノロジーの本当の利点とは?オン ザ ロードでその実用性と快適性を徹底チェック!

「メルセデスEクラス」は、パトロールカーとしてもファミリーカーとしても、長距離移動では快適性を、市街地では操縦性を、それぞれ優れたものにしなければならない。

新車登録台数では、メルセデスのトップモデルのひとつであり、その頑丈さは多くの人に賞賛されている。要するに、Eクラスは、特に「エステート」においてはマルチツールの最高峰なのである。

これだけの前評判があれば、それも明らかだろう: メルセデスには、新しい世代が登場するたびに、またいいクルマ、あるいはさらにいいクルマを市場に送り出さなければならないというプレッシャーがかかる。そして、技術的にやり過ぎようとする誘惑は、エンジニアにとっておそらく大きなものだろう。

“Avantgarde”および”AMG Line”では、グリルにスリーポインテッドスターがある。「エクスクルーシブ」トリムを注文した人だけが、クラシックな、可倒式のスリーポインテッドスターマスコットを楽しむことができる。

ボディワーク:「S214 Tモデル」は先進的よりも実用的でありたい。

この恐怖を煽るのが、クルマに乗り込むすべての人が最初に触れる部品「シームレスドアハンドル」だ。もはや古典的なハンドルではなく、近づくと伸びるが、触れるとロックが解除され、最後に電動トリガーの「カチッ」という音でドアが開く構造になっている。

この利点が何なのか理解できない。空気抵抗の改善?おそらく最小限だろう。実用上のデメリット?むしろ最大。面倒くさいし、子供を急いで迎えに行くまでに運転席、助手席、後席のドアを開けるのに何回ボタンを押さなければならないか想像できない。

メルセデスEクラスにもリトラクタブルハンドルがついた。しかし、ハンドルを握ってドアを開ける方が簡単だ。メリットよりデメリットの方が多い。

「Eクラス」のシートに座ると、誰もが非常に安心する。特徴的なのは、ウィンドスクリーンのすぐ後ろに座るため、非常にコンパクトな車に乗っているように感じられることだ。エステートの全長は4.95メートルとなり、後列シートには十分なスペースが確保されている。足元も広く、快適な背もたれの角度を備えている。

身長1.86メートルのテスターでも足元は問題ない。座面自体も快適で、オートマチッククライメートコントロールは追加料金で4つのゾーンに対応する。

ステアリングは曲がり始めの1/3からダイレクトに反応し、操縦性の高さを感じさせるが、今回試乗した「E 300 e」には全輪ステアリングは用意されていない。とはいえ、11.4メートルという回転半径は、このサイズのクルマとしては許容範囲以上だ。充電ケーブル用のコンパートメントがないことによる155リットルの荷室減少が、ハイブリッドならではの欠点である。後部座席の背もたれを折りたたむと、460~1,675リットルの荷室になる。

不満な点: 充電ケーブルを収納するコンパートメントがない。460~1,675リットルの積載量はマイルドハイブリッドドライブより155リットル少ない。

オン ザ ロード: ベンツはプラグインドライブでポイントを稼ぐ

それとは別に、メルセデスは「E 300 e」とその313馬力のシステム出力によって、現在市販されている中で最も洗練されたプラグインのひとつを提供する。100kmの航続距離を約束しているが、私たちは68kmを達成した。しかし、それは寒冷な悪条件下での話だ。エステートは、天気が良ければ80kmは簡単に達成できるだろう。DCオプションも595ユーロ(約9万円)で購入した場合、急速充電ステーションで55kWまで充電できる。

ゼロから100%までの充電にかかる時間は30分未満、ゼロから100km/hまでは実測で6.6秒である。市街地では回生ブレーキが役立ち、前方の車両に近づくと穏やかにブレーキをかける。

2つの駆動方式の切り替えもスムーズだ。もちろん、充電をせず、空のバッテリーで走行する場合は、燃費8.2リットル(12.1km/ℓ)という重量という形で、ベンツを所有するという贅沢の代償を払うことになる。204馬力の2リッターターボは、2,280kgの車体を動かすために懸命に働かなければならない。充電した場合、100kmあたり4.9リットルのガソリン(20.4km/ℓ)と12.9キロワット時の電気のバランスはまったく問題ない。

快適性とインテリア: 多すぎるテクノロジーは邪魔にもなる

シュトゥットガルトの開発者たちは、Eクラスがオプションの快適性重視のエアサスペンション(1,785ユーロ=約29万円)のおかげでいかにスムーズに運転できるか、ブレーキがよく効くこと、アコースティックコンフォートパッケージで高速走行時でも非常に静かであることに敬意を表するに値する。アシスタントの働きも丁寧で信頼できる。

メルセデスEクラスの開発者は、あることに特に狙いを定めているようだ: 照明だ。「スーパースクリーン」は助手席のスクリーンも含む。そこで映画が上映されていても、ドライバーは運転中にそれを見ることはできない。

とはいえ、メルセデスが一歩も二歩も踏み込み過ぎていないかという疑問は残る。走行中でも、必要に応じてアンビエントライトが音楽に合わせて点滅する。シートにはビートに合わせて振動するモーター(「エキサイター」)がある。

メルセデスEクラスには、さまざまな色に設定できるアンビエント照明も含まれている。

タッチステアリングホイールのボタンは気が散りやすく、中央には精巧なアニメーションを施したナビゲーションの矢印や、現在立っている赤信号の高解像度カメラ画像などのメッセージが常にポップアップする。しかし、これが実際に望むもの、つまり贅沢でありながら実用的であることを真剣に受け止めるのは難しい。

いい点は、これらの機能の多くを注文する必要がないこと、あるいはオフにできることだ。「E 300 e」の価格はまだ高いが、テスト車よりはかなり安い。72,590ユーロ(約1,160万円)から。

結論:
この「Eクラス」はほとんど何でもできる。プラグインコンセプトは特に印象的だ。エレクトロニクスに関しては、メルセデスは必要不可欠なものに集中すべきだ。

Text: Mirko Menke and Jonas Uhlig
Photo: AUTO BILD/Tom Salt