BMW M135i xDrive対VW ゴルフR ドイツ製コンパクトスポーツカーのガチンコ勝負 勝者は?

3402
- Advertisement -

BMW M135i xDrive対フォルクスワーゲン ゴルフR:ホットハッチのガチンコ勝負。BMW M135iは過去の栄光の中に今なお生き続け、VW ゴルフ Rは革新的な進歩を遂げた。スーパースポーツ担当のアレキサンダーとレーシングドライバーのギドが徹底比較!

昨日がなければ明日はない:ヨハネス オルディングはかつてこう歌った。例えばコンパクトカー。かつて「BMW 1シリーズ」や「VWゴルフ」のトップバージョンはボンネットの下に6気筒エンジンを搭載していたが、その時代は終わった。

現在、両方のコンパクトスポーツモデルは、ともに4気筒エンジンと全輪駆動が最も強力なバージョンとなっている。ヴォルフスブルクの「ゴルフR」が320馬力。ミュンヘンの「M135i」が306馬力。

今や5万ユーロ(約800万円)をはるかに超えるドライビングプレジャー

まず基本的なこと: 「M135i」の基本価格は55,400ユーロ(約885万円)。これによって顧客は、先代とは対照的に基本的に前輪駆動車として設計された306馬力の全輪駆動車を手に入れる。つまり、後輪は必要なときだけ、最大50%の駆動力で作動する。もはや先代ほど極端には見えないが、比較的長いボンネットは依然として効果的なデザイントリックである。

高価な喜び:ゴルフRとBMW M135i xDriveは、それぞれ54,880ユーロ(約877万円)と55,400ユーロ(約885万円)という高価格な趣味車になってしまった。

一方は「ゴルフR」で、そのシルエットは8代目となる今も「ポルシェ 911」と同様にほぼ同じである。しかし、VWとBMWをコンパクトとプレミアムコンパクトという異なるカテゴリーに分類していた時代はとうの昔に終わった。「ゴルフR」は54,880ユーロ(約877万円)で、BMWより520ユーロ(約10万円)安いだけだ。なんということだ・・・!

大胆なエプロン、グリルの青いクロスバー、オプションの19インチタイヤ。正面から見ると、BMWは茫洋とした表情、ちょっとマヌケな笑み、そして大きすぎる鼻。シャドウラインパッケージでノーズを目立たなくしようとしたり、「M135i」をマットラッカーで塗装したり、ブレーキキャリパーを赤く塗ったりしているが、実際にはうまくいっていない。しかし、これは好みの問題だ。少なくとも我々は点数で見た目の評価はしない。

ゴルフRにはコーナリングの楽しさがある

VWは「R」にドリフトモードとノルトシュライフェモードを設定し、アウディが「RS 3」に採用しているのと同じ技術を採用している。いわゆるR-パフォーマンストルクベクタリングは、リアアクスルの2つの多板クラッチを介して、後輪駆動のパワーを左右の後輪に可変配分する。

コーナリングが得意: ゴルフRの全輪駆動は、ドリフトモードやノルドシュライフェモードなど、非常に多彩にパワーを配分する。

最大100パーセントがカーブの外側のホイールに供給される。極端な場合、「R」はパワーの半分をフロントアクスルに、残りの50パーセントをリアホイール1本に配分する。物理学に片耳でも耳を傾けたことのある人なら、誰でもわかるはずだ。

BMWはサスペンションを改良

BMWはそれほど変幻自在というわけにはいかないが、「M135i」に関してはミュンヘンも手をこまねいているわけではない。最初の批判が耳に入ったので、1年半ほど前、神経質な部分を引き締めた。つまりシャシーだ。というのも、2リッターエンジン自体に不満はあまりなかったからだ。クラス標準の306馬力、生き生きとしたレスポンス挙動、そしてターボ4気筒エンジンとしては、まさに生き生きとさえしている。一方で、シャシー面では、多くの顧客にとっては保守的にチューニングされすぎていた。

研ぎ澄まされた: 多くの人がM135iのサスペンションに満足していなかった。BMWはそれを修正した。

BMWは機械的な調整を行い、フロントアクスルのネガティブキャンバーを4分の1増やし、リアアクスルのピボットポイントのベアリングを硬くした。その結果、ステアリングやスロットルレスポンス、シフトタイムもよりスポーティになった。あとはエキゾーストのチューニングカラーをよりニヒルなものにし、部分負荷領域でちょっと生意気な吠え声を上げるだけだ。

高価なアクラポビッチシステムが「ゴルフ R」に素晴らしいサウンドを提供する

しかし、ゴルフに対してそれで十分だろうか?VWは、チタン製リアサイレンサーを装備した4,180ユーロ(約66万円)のR-Performanceエキゾーストシステムで対抗する。そのサウンドは実に素晴らしい。たしかに追加料金は高いが、それは正当なものだ。バイエルンのツインパイプシステムは、ディフューザーリブの左右にきちんと取り付けられているが、ほとんど目立たない。

スプリントでは「ゴルフ R」が「M135i」を上回る

走行性能の面では、「ゴルフR」が有利であることがわかる。14馬力のパワーアップが図られ、重量がわずかに軽いため、1馬力あたりの加速力はBMWより0.3kg少ない。これに加えて、電光石火の速さだがレシオの短いデュアルクラッチギアボックスが加われば、スプリントの勝敗はもう明らかだろう。

ゴルフRは0-100km/hに達するのに4.5秒を要する。M135iの方がコンマ2秒遅い。だが、どちらも掛け値なしに面白く楽しい。

しかし、BMWは驚くほどよく追いついてくる。8速オートマチックギアボックスのギアチェンジも遅くはなく、450ニュートンメーターの大トルク(ゴルフより30ニュートンメーター多い)のおかげで、コンマ数秒遅れるだけだ。停止状態から80km/hまでは「M135i」と互角で、「R」がその上の3速ギアに入ったときに初めて引き離される。100km/hまではコンマ2秒、130km/hではすでにコンマ8秒の差がついている。

200km/hまでの加速は「ゴルフR」の方が2.5秒も速い。一方、中間スプリントではBMWが一枚上手だ。ここでもトルクがより大きな役割を果たしており、8速オートマチックのギア接続が標準化されたスピードジャンプに適しているようだ。

最高速度に関しては、どちらも250km/hで止まっている。「R」のオプションリストには、最高速度を270km/hに引き上げるパフォーマンスパッケージが含まれている。270km/hを出したいなら、333馬力の「ゴルフ R パフォーマンス(57,985ユーロ=約927万円~)」を選ぶしかない。

ブレーキに関してもVWはBMWをリードしている

次はブレーキだ。VWのフロントディスクは357ミリのドリルドベンチレーテッドディスク。BMWのストッパーはほぼ同じ寸法だが、ミュンヘンは穴の開いていないディスクを採用している。これで十分だろうか?

適切なアンカー: 100 km/hから、ゴルフRは冷えたブレーキで32.8メートル後に停止する。ブレーキが温まっているときは31.9メートル。

100km/hからブレーキが冷えた状態でブレーキングすると、34.8メートルで止まり、何度かのブレーキング操作の後なら「M」はさらに1.6メートル縮めることができるが、ヴォルフスブルクのライバルはコールドブレーキでは2メートル短く、ブレーキが温まっている状態では1.3メートル短い。

M135iの燃料消費は大幅に少ない

一方で、BMWは100km走行あたり1.7リットルも燃料消費量が少なく、点検作業は2年に1度、あるいは指示されたときにしか要求されないがゴルフは毎年または3万kmごとに点検を受ける必要があり、高価なアクラポビッチシステムが「ゴルフR」の価格を押し上げている。

それでも「ゴルフR」が勝つとは誰も思わなかっただろう。ヴォルフスブルクのマシンはザクセンリンクを1分38秒22で周回し、ミュンヘンのライバル(1分39秒48)に1秒以上の差をつけた。

コンパクトスポーツカー比較テスト

BMW M135i xDriveは306馬力の全輪駆動車で、先代とは対照的に基本的には前輪駆動車として設計されている。つまり、後輪は必要なときだけ、最大50%の駆動力で作動する。もはや先代ほど極端には見えないが、比較的長いボンネットは依然として効果的なデザイントリックである。
ゴルフのシルエットは第8世代になってもほとんど変わらない。
しかし、VWとBMWをコンパクトとプレミアムコンパクトという異なるカテゴリーに分類していた時代はとうの昔に終わった。現在のゴルフRは54,880ユーロ(約877万円)で、BMWより520ユーロ(約8万円)安いだけだ。
大胆なエプロン、グリルの青いクロスバー、オプションの19インチタイヤ。
正面から見ると、BMWは茫洋とした表情、ちょっとマヌケな笑み、そして大きすぎる鼻。シャドウラインのパッケージで嗅球を隠そうとしているが、実際にはうまくいっていない。しかし、これはあくまで好みの問題だ。
iDriveは夢のような使い勝手:新型X1ではすでにiDriveコントローラーが廃止されているので1シリーズもすぐに影響が出るかもしれない。BMWのシートは、滑りにくい表皮のおかげで日常使いにはとても良いが、ショルダーサポートは競合車よりやや劣る。
ゴルフのボタンが少ないタッチインテリアはまだスムーズに動作しないが、少なくともVWはソフトウェアを改善した。一方、大きなギアシフトパドルは素晴らしい。ゴルフのスポーツシートも、ヘッドレストが一体式で調整ができないが、座り心地は良い。
ゴルフ Rはチタン製リアサイレンサーを備えたR-Performanceエキゾーストシステムを装着。そのサウンドは実に素晴らしい。追加料金は高いが、それは正当なものだ。
M135iはツインテールパイプを、ディフューザーリブの左右に目立たないように装着している。あとは、エキゾーストのチューニングカラーをより鋭くし、部分負荷領域で少し生意気な唸りを上げれば完成だ。
フォルクスワーゲンはゴルフ Rにドリフトモードとノルドシュライフェモードを設定。いわゆるRパフォーマンストルクベクタリングは、リアアクスルの2つの多板クラッチを介して、後輪駆動のパワーを左右の後輪に可変配分する。最大100パーセントがカーブの外側のホイールに供給される。
BMWは、1年半ほど前にM135iのシャシーを引き締めた。BMWは機械的な調整を行い、フロントアクスルのネガティブキャンバーを4分の1増やし、リアアクスルのピボットポイントのベアリングを硬くした。その結果、ステアリングやスロットルレスポンス、シフトタイムなど全体の構成がよりスポーティになった。
ゴルフ Rの方がわずかに軽いため、1馬力あたりの加速力はBMWより0.3kg少ない。さらに、電光石火のように速いがレシオの短いデュアルクラッチギアボックスが加われば、スプリントの勝敗はもう明らかだろう。
しかし、M135iも驚くほどよくついてくる。8速ATのギアチェンジも遅くはなく、450Nm(ゴルフ Rより30Nm)という大トルクのおかげで、後半はコンマ数秒のロスで済む。100km/hまではコンマ2秒、130km/hではコンマ8秒の遅れだ。200km/hまではゴルフRの方が速いが、中間スプリント計測では、BMWは本当にスムーズだ。
ブレーキ: VWはフロントに357mm径のドリルドディスクを採用している。BMWのローターはほぼ同じ寸法だが、ソリッドディスクだ。

M135iの100km/hからの完全制動距離は34.8メートルだった。何度かのブレーキング操作の後、BMWはさらに1.6メートル縮めることができたが、ゴルフ Rはコールドストッパーで2メートル短く、ブレーキが温まるとさらに1.3メートル縮めた。

M135iの方が燃費は良い。高価なアクラポビッチがゴルフ Rの価格を押し上げ、経済性は劣る。
400点満点中289点で2位:BMW M135i xDrive
低燃費と有利な価格により、もう少しで勝利するところだった。
400点満点中293点で1位:フォルクスワーゲン ゴルフ R
何よりも、その強力なブレーキが最後に差をつける。そして、より優れた走行性能。

結論:
総合的には「BMW M135i」の方が有利だが、「ゴルフR」の方が少し楽しく、性能も明らかに上。まさかこんなことを書くとは思ってもみなかった・・・。

Text: Alexander Bernt and Guido Naumann
Photo: Caroline Jüngling / AUTO BILD